公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

5/25 欧米主要株式・為替・商品・債券 各指数

2017-05-26 07:12:59 | 政治経済問題
NY市場動向(午前後時台):         
【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*ダウ30種平均 21082.95  +70.53   +0.34% 21112.32 21051.41   22   8
*ナスダック   6205.26  +42.24   +0.69%  6217.34  6174.52 1189 1138
*S&P500      2415.07  +10.68   +0.44%  2418.71  2408.01  358  143
*SOX指数     1080.75   +5.90   +0.55%
*225先物     19810 大証比 +10   +0.05%

【 為替 】               前日比       高値    安値
*ドル・円     111.85   +0.36   +0.32%   111.95   111.49
*ユーロ・ドル   1.1208 -0.0011   -0.10%   1.1250   1.1194
*ユーロ・円    125.37   +0.29   +0.23%   125.81   125.08
*ドル指数      97.24   +0.00   +0.00%   97.28   96.88

【 債券 】           前日比       高値    安値
* 2年債利回り    1.29   +0.01      1.30    1.28
*10年債利回り    2.25   +0.00      2.27    2.24
*30年債利回り    2.92   -0.00      2.94    2.91
*日米金利差     2.20   -0.05

【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
*原油先物      48.90   -2.46  -4.79%   52.00   48.45
*金先物       1259.8   +3.3   +0.26%   1262.8   1256.9
*銅先物       259.6   +1.3   +0.46%   262.0   257.3
*CRB商品指数   181.15   -2.77   -1.50%   184.04   180.79

【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*英FT100     7517.71   +2.81   +0.04%  7529.74  7497.07   48   51
*独DAX     12621.72  -21.15   -0.17% 12697.66 12543.77   12   18
*仏CAC40     5337.16   -4.18   -0.08%  5366.70  5323.11   19   20



ダウ平均株価


ダウ平均は6日続伸 小売り企業の決算がサポート=米国株概況 配信日時 2017年5月26日(金)05:38:00 掲載日時 2017年5月26日(金)05:48:00

NY株式25日(NY時間16:21)
ダウ平均   21082.95(+70.53 +0.34%)
S&P500    2415.07(+10.68 +0.44%)
ナスダック   6205.26(+42.23 +0.69%)
CME日経平均先物 19825(大証終比:+25 +0.13%)

シュルンベルジェ 69.39(-1.97 -2.76%)
ハリバートン 45.41(-2.30 -4.82%)
HP 18.37(-0.64 -3.37%)
シアーズ 8.48(+1.01 +13.52%)
ベストバイ 61.25(+10.83 +21.48%)
IHSマークイット 45.90(+1.07 +2.39%)

アルファベット(C) 969.54(+14.58 +1.53%)
フェイスブック 151.96(+1.92 +1.28%)
ツイッター 17.95(-0.03 -0.17%)
テスラ 316.83(+6.61 +2.13%)
アマゾン 993.38(+13.03 +1.33%)
エヌビディア 138.26(-0.31 -0.22%)

ダウ採用銘柄
J&J       127.53(+0.86 +0.67%)
P&G       86.86(+0.36 +0.42%)
デュポン     77.39(-0.99 -1.26%)
ボーイング    187.07(+1.82 +0.98%) 
キャタピラー   105.02(+1.07 +1.03%) 
ユナイテッド   122.25(+0.17 +0.14%) 
ビザ     95.04(+0.23 +0.24%) 
ナイキ        52.35(+0.34 +0.65%)
GE        27.49(-0.34 -1.22%) 
3M        199.54(+2.05 +1.04%) 
エクソンモビル  81.75(-0.54 -0.66%) 
シェブロン    105.11(-1.11 -1.05%) 
コカコーラ    45.41(+0.38 +0.84%) 
ディズニー    107.27(-0.44 -0.41%) 
マクドナルド   149.78(+0.28 +0.19%) 
ウォルマート  78.31(+0.16 +0.20%)
ホームデポ   156.46(+1.46 +0.94%)
JPモルガン   85.35(-0.36 -0.42%)
トラベラーズ     123.72(+1.67 +1.37%)
ゴールドマン     222.47(-1.36 -0.61%)
アメックス    77.44(+0.32 +0.41%) 
Uヘルス     178.05(+2.46 +1.40%)
IBM      153.20(+0.69 +0.45%)
アップル      153.87(+0.53 +0.35%)
ベライゾン   45.31(+0.27 +0.60%)
マイクロソフト  69.62(+0.85 +1.24%)
インテル     36.26(+0.14 +0.39%)
ファイザー   32.16(+0.11 +0.34%)
メルク      65.04(+0.11 +0.17%)
シスコ      31.44(-0.05 -0.16%)

