公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

7/11 日本・アジア主要株式指数

2017-07-11 18:06:06 | 政治経済問題
日本 株式指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

TOPIX 500 INDEX (東証) 1,255.40 +8.74 +0.70% +2.14% +29.00% 15:00

TOPIX 100 INDEX (東証) 1,027.95 +6.29 +0.62% +2.11% +29.12% 15:00

日経平均株価 20,195.48 +114.50 +0.57% +0.91% +28.56% 15:15

日経500平均 1,919.61 +15.51 +0.81% +0.89% +26.45% 15:15

TOPIX (東証株価指数) 1,627.14 +11.66 +0.72% +2.23% +29.57% 15:00

日経300指数 322.78 +2.22 +0.69% +2.14% +27.79% 15:15

東証REIT指数 1,648.50 -5.14 -0.31% -4.95% -10.25% 15:00

JASDAQ インデックス 146.91 +0.58 +0.40% +2.88% +34.08% 15:00

TOPIX CORE 30 IDX (東証) 745.43 +5.94 +0.80% +1.67% +26.59% 15:00

東証マザーズ指数 1,185.77 +10.88 +0.93% +4.74% +20.12% 15:00

TOPIX SMALL INDEX (東証) 2,085.97 +18.71 +0.91% +3.02% +34.68% 15:00

TOPIX MID 400 INDX (東証) 1,870.91 +15.86 +0.85% +2.19% +28.73% 15:00

日経ジャスダック平均 3,290.59 +10.15 +0.31% +1.94% +34.77% 15:00

東証2部 株価指数 6,185.72 +5.89 +0.10% +3.42% +49.76% 15:00

TOPIX LARGE 70 IDX (東証) 1,616.36 +6.36 +0.40% +2.62% +32.24% 15:00


外資系証券寄り付き前注文動向 7/11 8:20更新

7月11日

売り 960

買い 370

差し引き 590万株の売り越し

金額ベース 小幅売り越し

米国系 売り越し
欧州系 売り越し

セクター別

売り・・・機械 輸送用機器 情報・通信業 銀行業

買い・・・食料品 非鉄金属 サービス業

売り買い交錯・・・化学 電気機器 小売業


日経平均

現在値 20,195.48↑ (17/07/11 15:15)
前日比 +114.50 (+0.57%)
始値 20,073.86 (09:00) 前日終値 20,080.98 (17/07/10)
高値 20,200.88 (14:38) 年初来高値 20,318.11 (17/06/20)
安値 20,070.67 (09:01) 年初来安値 18,224.68 (17/04/17)


日経平均は114円高と続伸、上げ転換後に一段高、TOPIXは年初来高値を更新=11日後場/2017/07/11 15:24

11日の日経平均株価は前日比114円50銭高の2万195円48銭と続伸。朝方は、手掛かり材料に乏しいなか、小安く始まったが、売り一巡後は上げに転じた。対ドルでの円弱含みを支えに株価指数先物買いを交えて一段高となり、一時2万200円88銭(前日比119円90銭高)を付ける場面があった。その後も高値圏を保った。一方、TOPIX(東証株価指数)は同11.66ポイント高の1627.14ポイントと6月29日の年初来高値(1624.07ポイント)を更新し、15年8月19日以来の高値水準となった。

 東証1部の出来高は14億3621万株、売買代金は2兆673億円。騰落銘柄数は値上がり1494銘柄、値下がり392銘柄、変わらず135銘柄。

 市場からは「イエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言を控え、きょうはさえない展開を予想していたが、驚きの強さだ。株高をみて為替が後からついてくる感じで、恐らく外国人投資家が買いを入れているのだろう。米景気は強く米金融政策の正常化の流れは変わらず、円安期待を先取る動きではないか」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株が堅調。ソフトバンク<9984>、NTT<9432>などの情報通信株や、帝人<3401>、東レ<3402>などの繊維製品株も買われた。日経225銘柄に新規採用が決まったエプソン<6724>や、ソニー<6758>、パナソニック<6752>などの電機株も高い。

