公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

7/13 日本・アジア主要株式指数

2017-07-13 06:48:00 | 政治経済問題
日本 株式指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST) 2日

TOPIX 500 INDEX (東証) 1,249.12 -0.20 -0.02% +1.52% +23.81% 2017/07/13

TOPIX 100 INDEX (東証) 1,021.76 -1.44 -0.14% +1.37% +23.35% 2017/07/13

日経平均株価 20,099.81 +1.43 +0.01% +1.01% +23.83% 2017/07/13

日経500平均 1,917.41 +6.74 +0.35% +1.29% +22.78% 2017/07/13

TOPIX (東証株価指数) 1,619.11 -0.23 -0.01% +1.61% +24.52% 2017/07/13

日経300指数 321.16 -0.08 -0.02% +1.45% +22.83% 2017/07/13

東証REIT指数 1,644.56 +17.15 +1.05% -5.23% -11.27% 2017/07/13

JASDAQ インデックス 146.97 +0.07 +0.05% +3.40% +32.35% 2017/07/13

TOPIX CORE 30 IDX (東証) 740.68 -1.27 -0.17% +1.08% +20.74% 2017/07/13

東証マザーズ指数 1,177.62 -5.98 -0.51% +4.45% +18.66% 2017/07/13

TOPIX SMALL INDEX (東証) 2,076.81 0.00 0.00% +2.36% +30.90% 2017/07/13

TOPIX MID 400 INDX (東証) 1,865.03 +3.95 +0.21% +1.79% +24.64% 2017/07/13

日経ジャスダック平均 3,296.92 +2.39 +0.07% +2.43% +33.72% 2017/07/13

東証2部 株価指数 6,175.34 -18.61 -0.30% +3.56% +48.04% 2017/07/13

TOPIX LARGE 70 IDX (東証) 1,607.29 -1.71 -0.11% +1.71% +26.57% 2017/07/13


外資系証券寄り付き前注文動向 7/13 8:32更新

7月13日

売り 720

買い 620

差し引き 100万株の売り越し

金額ベース 小幅売り越し

米国系 売り買い均衡
欧州系 売り越し

セクター別

売り・・・建設業 食料品 輸送用機器 情報・通信業 小売業 銀行業

買い・・・非鉄金属 証券・商品先物取引

売り買い交錯・・・電気機器 サービス業


日経平均

現在値 20,099.81↑ (17/07/13 15:15)
前日比 +1.43 (+0.01%)
始値 20,177.28 (09:00) 前日終値 20,098.38 (17/07/12)
高値 20,183.80 (09:03) 年初来高値 20,318.11 (17/06/20)
安値 20,062.27 (12:55) 年初来安値 18,224.68 (17/04/17)


日経平均は1円高、売買代金は1カ月半ぶりに2日連続で2兆円割れ=13日後場/2017/07/13 15:27

13日の日経平均株価は、前日比1円43銭高の2万99円81銭と小反発して取引を終了した。朝方は、現地12日のイエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言を好感し、NYダウが史上最高値を更新した動きを受け、買いが先行した。買い一巡後は、ドル・円相場が一時1ドル=112円80銭台(12日終値113円44-46銭)と円高で推移。輸出関連銘柄を中心に売り圧力が強まり、午後零時55分には同36円11銭安の2万62円27銭を付けた。その後は、前日終値を挟んだもみ合いが続いた。

東証1部の出来高は17億3957万株で、売買代金は1兆9815億円。売買代金が2日連続で2兆円割れとなるのは、5月30日以来、1カ月半ぶり。騰落銘柄数は値上がり882銘柄、値下がり994銘柄、変わらず145銘柄だった。

 市場では「米国株は、イエレンFRB議長の『緩やかな利上げ』発言を受け、急速な金利引き上げは遠のいたとの見方から上昇した。ただ、日本にとっては日米金利差の縮小から円高に振れたことで、手控えにつながったようだ」(中堅証券)との見方があった。

 業種別では、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株や、オリエンタルランド(OLC)<4661>、リクルートH<6098>などのサービス株が上昇。日水<1332>、マルハニチロ<1333>などの水産農林株や、NTTドコモ<9437>、ソフトバンク<9984>などの情報通信株も高い。旭硝子<5201>、日電硝子<5214>などのガラス土石株や、三井松島<1518>、国際帝石<1605>などの鉱業株も堅調。信越化<4063>、花王<4452>などの化学株や、LIXILG<5938>、リンナイ<5947>などの金属製品株も買われた。東証業種別指数は全33業種のうち、16業種が上昇、17業種が下落した。

