公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

小沢一郎:政党の選挙協力は「当たり前のことだ、何か文句あっか!」

2017-07-18 02:44:51 | 政治経済問題
民進党はこのことが分からないまま、どうやら「解党」するようだね?


政党の選挙協力「何が悪い?文句ある?」自由・小沢代表(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000032-asahi-pol @YahooNewsTopics

7/17(月) 14:35配信

■小沢一郎・自由党代表(発言録)

 私がずっと前から言っていたのは、選挙は一つの政党としてやる以外ない。例えば我々と社民党、民進党、無所属も入れて新しい政党をつくるのがベストだけど、それが難しいと。各政党とも解散し、新党っちゅうのが難しいってことになれば「オリーブの木」しかない。既存の政党が存続しつつ、選挙の時に一つの傘のもとでやる、一つの政党名を名乗ってやると。

 民主主義でね、選挙のために皆が協力して何が悪いの? 「当たり前のことだ、何か文句あっか」つって言えば良い。

 だって見なさいよ。特にフランスなんかでは決選投票でルペンを倒すために、右も左も全部一緒になってやってる。それで選挙のためにけしからん、なんちゅう議論があったかっちゅうに。選挙ぐらい、民主主義で大切なものはない、原点なんだ。

 ちょっと博識ぶって、そういうことはよろしくないみたいなことをね、マスコミに対して同調する人がいるみたいだけど、ナンセンスだね。(都内で開かれた小沢一郎政治塾の講義で)
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7/17の武雄S級決勝・日本勢結... | トップ | 7/17 アジア主要株式指数 »
最近の画像もっと見る

政治経済問題」カテゴリの最新記事