きょうのNY株式市場でダウ平均は6日続伸。取引開始前までに発表になった小売り企業の決算が懸念していたほど悪くなかったことで、小売り株の一角が大幅に上昇しており相場をサポートしている。eコマースの台頭で小売り企業は客足が減少する中、この日の決算は安心感を与えたようだ。ダウ平均は一時100ドル近く上昇し、再び最高値圏に上昇している。

 ただ、きょうのOPEC総会で減産の9ヵ月延長が決定されたものの、原油相場は材料出尽くし感から戻り売りが強まっており、WTIは48ドル台まで急落する中、ダウ平均は伸び悩む動きも見られた。エネルギー関連が下落したほか、銀行株も軟調。

 ダウ採用銘柄ではユナイテッド・ヘルスやトラベラーズ、マイクロソフトが上昇したほか、ホームデポ、キャタピラーも堅調。反面、GEが続落したほか、シェブロン、エクソンモービルも下落。JPモルガン、ゴールドマンも軟調に推移した。

 ナスダックは最高値更新し、6200ポイント台に上昇した。アマゾン、フェイスブック、ネットフリックスなど主力のIT・ハイテク株は概ね揃って上昇。一方、エヌビディアがきょうは利益確定売りに押された。

 シュルンベルジェ、ハリバートンなど資源関連株の下げが目立っている。きょうはOPECとロシアなど非OPEC国が9ヵ月間の減産延長で合意した。ただ、原油相場の反応は逆に売りが強まっており、WTIは48ドル台半ばまで急落した。

 減産の延長合意については、サウジとロシアの間でも事前に合意とも既にに伝わっていたことから、材料出つくし感も出ているのかもしれない。また、一部ではOPEC、非OPECあわせて日量約180万バレルの減産規模が拡大されるのではとの期待感もあったことから、今回は減産規模が据え置かれたことから失望売りに繋がっているとの指摘も聞かれる。

 HPインクが下落。前日引け後に発表した2-4月期決算は
4四半期連続で予想を上回っている。PC部門とプリンター部門がともに好調。寄り付きこそ上昇して始まったものの、買い一巡後は戻り売りに押され下げに転じている。今年に入って上昇が続いており、株価は26%上昇。20ドルの大台を前に材料出尽くし感からの利益確定売りが出たのかもしれない。

 小売りのシアーズが大幅高。決算を発表しており、調整後の1株利益は2.15ドルの赤字だったものの、GAAPベースの1株利益が2016年第2四半期以来の黒字だったことが好感されている。

 家電量販店のベストバイが大幅高。2-4月期の決算を発表しており、既存店売上高が予想外の増収だったことが好感されている。任天堂の「スイッチ」の需要が追い風となった。

 金融情報のIHSマークイットが大幅高。前日にS&P500株価指数の採用されること発表された。株価指数に連動したパッシブ系ファンドなどからの需要が想定され、買いが入っているようだ。入れ替えは6月2日から反映される。


