公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

追記あり 福岡・天神「3億円事件」の犯人か 福岡空港で韓国籍の男2人確保

2017-04-21 16:51:28 | その他
<福岡強奪事件>韓国人の男ら、関与を否定 被害男性が証言した犯人の特徴とも異なる(西日本新聞) - Yahoo!ニュース

西日本新聞 4/21(金) 6:25配信

20日午後0時25分ごろ、福岡市中央区天神1丁目の駐車場で、東京都足立区の会社員男性(29)が男らに催涙スプレーのようなものを顔に吹き付けられ、銀行から引き出したばかりの現金約3億8400万円を奪われた。被害男性の説明では男は3人組とみられ、白いワンボックスカーで逃走した。福岡県警によると、被害男性は「金塊を買い付ける予定だった」と説明。県警は、現金を引き出すタイミングを狙った計画的犯行とみて、強盗致傷事件として、155人態勢の捜査本部を設置した。警察庁によると戦後の現金強奪事件の被害額としては4番目の多さ。

一方、県警は同日夜、福岡空港国際線ターミナルで数億円を所持した韓国人の男ら4人を発見。出国しようとしていたが、現金を持ち出すための必要な手続きをしていなかった。任意の事情聴取に「知人から頼まれて現金を預かった」との趣旨の話をしており、関与を否定しているという。


被害男性は都内の貴金属店に勤務

 捜査関係者によると、被害男性は都内の貴金属店に勤務。19日もほぼ同額の現金を引き出して取引をしていた。空港の男らは被害男性が証言した犯人の特徴と異なる上、持っていた金額も数億円多く、ケースも違うといい、事件との関連を慎重に捜査している。

 県警によると、被害男性は「みずほ銀行福岡支店」で現金を引き出した後、約50メートル離れた駐車場へ行き、現金が入った黒のスーツケースを車の後部座席に積み込もうとしたところ、背後からいきなり催涙スプレーをかけられて襲われた。男性は顔に軽いけが。

昨年7月にも6億円相当の金塊が盗まれる事件

 男らは奪ったスーツケースを駐車場に止めていたワンボックスカーに積み込むと、出入り口のバーをへし折って逃走。周辺の複数の防犯カメラには、信号無視をしながら猛スピードで走るワンボックスカーが写っていた。

 被害男性は出張で18日から福岡市に来ており、銀行には事前に現金を引き出すことを伝えていたという。

 襲った男のうち1人は30~40代で身長175センチくらい。細身で灰色の作業服の上下に、白いマスクを着用。もう1人は身長170~175センチで、がっちりした体格。黒っぽい服の上下に白いマスクをしていた。もう1人について、被害男性は「覚えていない」と話しているという。

 福岡市では昨年7月、JR博多駅付近で、貴金属買い取り店に運搬中の6億円相当の金塊が盗まれる事件が起きている。

 現場は、九州最大の繁華街・天神地区の一角。オフィスビルや商業施設が立ち並び、近くには福岡中央署や市役所がある。

=2017/04/21付 西日本新聞朝刊=



<福岡3.8億円強奪>韓国人の男ら2人の身柄確保(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

毎日新聞 4/20(木) 22:33配信

 20日午後0時25分ごろ、福岡市中央区天神1の駐車場で、東京都足立区の会社員男性(29)が現金約3億8400万円が入ったスーツケースを奪われた。男性は駐車場で車に現金を積み込もうとしたところ、男らに催涙スプレーのようなものをかけられて顔などに軽いけがをした。男らは白いワンボックスカーで逃走した。福岡県警が強盗傷害事件として福岡・中央署に捜査本部を設置して行方を追っていたが、福岡空港で多額の現金を持った韓国人の男ら2人の身柄を確保。事件への関与を調べている。警察庁によると、戦後の現金強盗事件の被害額としては4番目に多い。

 県警によると、男性は近くの「みずほ銀行福岡支店」で現金を引き出したばかり。現金は黒いスーツケースに入れて運び、駐車場に止めていたレンタカーに積み込むため後部座席のドアを開けようとしたところ、男に後ろから手を回されて顔付近に催涙スプレーのようなものを吹き付けられた。男性がひるんだすきにスーツケースごと現金を奪われた。

 男らは、スーツケースを同じ駐車場内に止めていたワンボックスカーに積み込み、出入り口のバーをへし折って駐車場を出た。信号無視を繰り返しながら天神地区を南北に走る「渡辺通り」を南へ逃走した。現金を奪った男2人のうちの1人は30~40代で身長175センチくらい。細身で灰色の作業着を着用。別の1人は身長170~175センチくらいで黒い作業着姿、いずれも白いマスクで顔を覆っていた。県警は他に運転役がいた可能性もあるとみている。

 被害に遭った男性は出張で18日から福岡市に来ていた。現金は約1億9000万円ずつ2回に分けて引き出されたが、男性はあらかじめ銀行に現金を引き出すことを伝えていた。県警には「現金を引き出して市内の取引先に持って行く予定だった。福岡へは仕事でよく来ていた」と説明しているという。県警は、男らが事前に現金引き出しの情報を入手し、入念に計画を練って男性を襲撃したとみて慎重に調べている。

 現場は、福岡市最大の繁華街である天神地区の一角。西鉄天神大牟田線の福岡(天神)駅から東に約200メートルで、近くには福岡市役所などがある。【宗岡敬介、宮崎隆】



多額の現金所持、福岡空港で数人身柄確保 強奪事件捜査(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

朝日新聞デジタル 4/20(木) 22:13配信

福岡市中央区で20日、現金3億8千万円が奪われた事件に絡み、捜査当局は同日午後、福岡空港国際線ターミナルで、多額の現金を持って韓国へ出国しようとしていた韓国籍の男数人の身柄を確保した。福岡県警は、男らが強盗について何らかの事情を知っている可能性があるとみて話を聴く。

事件は20日午後0時25分ごろ起きた。県警によると、東京都足立区の男性会社員(29)が、みずほ銀行福岡支店(福岡市中央区天神1丁目)で現金3億8400万円を下ろし、近くの駐車場に止めた車に積もうとした際、男2人が近づいてスプレーを噴射。男性がひるんだすきに、現金の入ったスーツケースを奪い、白いワゴン車で逃走した。男性は顔やのどに軽いけが。

 男性は18日から福岡を訪れ、現金は取引先へ届けるためだった、と県警に説明。銀行には事前に多額の引き出しを伝えていたという。県警はこうした情報を入手した何者かが、計画的に襲撃した可能性があるとみている。
『事件』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4/21の岐阜A級決勝を制した岸... | トップ | 北島音楽事務所の断然の稼ぎ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む