 個別では、タカタ<7312>(整理)、東天紅<8181>、津田駒<6217>、ヨシムラFH<2884>、ランド<8918>などが上昇。半面、IDOM<7599>、インターアク<7725>、Sサイエンス<5721>、三協立山<5932>、ディップ<2379>などが下落した。

提供:モーニングスター社



日経平均寄与度

日経平均 値上がり銘柄数 85

日経平均 変わらず銘柄数 11

日経平均 値下がり銘柄数 129


TOPIX

現在値 1,619.11↓ (17/07/13 15:00)
前日比 -0.23 (-0.01%)
始値 1,625.43 (09:00) 前日終値 1,619.34 (17/07/12)
高値 1,626.23 (09:03) 年初来高値 1,627.79 (17/07/11)
安値 1,615.81 (12:55) 年初来安値 1,452.15 (17/04/17)


東証業種別ランキング:空運が上昇率トップ、メガバンクや保険がさえない[FISCO] #klugfxnews_380247

配信日時 2017年7月13日(木)18:01:26 掲載日時 2017年7月13日(木)18:11:26

空運が上昇率トップ。JAL、ANAに国内証券による目標株価引き上げが観測されており、これを手掛かりとした物色がみられている。サービスはリクルートのインパクトが大きい。その他、水産農林、情報通信、ガラス土石、鉱業、化学が堅調。一方で、海運が下落率トップ。銀行、ゴム製品、保険が冴えない。


業種名/現在値/前日比(%)

1. 空運業 / 309.15 / 2.12
2. サービス業 / 1,818.95 / 1.16
3. 水産・農林業 / 533.44 / 0.63
4. 情報・通信業 / 3,455.56 / 0.61
5. ガラス・土石製品 / 1,185.92 / 0.57
6. 鉱業 / 310.05 / 0.42
7. 化学工業 / 1,889.36 / 0.38
8. 金属製品 / 1,386.71 / 0.27
9. 鉄鋼 / 571.69 / 0.25
10. 電気機器 / 2,252.12 / 0.23
11. 食料品 / 1,942.34 / 0.20
12. 不動産業 / 1,401.68 / 0.16
13. 医薬品 / 2,636.23 / 0.11
14. その他製品 / 2,647.55 / 0.11
15. 建設業 / 1,282.85 / 0.09
16. 機械 / 1,805.60 / -
17. 精密機器 / 5,330.62 / -
18. 非鉄金属 / 1,084.32 / -0.03
19. 卸売業 / 1,339.98 / -0.07
20. パルプ・紙 / 534.49 / -0.08
21. 小売業 / 1,159.51 / -0.09
22. 繊維業 / 718.76 / -0.15
23. 輸送用機器 / 2,850.48 / -0.18
24. 石油・石炭製品 / 1,034.12 / -0.25
25. 陸運業 / 2,068.55 / -0.28
26. 倉庫・運輸関連業 / 1,629.38 / -0.35
27. 証券業 / 402.98 / -0.39
28. その他金融業 / 643.42 / -0.50
29. 電力・ガス業 / 445.11 / -0.72
30. 保険業 / 995.10 / -1.07
31. ゴム製品 / 3,673.79 / -1.34
32. 銀行業 / 186.51 / -1.34
33. 海運業 / 347.15 / -1.44


JPX日経インデックス400

現在値 14,417.78↓ (17/07/13 15:00)
前日比 -4.23 (-0.03%)
始値 14,472.65 (09:00) 前日終値 14,422.01 (17/07/12)
高値 14,481.65 (09:03) 年初来高値 14,496.05 (17/07/11)
安値 14,389.61 (12:55) 年初来安値 13,018.61 (17/04/17)


JASDAQ平均

現在値 3,296.92↑ (17/07/13 15:00)
前日比 +2.39 (+0.07%)
始値 3,300.05 (09:00) 前日終値 3,294.53 (17/07/12)
高値 3,301.90 (09:32) 年初来高値 3,298.24 (17/07/12)
安値 3,292.29 (12:56) 年初来安値 2,750.70 (17/01/04)