名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST) 2日

ナスダック 運輸株指数 4,523.17 +80.34 +1.81% +0.46% +38.10% 6:16

S&P 小型株600種 836.96 +0.44 +0.05% -2.36% +19.93% 2017/05/25

ラッセル2000種指数 1,383.39 +0.88 +0.06% -1.96% +21.24% 5:30

ナスダック バイオテクノロジー株指数 3,040.80 -5.61 -0.18% -1.76% +5.69% 6:16

NYダウ 工業株30種 21,082.95 +70.53 +0.34% +0.41% +18.10% 5:57

ナスダック 銀行株指数 3,623.75 -0.12 0.00% -4.06% +25.86% 6:16

ブルームバーグ REIT指数 282.57 +0.48 +0.17% -0.99% +3.11% 5:00

NYSE 総合指数 11,639.30 +18.07 +0.16% +0.30% +11.42% 6:44

ナスダック 100指数 5,778.38 +48.07 +0.84% +4.15% +29.08% 6:16

ナスダック 金融株指数 6,854.75 +39.87 +0.59% +0.57% +19.19% 6:16

ナスダック 保険株指数 8,329.47 +66.69 +0.81% -0.30% +11.22% 6:16

NYダウ 輸送株20種 9,163.84 +141.32 +1.57% -0.93% +18.34% 5:57

ナスダック 通信株指数 304.91 +0.07 +0.02% -2.69% +16.32% 6:16

S&P 500種 2,415.07 +10.68 +0.44% +1.11% +15.52% 5:57

ナスダック 総合指数 6,205.26 +42.23 +0.69% +2.98% +26.77% 6:16

NYダウ 公共株15種 720.30 +5.18 +0.72% +1.68% +11.10% 5:57

KBW銀行株指数 91.06 -0.07 -0.08% -1.63% +28.18% 6:16

ラッセル1000種指数 1,338.25 +5.57 +0.42% +0.98% +15.65% 5:30

ナスダック 金融100指数 4,005.09 +19.55 +0.49% -1.32% +19.75% 6:16

ラッセル3000種指数 1,429.15 +5.57 +0.39% +0.76% +16.06% 5:30

ナスダック コンピューター株指数 3,577.66 +29.78 +0.84% +5.89% +39.15% 6:16

ナスダック 工業株指数 5,093.71 +40.18 +0.80% +2.77% +23.10% 6:16

フィラデルフィア半導体 1080.75 +5.90 +0.55

VIX指数 9.99 -0.03 -0.30


今日の世界株価指数

マーケット世界の株式指数

アルゼンチン メルバル指数 21,684.59 +163.93 +0.76% +2.29% +75.14% 2017/05/25

ブラジル ボベスパ指数 63,226.79 -30.57 -0.05% -2.95% +27.78% 5:21

メキシコ ボルサ指数 49,410.92 -83.48 -0.17% -0.80% +8.09% 5:10

S&P トロント総合指数 15,410.73 -8.76 -0.06% -2.12% +9.66% 5:45

欧州株価指数

FTSE100イギリス
▲0.04%
7,517.71
H:7,529.74
L:7,497.07
+2.81
05/25

DAXドイツ
▼0.17%
12,621.72
H:12,697.66
L:12,543.77
-21.15
00:35

CAC40フランス
▼0.08%
5,337.16
H:5,366.70
L:5,323.11
-4.18
00:40

SMIスイス
▼0.29%
9,035.09
H:9,069.18
L:9,027.84
-26.67
05/25

FTSE MIBイタリア
▼0.37%
21,291.72
H:21,448.42
L:21,180.06
-78.01
00:39

IBEX35スペイン
▲0.28%
10,937.70
H:10,983.90
L:10,920.70
+30.30
00:35

AEXオランダ
▼0.08%
527.46
H:529.28
L:525.09
-0.41
00:40

BEL20ベルギー
▼0.21%
3,894.37
H:3,916.32
L:3,887.34
-8.34
01:05

PSI20ポルトガル
▲0.59%
5,244.80
H:5,245.02
L:5,213.87
30.83
05/25

ASEギリシャ
▲0.76%
771.82
H:772.73
L:752.02
+5.79
05/25

RTSロシア
▼0.37%
1,083.52
H:1,100.05
L:1,083.52
-4.07
00:50

ISE100トルコ
▼0.61%
97,712.94
H:98,222.21
L:97,393.69
-600.82
00:10

AllShr南アフリカ
▼0.52%
54,028.39
H:54,432.60
L:54,017.03
-280.28
05/25

ユーロ・ストックス50
▼0.29%
3,584.55
H:3,603.39
L:3,572.02
-10.48
05/25

BDI(バルチック)指数
▼1.71%
918.00
-16
05/25


欧州市場サマリー

[25日 ロイター] -
<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤
ユーロ/ドル    1.1216 1.1243
ドル/円 111.70 111.82
ユーロ/円 125.28 125.70

