公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

自民党内ではもう「ポスト安倍」争いを巡って内紛勃発?!

2017-04-06 22:54:04 | 政治経済問題
しかも、籠池泰典が逮捕されるようだ。

さすれば、安倍晋三にとって、というか、日本会議にとってもこれは「最悪の事態」ではないか?

籠池は日本会議と自民党との「癒着」の実態についてしゃべる可能性大。


安倍晋三首相は「300億円」で「森友学園問題」を解決、近々に「内閣改造→辞意表明→内閣総辞職」の手順で退陣!!

2017年04月06日 01時49分02秒 | 本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相は4月5日までに「300億円」で「森友学園(籠池泰典前理事長)問題」を解決に向けて話をつけ、近々に「内閣改造→辞意表明→内閣総辞職」の手順で退陣する。

背後で協力したのは、「小沢一郎代表、二階俊博幹事長、野中広務元幹事長、村上正邦元自民党参院議員会長、亀井静香元建設相」の実力者だった。籠池泰典前理事長との直接交渉に当たったのは、衛藤晟一首相補佐官(国政の重要課題担当=参院議員、自民党大分県連会長、所属派閥「志帥会」=二階俊博会長)であった。

籠池泰典前理事長は、別件逮捕されて収監されるのと引き換えに、妻・諄子さんは見逃され、長女は、幼稚園経営を継続、長男は、別の土地に「小学校設立」により身が立つようにするという。ということで、目出度くシャンシャン。だが、一件落着したものの、自民党内は、「ポスト安倍」をめぐって早くも内紛勃発!



しかも、安倍が首相を辞任することになると、これまで抑圧されてきたマスコミ連中が一斉に逆襲に転じる可能性が高い。

さすれば、週刊現代が加計問題を追及し始めたが、これに他の週刊誌も追随するのではないか。

つまりは、板垣某が先日取り上げていた、「安倍晋三・金脈とその実態」が本格化する可能性がある。

安倍は辞めても「地獄」だよね。こりゃ。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4/6 日本・アジア主要株式指数 | トップ | 検察は安倍昭恵に出頭を要請... »
最近の画像もっと見る

政治経済問題」カテゴリの最新記事