JASDAQ平均は年初来高値更新、低位株への物色が目立つ[FISCO] #klugfxnews_380235

配信日時 2017年7月13日(木)16:34:35 掲載日時 2017年7月13日(木)16:44:35

[JASDAQ市況]JASDAQ平均   3296.92   +2.39 /出来高 2億1873万株/売買代金 726億円J-Stock Index 3027.91   +3.53  

本日のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が続伸、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexは反発となった。値上がり数は283、値下がり数は338、変わらずは81。

JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。しかし、その後は買いが続かず、JASDAQ平均は日経平均の上げ幅縮小にともなっての値動きに。後場は前日終値水準でのもみ合いとなったが、大引けにかけて小幅ながらプラス圏を維持して取引を終えた。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。 

個別では、ワットマンがストップ高で上昇率トップ。低位株物色の流れで短期資金が向かったもよう。デジタルサイネージへの関心などもあり、ムラキも連日短期資金を集める。協立情報通信は、後場にストップ高まで急伸。18年2月期第1四半期の決算を発表。18年2月期の通期予想(前期比19.7%増の2.78億円)に対する進捗率は約49%に上り、ポジティブ視されたようだ。免疫生物研究所は、東北大学の出沢真理教授らが「Muse細胞」を使い、慢性腎臓病のモデルマウスを治療できたと発表したことが伝わっている。同社は生命科学インスティテュートとMuse細胞を用いた再生医療事業に関して共同研究を実施しており、関連銘柄との位置付けから物色が向かった。その他、フォーバルRS、イハラサイエンス、アイケイ、スターツ出版などが上昇率上位にランクイン。 

一方、下落率トップは12%安のスーパーバリュー。18年2月期第1四半期の営業利益が前年同期比20.4%減で着地したことが嫌気された。岡本硝子は引き続きJ3DDに関する報道を受けて急伸した反動が続く。その他、アイフリーク、トレイダーズ、レカムなどが下落率上位にランクイン。 JASDAQ-TOP20では、メイコー、クルーズの上げ目立つ。その他、セリア、インフォコムなどが堅調。



マザーズ指数

現在値 1,177.62↓ (17/07/13 15:00)
前日比 -5.98 (-0.51%)
始値 1,187.37 (09:00) 前日終値 1,183.60 (17/07/12)
高値 1,189.83 (09:33) 年初来高値 1,214.41 (17/06/23)
安値 1,176.32 (14:56) 年初来安値 949.51 (17/01/04)


マザーズ指数は続落、地合い睨みで売り広がる、一部材料株や直近IPO銘柄に物色[FISCO] #klugfxnews_380238

配信日時 2017年7月13日(木)16:50:35 掲載日時 2017年7月13日(木)17:00:35

 本日のマザーズ市場では、米株高や日経平均の反発スタートに連れて買いが先行した。しかし、日経平均が後場にマイナスへ転じると利益確定売りが広がった。足元の値動きの悪さも手仕舞いの動きに拍車を掛けたようで、マザーズ指数は引けにかけて一段安となった。一部の材料株や直近IPO銘柄は活況となったが、資金の逃げ足の速さから値動きの荒さも目立った。

なお、マザーズ指数は続落、売買代金は概算で1411.90億円。騰落数は、値上がり83銘柄、値下がり148銘柄、変わらず8銘柄となった。 

個別では、インフォテリ、サイバーS、ドリコムなどが下落し、ソレイジアやアクセルマークは小幅安となった。利益確定売りが強まったアンジェス、パスは10%を超える下落となり、REMIXやGameWithも下げが目立った。GameWithは通期決算発表を受けて材料出尽くし感が広がったようだ。

一方、上場2日目のソウルドアウトがマザーズ売買代金トップで一時急伸。ただ、引けにかけて上げ幅を縮めた。その他では、イグニス、アカツキ、ミクシィなどが上昇。JALとの連携を発表した農業総合研究所はストップ高比例配分。第1四半期決算や株式分割が好感されたスタジオアタオもストップ高まで買われた。また、UNITEDやアトラエが急伸したが、UNITEDは投資先企業の上場観測報道が材料視されたようだ。