 個別では、第1四半期(17年3-5月)の連結決算で営業利益66.2%増のプレナス<9945>が上昇。安永<7271>(前場に一時ストップ高)、タカタ<7312>(整理)、トーセ<4728>、クリエイトH<3148>などの上げも目立った。

 半面、関西電<9503>、四国電<9507>などの電気ガス株が軟調。JPX<8697>、アコム<8572>などのその他金融株も売られ、サカタのタネ<1377>などの水産農林株もさえない。

 個別では、第1四半期(17年3-5月)の連結決算で赤字拡大のリソー教育<4714>が下落。第1四半期(17年3-5月)の連結決算で営業利益35.4%減のローツェ<6323>や、Sサイエンス<5721>、KNTCT<9726>、大幸薬品<4574>などの下げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、29業種が上昇した。

提供:モーニングスター社



信用を読む=買い残が5週連続で増加、信用倍率は2.7倍に上昇/2017/07/11 17:39


信用残の推移


7日申し込み現在の2市場信用取引残高は、売り残が前週比36億円減の9541億円、買い残が同475億円増の2兆5964億円だった。売り残が2週連続減少、買い残は5週連続で増加した。信用倍率は前週の2.6倍から2.7倍に上昇している。

 この週(3-7日)の日経平均株価は、7日の終値が6月30日の終値比104円安の1万9929円だった。2日に投開票された東京都議会議員選挙は、小池百合子都知事が代表を務めた都民ファーストの会が第1党となる議席を獲得した一方、自民党は惨敗を喫したが相場への影響は限定的だった。手掛かり材料難のなか、弱含みで推移。6日には、終値ベースで6月16日以来の2万円割れとなった。

 個別銘柄で、売り残増加、買い残増加の上位には、JFLA<2538>、出光興産<5019>、サニックス<4651>、インフォテリア<3853>が入った。JFLAは低位の小型株として、短期的な売買を狙った投資家が物色したようだ。出光興産は、3日に公募増資を行い資金調達を行うと発表。公募が全株行われた場合、発行済み株式数が約30%増加することから、1株あたり利益の希薄化が警戒され、急落した。サニックスは、南米原産の「ヒアリ」が発見されたことで、白アリ駆除で実績のある同社に関心が向かったもよう。インフォテリアは5日、日本円との為替が安定して運用されることで将来的に実ビジネスでの使用に耐えうる仮想通貨とすることを企図した「Zen」の発行が5日から開始されたと発表、材料視された。

 売り残減少、買い残増加の上位には、芦森工<3526>、新生銀行<8303>、アイフル<8515>などが入っている。

提供:モーニングスター社



日経平均寄与度

日経平均 値上がり銘柄数 162

日経平均 変わらず銘柄数 8

日経平均 値下がり銘柄数 55


TOPIX

現在値 1,627.14↓ (17/07/11 15:00)
前日比 +11.66 (+0.72%)
始値 1,616.04 (09:00) 前日終値 1,615.48 (17/07/10)
高値 1,627.79 (14:51) 年初来高値 1,627.54 (17/06/29)
安値 1,615.00 (09:00) 年初来安値 1,452.15 (17/04/17)


東証業種別ランキング:空運と情報通信が同率トップ、東京電力など電力ガスは小安い[FISCO] #klugfxnews_379761

配信日時 2017年7月11日(火)19:01:52 掲載日時 2017年7月11日(火)19:11:52
空運と情報通信が同率トップ。空運はJAL、ANA、パスコ、アジア航が堅調。情報通信はソフトバンクGのインパクトが大きい。その他、電気機器、繊維、精密機器、金属製品、ゴム製品が堅調。半面、電力ガス、その他金融、水産農林が小安い。


業種名/現在値/前日比(%)

