公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

スピーチーズ「世代交代」へ

2017-03-21 11:12:08 | 競輪












【競輪】北川果歩、長田真友子がスピーチーズ卒業 高松G2のラストステージで涙/競馬・レース/デイリースポーツ online

「ウィナーズカップ・G2」(20日、高松)

 G2開催中の高松競輪で20日、競輪場で会えるアイドルとして活躍中の「スピーチーズ」が3R発売中にライブを行い、北川果歩、長田真友子の2人が卒業した。

 イベント広場ステージで行われた現スピーチーズのラストライブでは「ラッキー」「春夏秋冬」の2曲を披露。舞台袖に引き揚げたが、客席からのアンコールの声に引かれて3人は再登場。「Let’s Go Together!」を涙ながらに熱唱した。

 熱唱後、ステージで3人は涙を流しながら思い出を語りだした。卒業する北川は「今まで夢中になれることはなかったけど、スピーチーズの活動はすごく楽しかったです」、長田は「メンバーと一緒に過ごした時間は宝ものです」と言い、引き続きスピーチーズに在籍する木村は「2人の新たな活動を応援しています。2人に教わったことを生かして、これからもスピーチーズで頑張ります」と力を込めて語った。

 また、4月に加入する2人(北見直美、坂本こはる)がステージに登場。卒業する2人に花束を手渡した。北見は「先輩たちのステージを見て感動しました」、坂本は「実際に(スピーチーズのステージを)初めて見ました。私たちもお客さんに応援してもらえるように頑張っていきます」と決意を語った。新生スピーチーズ(木村、北見、坂本)は高知記念(4月15~18日)でお披露目予定。
ジャンル:
自転車
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウィナーズカップ2017回顧 | トップ | 自縄自縛だ!安倍晋三! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む