公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

11/5 グラスゴー・トラックワールドカップ2日目 男子ケイリン・新田祐大4位

2016-11-06 08:43:24 | スポーツ
全エントリー・成績

2016-2017 UCIトラックワールドカップ第1,2戦日本代表選手団について


・男子ケイリン

予選

・河端朋之 1組2着 → 準決勝へ

・新田祐大(DRS=ドリームシーカー) 3組1着 → 準決勝へ

準決勝

2組

・新田祐大(DRS) 2着 → 決勝へ

・河端朋之 6着(降格) → 7~12位決定戦へ

決勝及び7~12位決定戦

・優勝はトマス・バベク(チェコ)。新田祐大(DRS)は4位。

・河端朋之は12位。


男子スクラッチ

・優勝はロブ・ハイス(ベルギー)。一丸尚伍は途中棄権。


男子ポイントレース

・優勝はキャメロン・マイヤー(オーストラリア)。近谷涼は17位(0ポイント)。


・女子スプリント

200mフライングタイムトライアル予選

・前田佳代乃 11位(11秒417) → 1/8決勝へ

・石井貴子(106) 14位(11秒570) → 1/16決勝へ

1/16決勝

・石井貴子(106) 不戦勝 → 1/8決勝へ

1/8決勝

・3組 〇TAKOS Holly +0.116 前田佳代乃● → ここで終了。

・6組 〇HAN Jun +2.527 石井貴子(106)● → ここで終了。

決勝

・優勝はシモーナ・クルペツカイテー(リトアニア)


・女子個人追抜

予選

・上野みなみ 11位(3分45秒817) → ここで終了。

決勝

・優勝は、ユスティナ・カチュコヴスカ(ポーランド) 


女子マディソン

・優勝はイギリス。
ジャンル:
自転車
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追記あり 重光啓代が引退へ ... | トップ | 11/5の福井A級決勝完全Vの太... »
最近の画像もっと見る

スポーツ」カテゴリの最新記事