公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

法王・フランシスコが世界支配へ着手 → 第三次世界大戦を招く?

2017-05-21 07:15:10 | 政治経済問題
フランシスコは戦争屋なの?

で、ほくそ笑むのは安倍晋三。


2017年05月20日 01時49分09秒 | 本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」 フランシスコ法王が、天皇陛下と小沢一郎代表に託された「MSA」資金を奪い、「第3次世界大戦」を招く危険が生じている

◆〔特別情報1〕
 米トランプ大統領は5月19日から初の外遊に出発、9日間の予定で、中東のサウジアラビア、イスラエル、ヨルダン川西岸、欧州ではバチカンなどを訪問し、イタリアで開催される主要7カ国(G7)首脳会議に出席する。バチカンには24日訪問、その際、フランシスコ法王が仲介の労を取って、北朝鮮の金正恩党委員長=元帥を招く計画が進んでいると言われている。だが、実現すれば、大変なことになるというのだ。トランプ大統領と金正恩党委員長=元帥を会わせたことをキッカケに、フランシスコ法王が世界を支配する権限を取り戻すばかりでなく、天皇陛下と小沢一郎代表に託されている「MSA」資金まで奪って自由に使い「第3次世界大戦」を招く危険が生ずるという。日本では、安倍晋三首相の手で特定秘密保護法、安全保障整備関連法制定に続いて、共謀罪法案、憲法9条改正案が成立方向に動いているのだ。


『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5/20 函館記念準決勝 コン... | トップ | 押切勇二がプロレス転向 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む