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード
STOXX欧州600種 392.14 -0.23 -0.06 392.37
FTSEユーロファースト300種 1540.78 -0.66 -0.04 1541.44
DJユーロSTOXX50種 3584.55 -2.07 -0.06 3586.62
FT100種 7517.71 +2.81 +0.04 7514.90
クセトラDAX 12621.72 -21.15 -0.17 12642.87
CAC40種 5337.16 -4.18 -0.08 5341.34

<金現物> 午後 前営業日
値決め 1256.95 1252.55

<金利・債券>
米東部時間15時6分

*先物 清算値 前日比 前営業日終盤
3カ月物ユーロ 100.33 0.00 100.33
独連邦債2年物 112.18 +0.03 112.15
独連邦債5年物 131.77 +0.17 131.60
独連邦債10年物 161.31 +0.51 160.80
独連邦債30年物 166.48 +1.12 165.36

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤
独連邦債2年物 -0.702 -0.026 -0.676
独連邦債5年物 -0.375 -0.039 -0.336
独連邦債10年物 0.359 -0.045 0.404
独連邦債30年物 1.192 -0.044 1.236

<為替> 

ドルが主要通貨バスケットに対して下落。前日公表の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受けて、一部で早期の米利上げ観測が後退したことが背景。ただ、対円では小幅高で取引されている。

この日は石油輸出国機構(OPEC)が協調減産の9カ月延長を決めたが、さらに踏み込んだ措置を期待し
ていた向きの失望を誘い、原油相場が値下がり、ドルを下支えした。

<ロンドン株式市場> 

反発した。決算を発表した小売大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)が買われたほか、エネルギー株も値を上げた。

M&Sは1.5%高。2016/17年度の通期決算は前期比10%の減益となったほか、第4・四半期の売上高も落ち込んだことで株価は一時下がったが、利益幅が改善していることや安定した市場シェアを挙げて、苦戦している衣料事業が回復しつつあることを示すとしたことから、終盤にかけて株価はプラスに転じた。

エネルギー株も買われた。石油大手BPは0.9%高となった。

<欧州株式市場> 

ほぼ横ばいで取引を終えた。株価を過去最高値に押し上げた好調な決算発表シーズンが終わりに近づく中、投資家らは新たな材料を模索している。

石油輸出国機構(OPEC)は、原油安の原因となっていた供給過剰を解消するため、協調減産を2018年3月まで9カ月間延長することで合意した。ただ、市場はより大規模な対策を期待していたことから原油価格は約4%下落。これを受け、フランスの石油大手トタルや英国のBP、イタリアのENIは0.9%から1.9%の下落となった。

石油プラントの英ペトロファクは30.0%の急落。収賄と汚職、マネーローンダリング(資金洗浄)の疑いで英当局の捜査対象となっている最高執行責任者(COO)が停職処分されたことが嫌気された。

<ユーロ圏債券>

国債利回りが総じて低下した。主要中銀が金融緩和の解除を急いでいない立場を示したことで、買い安心が広がった。

前日引け後に公表された5月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、大半の当局者が間もなく利上げが適切になると想定しつつも、最近の経済指標の弱含みが一時的とするだけの証拠が得られるまで利上げは待つべきだとの考えで一致したことが分かった。

また日銀の桜井真審議委員は25日、目先に債券利回りターゲットを引き上げる可能性を否定。インフレ押し上げに向け、大規模な刺激策を維持する必要性を強調した。

ユーロ圏と同様、日本も景気改善の兆候が出る中、日銀にとっては緩和解除の方針を巡り、市場と対話が新たな課題となっている。

独10年債利回りは3.5ベーシスポイント(bp)低下の0.37%。今月に入りつけた7週間ぶりの高水準からは約10bp低下している。



様子見気分が強く小動き ドル円は111円台後半で上下動=NY為替概況 配信日時 2017年5月26日(金)06:11:00 掲載日時 2017年5月26日(金)06:21:00

きょうのNY為替市場は全体的に様子見気分が強く小動きに終始した。市場は前日のFOMC議事録を見極めようとしている雰囲気が強い。議事録では「景気減速が一過性であるという証拠を待つのが賢明」と言及しており、その文言にきのうの市場は敏感に反応していたが、バランスシート縮小に関しては大半が年内開始を支持しており、「引き締めは近く適切になる公算大」とも言及している。また、個人消費は今後数ヵ月で回復を予想とも述べていた。