東証REIT指数

現在値 1,644.56↑ (17/07/13 15:00)
前日比 +17.15 (+1.05%)
始値 1,633.80 (09:00) 前日終値 1,627.41 (17/07/12)
高値 1,644.56 (15:00) 年初来高値 1,868.86 (17/01/06)
安値 1,631.85 (09:58) 年初来安値 1,623.11 (17/07/12)


日経平均VI

現在値 13.33↓ (17/07/13 15:20)
前日比 -0.51 (-3.68%)
始値 13.45 (09:00) 前日終値 13.84 (17/07/12)
高値 13.56 (09:00) 年初来高値 24.33 (17/04/13)
安値 13.03 (11:17) 年初来安値 12.96 (17/06/09)


東証2部指数

現在値 6,175.34↓ (17/07/13 15:00)
前日比 -18.61 (-0.30%)
始値 6,202.14 (09:00) 前日終値 6,193.95 (17/07/12)
高値 6,202.43 (09:02) 年初来高値 6,204.24 (17/07/12)
安値 6,170.18 (13:02) 年初来安値 5,230.62 (17/01/18)


日経平均先物

現在値 20,130.00↓ (17/07/13 05:30)
前日比 +70.00 (+0.35%)
高値 20,160.00 (02:03) 始値 20,080.00 (16:30)
安値 20,070.00 (16:30) 前日終値 20,060.00 (17/07/12)


TOPIX先物

現在値 1,623.50↓ (17/07/13 05:30)
前日比 +7.50 (+0.46%)
高値 1,626.50 (03:16) 始値 1,617.00 (16:30)
安値 1,617.00 (16:30) 前日終値 1,616.00 (17/07/12)


JPX日経400先物

現在値 14,475.00↑ (17/07/13 05:30)
前日比 +90.00 (+0.63%)
高値 14,480.00 (23:03) 始値 14,395.00 (16:30)
安値 14,390.00 (16:30) 前日終値 14,385.00 (17/07/12)


東証マザーズ指数先物

現在値 1,169.00↓ (17/07/13 04:53)
前日比 +6.00 (+0.52%)
高値 1,170.00 (03:49) 始値 1,164.00 (17:36)
安値 1,164.00 (17:36) 前日終値 1,163.00 (17/07/12)


NYダウ先物 円建

現在値 21,441.00↓ (17/07/13 04:28)
前日比 +115.00 (+0.54%)
高値 21,470.00 (22:50) 始値 21,328.00 (17:28)
安値 21,328.00 (17:28) 前日終値 21,326.00 (17/07/12)


CME日経平均先物 円建

現在値 20,135.00↓ (17/07/12 17:03 CST)
前日比 -5.00 (-0.02%)
高値 20,145.00 始値 20,140.00
安値 20,135.00 前日終値 20,140.00 (17/07/12)


SGX日経平均先物

現在値 20,135.00↓ (17/07/13 04:44 SGT)
前日比 +65.00 (+0.32%)
高値 20,160.00 始値 20,080.00
安値 20,065.00 前日終値 20,070.00 (17/07/12)


長期国債先物

現在値 149.950↓ (17/07/13 05:24)
前日比 +0.070 (+0.05%)
高値 149.970 (00:43) 始値 149.910 (15:30)
安値 149.860 (16:04) 前日終値 149.880 (17/07/12)


13日の日本国債市場概況:債券先物は150円03銭で終了[FISCO] #klugfxnews_380258

配信日時 2017年7月13日(木)18:36:21 掲載日時 2017年7月13日(木)18:46:21

<円債市場>

長期国債先物2017年9月限
寄付149円98銭
高値150円05銭
安値149円95銭
引け150円03銭
売買高総計22874枚

2年 378回 -0.110%
5年 132回 -0.045%
10年 347回  0.080%
20年 161回  0.600%

債券先物9月限は、149円98銭で取引を開始。米連邦準備理事会(FRB)の年内追加利上げ観測の後退や、財務省が実施した20年債入札が無難との見方から、買いが優勢になり、149円95銭から150円05銭まで上昇した。現物の取引では、10年債と20年債が買われ、2年債と5年債はもみ合いになった。

<米国債概況>2年債は1.34%、10年債は2.31%、30年債は2.87%近辺で推移。債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>ドイツ国債は0.55%、英国債は1.25%で推移、オーストラリア10年債は2.68%、NZ10年債は2.93%。(気配値)



