公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

自民の国対、ちぐはぐ対応連発

2017-07-14 06:33:49 | 加計学園問題
自民、首相出席の閉会中審査を受け入れ 来週以降(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000074-asahi-pol @YahooNewsTopics

7/13(木) 18:50配信 朝日新聞デジタル

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐり、自民党は13日、野党が求めていた安倍晋三首相が出席する閉会中審査を受け入れる考えを民進党に伝えた。自民、公明両党は首相入りの閉会中審査について「堂々巡りになる」(自民幹部)などと否定的な考えを示していたが、首相自らが説明責任を果たす必要があると認めた。内閣支持率の下落が止まらないなかで一転実施を受け入れた格好になった。自民の竹下亘国会対策委員長が13日夕、民進党の山井和則国対委員長に伝えた。実施は来週以降で、14日に自民、民進間で日程を改めて協議する。



だったら、九州豪雨災害の最中でもあったし、G20が終わった直後に安倍は帰国すべきだった。

で、10日に安倍も出席してやれば済む話だったんだろ。

自民の国対は、森友を巡る問題でも、結果的に対応が後手に回った。その反省が生かされていなかった。

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連合は労働組合の看板を捨てろ! | トップ | 7/14終値 国内主要商品指数 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む