公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

小沢一郎「挙国一致内閣」誕生か?

2017-07-29 12:26:45 | 政治経済問題
2017年07月28日 06時30分23秒 | 本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

小沢一郎代表は、自民党、民進党の重要閣僚経験者らの「大きな神輿」に担がれて、「総理大臣」の座を射止める



◆〔特別情報1〕

 小沢一郎代表にとって、好ましい政治状況が、急ピッチに生まれつつある。

1つは、安倍晋三首相が、「贈収賄容疑」で東京地検特捜部の「捜査対象」になっている。2つ目は、南スーダンの「戦闘」(日報)を隠させて、「武力衝突」とウソ説明を強いた稲田朋美防衛相を「辞任」に負い込み、自ら窮地に追い込まれた。3つは、官房機密費、外交機密費の使い込みで、財政ピンチに立たされた。

次に、民進党の蓮舫代表、野田佳彦幹事長が、東京都議会選挙で大敗、民進党支持率も低落したため、揃って「引責辞任」に追い込まれ、解党が必至となっている。小沢一郎代表はいま、自民党、民進党の重要閣僚経験者らによる「大きな神輿」に担がれて、いよいよ「総理大臣」の座を射止めようとしている。



自由党は国会議員がわずかに6人しかいない「弱小政党」。

そんなところから総理大臣が出るなんてことになれば、日本憲政史上に残る「快挙」だ。

つまりは、小沢一郎挙国一致内閣、だな。

もっとも、「反小沢会派」もちゃんとできるとは思うけどね。

但し、そんなことになれば、戦時中の大日本帝国のようになりかねない、と危惧してしまうが、ま、小沢一郎であるならば、それも許されるのかも?
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7/29 福井・ガールズケイリ... | トップ | 安倍さん。お辞めください! »
最近の画像もっと見る

政治経済問題」カテゴリの最新記事