日本国債3年

年利回り -0.070 (17/07/13 02:05)
前日比 +0.005


日本国債5年

年利回り -0.040 (17/07/13 02:05)
前日比 -0.001


日本国債10年

年利回り 0.089 (17/07/13 02:05)
前日比 0.000


中国 上海総合指数 アジア株価 リアルタイムチャート


13日の中国本土市場概況:上海総合0.6%高と4日ぶり反発、大型優良株が相場けん引[FISCO] #klugfxnews_380240

配信日時 2017年7月13日(木)17:06:28 掲載日時 2017年7月13日(木)17:16:28

13日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比20.62ポイント(0.64%)高の3218.16ポイントと4日ぶりに反発した。約3カ月ぶりの高値水準を回復している。上海A株指数も上昇し、21.60ポイント(0.65%)高の3370.35ポイントで取引を終えた。

中国景気の先行き楽観で買われる展開。取引時間中に公表された今年6月の中国貿易統計では、輸出と輸入の伸びがそろって上振れた。昨日引け後に発表された金融統計では、同月の人民元建て新規融資が予想を上回る伸びを示している。大型優良株が相場をけん引。上海50A指数(上海市場の代表的な50銘柄で構成される)は1.4%上昇し、主要指標の上海総合指数をパフォーマンスで上回っている。

個別では、中国工商銀行(601398/SH)が1.6%高、中国人寿保険(601628/SH)が2.9%高、中国建築(601668/SH)が2.5%高と上げが目立っている。非鉄やレアアース、鉄鋼など資源株も高い。中国アルミ(601600/SH)が2.5%、北方稀土集団(600111/SH) が8.2%、宝山鋼鉄(600019/SH)が1.8%ずつ上昇した。過剰生産の解消が進むことにより、製品価格の値上がりが期待されている。レアアースについては、当局が先ごろ、違法採掘などの取り締まりを強化する方針を発表したばかり。石炭や石油のエネルギー株、海運株、不動産株なども物色された。外貨建てB株相場も値上がり。上海B株指数が1.80ポイント(0.55%)高の329.64ポイント、深センB株指数が4.15ポイント(0.36%)高の1165.62ポイントで終了した。



上海総合指数 中国
▲0.64%
3,218.16
H:3,219.27
L:3,190.34
+20.62
16:05

CSI300指数 中国
0.77%
3,686.92
H:3,690.48
L:3,652.57
28.10
16:05

上海B株 中国
▲0.55%
329.64
H:330.07
L:327.32
+1.80
07/13

深センB株 中国
▲0.36%
1,165.62
H:1,167.14
L:1,161.28
+4.15
07/13

上海A株 中国
▲0.65%
3,370.35
H:3,371.51
L:3,341.18
+21.60
07/13

深センA株 中国
▼0.04%
1,975.23
H:1,979.30
L:1,969.66
-0.81
07/13


13日の香港市場概況:ハンセン1.2%高と4日続伸、内外環境が改善[FISCO] #klugfxnews_380249

配信日時 2017年7月13日(木)18:06:05 掲載日時 2017年7月13日(木)18:16:05

13日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比302.53ポイント(1.16%)高の26346.17ポイントと4日続伸し、本土企業株で構成されるH株指数が160.07ポイント(1.52%)高の10677.44ポイントと3日続伸した。ハンセンは約2年ぶりの高値水準を回復している。売買代金は962億8500万香港ドルに拡大した(12日の売買代金は861億2400万香港ドル)。

内外環境の改善で投資家のセンチメントが一段と上向く。米追加利上げの加速懸念が薄らぐ中、昨夜のNYダウは約1カ月ぶりに史上最高値を更新した。中国の経済指標の好調も支援材料。取引時間中に公表された6月の貿易統計では、輸出と輸入の伸びがそろって予想を上回った。ハンセン指数の構成銘柄はほぼ全面高(50のうち上昇47、変わらず2、下落1)。