1. 空運業 / 305.45 / 1.24
2. 情報・通信業 / 3,452.52 / 1.24
3. 電気機器 / 2,253.06 / 1.19
4. 繊維業 / 721.17 / 1.19
5. 精密機器 / 5,366.96 / 1.17
6. 金属製品 / 1,380.81 / 1.06
7. ゴム製品 / 3,714.80 / 0.99
8. ガラス・土石製品 / 1,186.95 / 0.95
9. 化学工業 / 1,882.86 / 0.92
10. 建設業 / 1,293.43 / 0.91
11. 石油・石炭製品 / 1,049.86 / 0.90
12. サービス業 / 1,811.71 / 0.87
13. 機械 / 1,808.29 / 0.80
14. 食料品 / 1,953.55 / 0.77
15. 輸送用機器 / 2,862.28 / 0.71
16. 医薬品 / 2,643.65 / 0.61
17. 倉庫・運輸関連業 / 1,647.67 / 0.55
18. パルプ・紙 / 537.27 / 0.54
19. 海運業 / 353.96 / 0.53
20. 陸運業 / 2,093.02 / 0.51
21. 鉱業 / 308.63 / 0.46
22. 卸売業 / 1,344.50 / 0.45
23. 小売業 / 1,163.94 / 0.45
24. 証券業 / 407.49 / 0.44
25. 非鉄金属 / 1,089.78 / 0.41
26. 銀行業 / 191.46 / 0.32
27. 保険業 / 1,005.79 / 0.23
28. 不動産業 / 1,409.15 / 0.13
29. その他製品 / 2,657.84 / 0.01
30. 鉄鋼 / 572.08 / -
31. 水産・農林業 / 531.65 / -0.03
32. その他金融業 / 653.53 / -0.05
33. 電力・ガス業 / 450.89 / -0.06


JPX日経インデックス400

現在値 14,490.33↓ (17/07/11 15:00)
前日比 +97.36 (+0.68%)
始値 14,394.63 (09:00) 前日終値 14,392.97 (17/07/10)
高値 14,496.05 (14:51) 年初来高値 14,490.18 (17/06/29)
安値 14,385.49 (09:00) 年初来安値 13,018.61 (17/04/17)


JASDAQ平均

現在値 3,290.59↑ (17/07/11 15:00)
前日比 +10.15 (+0.31%)
始値 3,282.53 (09:00) 前日終値 3,280.44 (17/07/10)
高値 3,290.67 (14:56) 年初来高値 3,285.54 (17/07/04)
安値 3,280.73 (09:15) 年初来安値 2,750.70 (17/01/04)


JASDAQ平均は続伸、岡本硝子がストップ高で上昇率トップ[FISCO] #klugfxnews_379733

配信日時 2017年7月11日(火)16:39:50 掲載日時 2017年7月11日(火)16:49:50

[JASDAQ市況]JASDAQ平均   3290.59  +10.15 /出来高 1億7587万株/売買代金 994億円J-Stock Index 3027.94  +12.38  

本日のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexは揃って続伸となった。値上がり数は368、値下がり数は244、変わらずは86。

JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。その後も終日じりじりと上げ幅を広げる展開となった。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。 

個別では、岡本硝子がストップ高で上昇率トップ。同社の持分法適用関連会社であるJAPAN 3D DEVICES(J3DD)について、自動車の速度計やナビゲーション表示をフロントガラスに映し出すヘッドアップディスプレー(HUD)用部材の事業化を急いでいると一部メディアが報じたことが材料視されたもよう。ビーマップは連日物色を集める。ラクオリア創薬は、引き続き韓国での「tegoprazan」来年発売予定を材料視。ニックスは、強い毒を持つ南米原産のヒアリが、愛知県春日井市に運ばれたコンテナ貨物から見つかったことをうけ、ヒアリ関連として物色再燃。その他、オンキヨー、ユークス、平山、ルーデンなどが上昇率上位にランクイン。 

一方、下落率トップは7%安のトレイダーズ。ANAPは決算発表を受けて出尽くし感が優勢に。フォーサイドは、本日からの信用規制実施が重しとなった。パスポート、イデアインター、ぱどなどRIZAPグループ傘下の企業も引き続き売られる。パチスロ・パチンコメーカー大手のユニバーサルは、警察庁がパチンコの出玉規制を強化する方針を固めたと伝わったことで売られる展開に。その他、プロパスト、アズジェント、アイケイなどが下落率上位にランクイン。 JASDAQ-TOP20では、日本マクドナルド、田中化研、エン・ジャパン、ベクターなどが堅調。



