公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

安倍晋三:「もう命が持たない」だから「辞任する」

2017-06-16 17:32:48 | 安倍晋三生命重大危機説
安倍の重病説は本当だった?

だから共謀罪の成立にこだわったのか?


2017年06月15日 07時14分19秒 | 本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」 「多臓器不全」安倍晋三首相は、「もう命が持たない」とドクターストップをかけられ、「辞任する」と話した

◆〔特別情報1〕

 「多臓器不全」(潰瘍性大腸炎)の安倍晋三首相は6月10日午後、慶応大病院の主治医(教授)から「総理大臣は、すぐに辞めて下さい。もう命が持たない」とドクターストップをかけられ、「辞任する」と話したという。東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」内の「NAGOMⅠスパアンドフィットネス」の個室でのことであった。親友である鉄鋼ビル・増岡聡一郎専務らが付き添っていて、この言葉をはっきり聞いたという。自民党上層部は、「ポスト安倍」をめぐり、テンヤワンヤ、自由党の小沢一郎代表は、「小沢一郎政権樹立」に向けて、水面下で活発に動き始めている。



そりゃ、安倍が倒れるとてんてこ舞いするのは自民党だろうね。

だって、安倍の後継者が「いない」んだから。

暫定的に麻生太郎あたりが務めるにしても、麻生とて、もう80に手が届くほどの高齢だから、長くはできまい。多分、来年12月までに執行される衆院選までだろう。

さすれば、自民党の弱体化が一気に進むことになる。

となれば、小沢一郎政権、ついに来年にも誕生か。

「最後の平成」年に歴史的転換点を迎えそうだね。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6/16 松戸・S級、ガールズケ... | トップ | 日本はとっくの昔に「中規模... »
最近の画像もっと見る

安倍晋三生命重大危機説」カテゴリの最新記事