 議事録を受けてドルは売りが強まっていたが、市場は6月利上げ期待を後退させてはいない。CMEのFEDウォッチでは逆に、6月利上げの確率を、きょうは87%超まで上昇させている。ただ、今回の議事録を通過して6月利上げに対する不透明感も少なからずあり、現状では6月13日、14日のFOMCまでの指標を丹念に見て行くしかないといったところなのかもしれない。

 ドル円は111円台後半での値動きに終始した。112円台に接近すると上値抵抗も強く一方で、ダウ平均が再び最高値圏に接近するなど堅調な動きを続けていることから、下値もサポートされている。きょうは原油が急落しており、ドル円も売りが強まる場面も見られたが、下押す動きまでは見られなかった。

 前日のFOMC議事録後に111.50付近まで落とされたが、その下げをほぼ回復している。しかし、きょうのところは112円台にも慎重さが見られている。
 
 ユーロドルは伸び悩んだものの1.12ドル台は堅持している。NY時間の午後になってコンスタンシオECB副総裁の「全体的なリスクはなお下向き」との発言に売りが強まり、1.12割れを試す動きも見られたが、水準は維持している。

 市場では早ければ来年の上半期にも利上げがあるのではとの期待感も出ているようだ。しかし、今週のドラギECB総裁の発言では量的緩和終了の前の利上げに難色を示していた。現在予想されているスケデュール感では、今年の終盤に量的緩和の拡大ペース縮小の計画を示し、実際の実施は来年からが有力だ。ドラギ総裁の発言からすれば、来年の上半期の利上げ開始は時間的に難しいのかもしれない。

 ポンドは軟調な動き。ロンドン時間に発表になった第1四半期のGDP改定値が下方修正されたことで戻り売りが強まってる。個人消費が低迷しており、成長率への寄与度は2014年以降で最小となっている。昨年の英国民投票以降のポンド安に伴う物価高や賃金の伸び鈍化が個人消費を圧迫し始めていることが浮き彫りになった。市場からは年内の回復は難しいとの見方も出ているようだ。



為替市場の四本値(ドル円・ユーロドル・ユーロ円)

    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  111.49  1.1219  125.08
高値  111.95  1.1250  125.81
安値  111.49  1.1194  125.08
終値  111.84  1.1210  125.37

為替市場の四本値(ポンド円・豪ドル円・カナダ円)

   ポンド円   豪ドル円  カナダドル円
始値  144.65  83.67  83.16
高値  145.44  83.89  83.49
安値  144.56  83.30  82.86
終値  144.75  83.37  82.94

世界各国通貨に対する円

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           111.85円   +0.36円    +0.32%   111.49円
*ユーロ・円         125.37円   +0.29円    +0.23%   125.08円
*ポンド・円         144.74円   +0.09円    +0.06%   144.65円
*スイス・円         114.92円   +0.35円    +0.31%   114.57円
*豪ドル・円          83.37円   -0.30円    -0.36%   83.66円
*NZドル・円         78.55円   -0.02円    -0.02%   78.56円
*カナダ・円          82.95円   -0.22円    -0.26%   83.16円
*南アランド・円        8.65円   +0.02円    +0.18%    8.63円
*メキシコペソ・円       6.05円   +0.00円    +0.01%    6.04円
*トルコリラ・円       31.32円   +0.02円    +0.06%   31.31円
*韓国ウォン・円        9.99円   +0.02円    +0.23%    9.96円
*台湾ドル・円         3.72円   +0.02円    +0.65%    3.70円
*シンガポールドル・円   80.67円   +0.14円    +0.17%   80.53円
*香港ドル・円         14.35円   +0.04円    +0.28%   14.31円
*ロシアルーブル・円     1.96円   -0.01円    -0.48%    1.97円
*ブラジルレアル・円     34.15円   +0.12円    +0.37%   34.02円
*タイバーツ・円        3.27円   +0.03円    +0.88%    3.25円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            -4.37%   118.66円   99.02円   116.96円
*ユーロ・円           +1.95%   125.82円   109.57円   122.97円
*ポンド・円           +0.16%   163.90円   121.61円   144.50円
*スイス・円           +0.13%   115.57円   102.00円   114.77円
*豪ドル・円           -1.01%   88.18円   72.53円   84.22円
*NZドル・円         -3.01%   83.81円   69.33円   80.98円
*カナダ・円           -4.67%   88.92円   74.83円   87.01円
*南アランド・円        +1.41%    8.98円    6.40円    8.53円
*メキシコペソ・円       +7.15%    6.10円    4.97円    5.64円
*トルコリラ・円        -6.38%   37.78円   28.62円   33.46円
*韓国ウォン・円        +3.07%   10.20円    8.49円    9.69円
*台湾ドル・円         +2.76%    3.78円    3.08円    3.62円
*シンガポールドル・円    -0.22%   82.30円   72.61円   80.85円
*香港ドル・円         -4.82%   15.29円   12.84円   15.08円
*ロシアルーブル・円     +3.51%    2.02円    1.51円    1.90円
*ブラジルレアル・円     -4.99%   37.45円   29.59円   35.94円
*タイバーツ・円        +0.27%    3.31円    2.81円    3.27円