マザーズ指数

現在値 1,185.77↓ (17/07/11 15:00)
前日比 +10.88 (+0.93%)
始値 1,178.14 (09:00) 前日終値 1,174.89 (17/07/10)
高値 1,186.39 (15:00) 年初来高値 1,214.41 (17/06/23)
安値 1,175.42 (09:09) 年初来安値 949.51 (17/01/04)


マザーズ指数は3日続伸、好地合いで循環物色の流れ、REMIXがストップ高[FISCO] #klugfxnews_379736

配信日時 2017年7月11日(火)17:03:07 掲載日時 2017年7月11日(火)17:13:07

 本日のマザーズ市場では、引き続き米6月雇用統計を受けた相場全体の良好な地合いが追い風となった。主力株は高安まちまちで、前日上昇の目立った銘柄では利益確定の動きも見られたが、個別材料が観測された銘柄を中心に循環物色の流れが向かった。

なお、マザーズ指数は3日続伸、売買代金は概算で1302.70億円。騰落数は、値上がり144銘柄、値下がり87銘柄、変わらず9銘柄となった。 

個別では、アンジェス、メタップス、アスカネットなどが上昇し、ミクシィは小幅高となった。売買代金トップのREMIXは後場にストップ高水準まで買われた。子会社が中国本土の仮想通貨交換業へ本格参入すると発表している。がん治療の新検査法に関する特許が日本で成立したMDNTもストップ高水準で取引を終えた。また、パスは短期資金を巻き込んで連日の大幅高となった。

一方、インフォテリ、ドリコム、SOSEIなどが下落し、ソレイジアも小幅に下げた。また、前日ストップ高となったBSやASJが急反落し、マザーズ下落率上位に顔を出した。



東証REIT指数

現在値 1,648.50↓ (17/07/11 15:00)
前日比 -5.14 (-0.31%)
始値 1,655.73 (09:00) 前日終値 1,653.64 (17/07/10)
高値 1,656.17 (09:02) 年初来高値 1,868.86 (17/01/06)
安値 1,647.64 (10:29) 年初来安値 1,649.82 (17/07/05)


日経平均VI

現在値 13.30↓ (17/07/11 15:20)
前日比 -1.12 (-7.77%)
始値 14.54 (09:00) 前日終値 14.42 (17/07/10)
高値 14.56 (09:02) 年初来高値 24.33 (17/04/13)
安値 13.26 (12:42) 年初来安値 12.96 (17/06/09)


東証2部指数

現在値 6,185.72↓ (17/07/11 15:00)
前日比 +5.89 (+0.10%)
始値 6,177.70 (09:00) 前日終値 6,179.83 (17/07/10)
高値 6,193.36 (10:22) 年初来高値 6,190.30 (17/07/04)
安値 6,173.65 (09:23) 年初来安値 5,230.62 (17/01/18)


日経平均先物

現在値 20,050.00↓ (17/07/11 05:30)
前日比 -50.00 (-0.25%)
高値 20,120.00 (16:33) 始値 20,100.00 (16:30)
安値 20,050.00 (05:30) 前日終値 20,100.00 (17/07/10)


TOPIX先物

現在値 1,613.00↓ (17/07/11 05:30)
前日比 -3.50 (-0.22%)
高値 1,619.50 (19:34) 始値 1,617.50 (16:30)
安値 1,613.00 (05:24) 前日終値 1,616.50 (17/07/10)


JPX日経400先物

現在値 14,380.00↑ (17/07/11 05:30)
前日比 -20.00 (-0.14%)
高値 14,420.00 (19:34) 始値 14,405.00 (16:30)
安値 14,365.00 (05:14) 前日終値 14,400.00 (17/07/10)


東証マザーズ指数先物

現在値 1,157.00↓ (17/07/11 05:30)
前日比 -2.00 (-0.17%)
高値 1,159.00 (17:01) 始値 1,157.00 (16:30)
安値 1,157.00 (16:30) 前日終値 1,159.00 (17/07/10)


NYダウ先物 円建

現在値 21,316.00↓ (17/07/11 04:57)
前日比 -19.00 (-0.09%)
高値 21,335.00 (01:06) 始値 21,331.00 (16:30)
安値 21,279.00 (22:16) 前日終値 21,335.00 (17/07/10)


