公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

板垣英憲の「デマ情報?」復活!:民進党解党! 石破茂離党! 小沢一郎政権ついに誕生へ!

2017-07-17 12:57:57 | 政治経済問題
2017年07月17日 04時15分12秒 | 本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

安倍晋三政権は、石破茂前地方創生相離党により大打撃を受け、これが元で、小沢一郎政権誕生を促す


◆〔特別情報1〕

民進党がついに「解党」に向かって進んでいる。野田佳彦幹事長(元首相)が辞任を決意したからである。蓮舫代表は、解党に反対しているけれど、野田佳彦幹事長が辞任すれば、蓮舫代表は後ろ盾を失い、必然的に解党せざるを得ない。「解党」後、民進党所属の議員は、バラバラになってしまう。
 
前原誠司元外相は、自民党の石破茂前地方創生相と7月14日の会食を延期したと伝えられているけれど、実際には密かに会食していたといい、民進党解党後のことを協議していたという。
 
安倍晋三首相は、東京都議選(7月2日)に歴史的惨敗した後の政権建て直しの目的で、8月3日内閣改造を行うため、全力を挙げているけれど、石破茂前地方創生相が自民党を離党した場合、「大打撃」を受けることから、「サプライズ人事」を行ってでも政権の維持を考えざるを得ない窮地に立たされている。これが元で、小沢一郎政権誕生を促す。



連合がホワイトカラーエグゼンプションの導入を急いだのは、安倍晋三と民進党がじきに「倒れる」ことを見越してのことだったのか。

でも、小沢一郎政権が仮に誕生することになったら、安倍政権でやってきた政策は180度転換するだろうね。そのために、日本共産党が今、小沢と「結託」しているわけだし。

さすれば、連合は何を急ぐ必要があるのか?甚だ理解に苦しむ。

ひょっとしたら、神津里季生は、安倍官邸が「送り込んだスパイ」だったのかも?

というか、連合自体が存続の危機にさらされているんじゃないか。

ところで、石破茂が離党、なんてことになれば、石破には「小沢内閣」の最重要ポストが用意されるかも。で、恐らく小沢は長く総理をやる意思はないと思われる。せいぜい東京オリンピックが終わるあたりまでではないかと考えられる。その直後に石破に「禅譲」か?

但し、問題は、石破茂が積極的な改憲論者であること。

しかも、石破は海兵隊設置を強く求めている。

共産党と社民党とは相容れない考え方である。その辺について妥協点を見出せるのか?

ま、日本の政局が「面白くなってきた」ことは確かだね。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍晋三・・・肺ガンの末期... | トップ | 7/18の公営 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む