材料出尽くしで急落、OPEC総会は9ヶ月間の減産延長で合意=NY原油概況 配信日時 2017年5月26日(金)05:18:00 掲載日時 2017年5月26日(金)05:28:00

NY原油先物7月限(WTI)(終値)
1バレル=48.90(-2.46 -4.79%)
ブレント先物7月限(ICE) 51.46(-2.50 -4.63%)

 ニューヨーク原油は急落。注目された石油輸出国機構(OPEC)総会では、OPEC加盟国とロシアなどの減産協力国が事前の想定通り9ヶ月間の減産延長で合意し、材料出尽くしとなった。減産に協力する新たな産油国がなかったことや、減産量の拡大がなかったことが失望売りを誘った。7月限は時間外取引で52.00ドルまで上昇し、約5週間ぶりの高値を更新した後、荒れ相場に突入し急落。通常取引開始前までは50ドルの節目を維持していたものの、通常取引開始後は48.53ドルまで一段安となった。



NY金は反発、米追加利上げに慎重な姿勢を好感=NY金概況 配信日時 2017年5月26日(金)04:35:00 掲載日時 2017年5月26日(金)04:45:00

NY金先物8月限(COMEX)(終値) 1オンス=1259.8(+3.3 +0.26%)

金は米金融当局が追加利上げに慎重な姿勢を示したことから前日高値を突破したあと、ドル高・株高や原油の急反落で守勢に転じたが、プラスサイドを維持した。



様子見気分が強く利回りは横ばい=NY債券概況 配信日時 2017年5月26日(金)05:58:00 掲載日時 2017年5月26日(金)06:08:00

米国債利回り(NY時間16:57)
2年債   1.294(+0.012)
10年債  2.257(+0.007)
30年債  2.921(-0.003)
期待インフレ率  1.826(-0.006)
※期待インフレ率は10年債で算出

 きょうのNY債券市場で利回りは横ばい。きょうは全体的に様子見気分が強く、10年債は前日水準を挟んでの上下動に終始した。米株は堅調に推移し最高値圏に戻していたものの、原油相場が急落しており相殺された。

 前日のFOMC議事録を受け利回りは低下したが、6月利上げ期待は依然として根強い。CMEのFEDウォッチでは逆に、6月利上げの確率を、きょうは87%超まで上昇させている。ただ、今回の議事録を通過して6月利上げに対する不透明感も少なからずあり、現状では6月13日、14日のFOMCまでの指標を丹念に見て行くしかないといったところなのかもしれない。
 
 なお、きょうは7年債入札が実施されたが、不調な入札だったことから、入札結果発表後に利回りは上昇する場面も見られたが大きな動きには至らなかった。

 10年債利回りは2.25%付近、2年債は1.29%付近で推移。

 2-10年債の利回り格差は96(前日97)。

米7年債入札結果
最高落札利回り 2.060%(WI:2.058%)
応札倍率    2.54倍(前回2.73倍)
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5/26 日本・アジア主要株式指数 | トップ | 福島第1原発事故後、放射性... »
最近の画像もっと見る

政治経済問題」カテゴリの最新記事