公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

小沢一郎:安倍政権は駐韓日本大使を召還してしまった。あり得ないことだ。

2017-03-30 10:05:07 | 政治経済問題
もともと小沢のシンパである習・李ラインの中国はもとより、韓国でも小沢を安倍に替わる日本のリーダーとして期待しているようだ。

したがって、小沢が首相になれば、中韓との関係は「劇的に改善する」可能性が高い。

このことは、北朝鮮に敵意むきだし姿勢を示したトランプ政権も歓迎することだろう。

しかしながら、今の野党4党の結束力はまだまだ脆弱。森友問題で後手後手対応に終始し、はっきりいって失態続きにもかかわらず、安倍内閣の支持率はいまだに5割以上をキープ。政党支持率だって自民党が他党を大きく引き離している。

さすれば、小沢が政権交代への強い意欲を示したということは、野党4党の再編がなければ覚束ない。

こりゃ、オリーブの木、ではなく、新野党を結党し、小沢がその政党の党首になるということを意味しているのか?


小沢一郎代表は、「小沢一郎総理大臣待望論」が根強い韓国で「なんとか次の総選挙で変えたい」と「政権交代」に強い意欲

2017年03月30日 00時52分08秒 | 本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

◆〔特別情報1〕

 小沢一郎代表は3月26日~29日の日程で、韓国国立外交院(尹徳敏院長)の招待を受けて、ソウル市を訪問、26日は、外交官候補の方々に「東アジアの将来と北東アジアにおける日中韓の関係」と題して講演、27日は、ソウル国立外交院外交安保研究所国際法センターの申珏秀(シン・ガクス)センター長(元駐日大使)と対談した。

小沢一郎代表は、「北東アジアの平和と繁栄」実現のため、「朝鮮半島統一」を目指している米ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士(戦略国際問題研究所=CSIS顧問、ニクソン政権国務長官)の強い意向を受けて訪韓、韓国民の多くは「2009年に民主党幹事長として戦後日本の自民党長期政権を倒した日本政界の大物であり東アジア重視外交で注目された」と小沢一郎代表を高く評価し、「小沢一郎総理大臣待望論」が根強い。

中央日報/中央日報日本語版が3月29日午後1時59分、「小沢一郎氏『安倍首相、駐韓国大使の召還はあり得ない…歴史問題に誠意を見せるべき』」と題して配信した報道によると、対談のなかで小沢一郎代表は、安倍晋三首相の対韓外交姿勢について「少し単純というか、とんでもないというか、安倍政権は駐韓日本大使を召還してしまった。あり得ないことだ。そして現在、対話のきっかけがない。慰安婦問題だけではない。日本の強制併合は近い歴史だ。多くの人々に傷を残した。言葉だけの謝罪ではなく、日本国と国民の誠意を見せるべきだ。日本が先に動く問題ということだ。そして韓国がこれを受け入れれば、歴史的な確執は捨てなければいけない。未来のために協力する方向に進むべきだ」と力説した。

また、安倍晋三首相の政治姿勢について、「安倍首相は普通の国を目指すというが、目指しているのは普通の国ではない。やや時代錯誤的なおかしな国でないかと思う」と厳しく批判し、「普通の議会民主主義国家に日本を戻さなければいけない。なんとか次の総選挙で変えたい」と述べ、「政権交代」への強い意欲を示した。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 船橋競馬が25年ぶりに構成自... | トップ | 安倍晋三さん理解できた?:... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む