個別では、小型電子部品メーカーの瑞声科技HD(AACテクノロジーズ:2018/HK)が4.4%高、マカオ・カジノの金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が3.4%高、香港系不動産の新世界発展(ニュー・ワールド・ディベロップメント:17/HK)が3.3%高と上げが目立った。H株金融セクターも軒並み高。新華人寿保険(1336/HK)と中国人民保険集団(1339/HK)がそろって3.8%、華泰証券(HTSC:6886/HK)が2.9%、海通証券(6837/HK)が2.5%、招商銀行(3968/HK)が1.9%ずつ上昇した。石炭や非鉄など資源セクターも急伸。中国神華能源(1088/HK)が3.0%高、エン州煤業(1171/HK)が2.9%高、中国アルミ(チャルコ:2600/HK)が2.4%高、江西銅業(358/HK)が2.2%高と値を上げた。ガス供給各社はそろって続伸。港華燃気(タウンガス・チャイナ:1083/HK)が6.4%高、中国燃気HD(中国ガス:384/HK)が3.0%高、新奥燃気HD(新奥ガス:2688/HK)が1.4%高で引けた。天然ガス事業の昆侖能源(クンルン・エナジー:135/HK)も2.5%値上がりしている。中国が天然ガス・石油パイプライン設備に関する中長期の発展計画を定めたことなどが支援材料。ガス供給の拡大が期待された。

本土市場は4日ぶり反発。主要指標の上海総合指数は、前日比0.64%高の3218.16ポイントで取引を終えた。大型優良株が相場をけん引。上海市場の代表的な50銘柄で構成される上海50A指数は1.4%上昇し、主要指標の上海総合指数をパフォーマンスで上回っている。金融株などの上げが目立った。非鉄やレアアース、鉄鋼など資源株も高い。ゼネコン株なども物色された。



HangSeng 香港
▲1.16%
26,346.17
H:26,383.76
L:26,255.31
+302.53
07/13

H株指数 香港
▲1.52%
10,677.44
H:10,701.84
L:10,643.24
+160.07
07/13

レッドチップ指数 香港
▲1.66%
4,074.15
H:4,074.15
L:4,041.68
+66.33
07/13

AORD オーストラリア
▲1.11%
5,736.77
H:5,742.70
L:5,673.80
+62.94
07/13

KOSPI 韓国
▲0.74%
2,409.49
H:2,422.26
L:2,402.92
+17.72
07/13

STI シンガポール
▲0.83%
3,235.67
H:3,235.67
L:3,219.18
+26.76
18:10

加権 台湾
▲0.38%
10,460.15
H:10,485.28
L:10,418.74
+39.47
07/13

KLSE マレーシア
▼0.20%
1,753.78
H:1,760.66
L:1,752.59
-3.46
07/13

PSEi フィリピン
▼0.02%
7,936.85
H:7,994.27
L:7,911.83
-1.52
07/13

JKSE インドネシア
▲0.19%
5,830.04
H:5,843.18
L:5,809.40
+10.91
07/13

VN ベトナム
▲0.53%
778.30
H:778.30
L:773.85
+4.13
07/13

SET タイ
▲0.28%
1,579.41
H:1,584.26
L:1,575.83
+4.48
07/13


インド株:センセックス、連日の最高値更新-FRB議長発言に反応

2017年7月13日 21:40 JST

13日のインド株式相場は上昇し、指標のS&P・BSEセンセックスは4営業日連続で最高値を更新した。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が議会証言で引き締めを徐々に進める方針を強調したことを受けて米国株が買われ、アジア株も総じてその流れを引き継いだ。
  
センセックスは前日比0.7%高の32037.38で終了。過去6営業日では5回目の最高値更新となった。構成銘柄の株価収益率(PER、予想収益ベース)は19.6倍と、7年ぶり高水準に接近した。ニフティ―50指数は0.8%高の9891.70と、これまでの最高値で引けた。
  
BSEが集計する業種別13指数のうち12指数が値上がり。日用消費財指数は1.6%上げ、これまでの最高に達した。中型株指数と小型株指数も終値ベースの過去最高値を付けた。



Sensex インド
▲0.73%
32,037.38
H:32,091.52
L:31,892.63
+232.56
07/13

Nifty インド
▲0.77%
9,891.70
H:9,897.25
L:9,853.45
+75.60
07/13
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍晋三の「Xデー」が焦点... | トップ | ジャパンダートダービー2017回顧 »
最近の画像もっと見る

政治経済問題」カテゴリの最新記事