CME日経平均先物 円建

現在値 20,055.00 (17/07/10 17:07 CST)
前日比 0.00 (0.00%)
高値 20,055.00 始値 20,050.00
安値 20,050.00 前日終値 20,055.00 (17/07/10)

SGX日経平均先物

現在値 20,040.00↓ (17/07/11 04:44 SGT)
前日比 -55.00 (-0.27%)
高値 20,120.00 始値 20,095.00
安値 20,040.00 前日終値 20,095.00 (17/07/10)


長期国債先物

現在値 149.810↑ (17/07/11 05:30)
前日比 +0.040 (+0.03%)
高値 149.820 (20:36) 始値 149.760 (15:30)
安値 149.750 (15:35) 前日終値 149.770 (17/07/10)


11日の日本国債市場概況:債券先物は149円78銭で終了[FISCO] #klugfxnews_379760

配信日時 2017年7月11日(火)18:31:28 掲載日時 2017年7月11日(火)18:41:28

<円債市場>

長期国債先物2017年9月限

寄付149円76銭
高値149円85銭
安値149円74銭
引け149円78銭
売買高総計22577枚

2年 378回 -0.105%
5年 132回 -0.040%
10年 347回  0.090%
20年 161回  0.640%

債券先物9月限は、149円77銭で取引を開始。売りが先行して149円74銭まで下落した後、財務省が実施した5年債入札が堅調だったことで買いが優勢になり149円85銭まで上げた。その後は円安進行、株高を受けて売りが再燃した。現物の取引では、2年債と5年債が買われ、10年債と20年債が売られた。

<米国債概況>2年債は1.39%、10年債は2.39%、30年債は2.94%近辺で推移。債券利回りは上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>ドイツ国債は0.56%、英国債は1.29%で推移、オーストラリア10年債は2.75%、NZ10年債は3.01%。(気配値)



日本国債3年

年利回り -0.062 (17/07/11 02:05)
前日比 +0.004


日本国債5年

年利回り -0.031 (17/07/11 02:05)
前日比 -0.001


日本国債10年

年利回り 0.092 (17/07/11 02:05)
前日比 -0.002


中国 上海総合指数 アジア株価 リアルタイムチャート


11日の中国本土市場概況:上海総合0.3%安と続落、創業板指数は1.1%下落[FISCO] #klugfxnews_379737

配信日時 2017年7月11日(火)17:05:53 掲載日時 2017年7月11日(火)17:15:53

11日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比9.59ポイント(0.30%)安の3203.04ポイントと続落した。上海A株指数も下落し、10.01ポイント(0.30%)安の3354.52ポイントで取引を終えている。

創業板指数の大幅続落が重し。個人投資家が好むとされる創業板指数はこの日、中盤から下げ幅を広げ1.1%安で引けている。証券当局はこのところ新規株式公開(IPO)認可ペースを抑制しているものの、先週末の7日に1社、店頭市場に相当する「全国中小企業株式譲渡システム(通称:新三板)」から深セン創業板への指定替え上場を認可した。ゲーム開発の上海緑岸網絡科技が創業板に上場する。需給悪化の警戒感が強まった。

業種別では、資源・素材株が安い。洛陽モリブデン(603993/SH)が6.5%、北方稀土集団(600111/SH) が3.4%ずつ下落している。商品市況高を材料に直近で買いが目立っていたため、利食い売りに押された。ゼネコンや建機にインフラ関連株、不動産株、エネルギー関連株などもさえない。ただ、下値は限定的。中国工商銀行(601398/SH)が現金配当の権利落ちを迎えたことをきっかけに、配当利回りが安定している大型株に買いが入った。上海50A指数(上海市場の代表的な50銘柄で構成される)採用銘柄の上げが目立っている。中国人寿保険(601628/SH)が4.7%高、招商銀行(600036/SH)が3.5%高、貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が1.9%高、上海汽車集団(600104/SH)が1.5%高で引けた。一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が2.13ポイント(0.65%)安の327.95ポイント、深センB株指数が4.71ポイント(0.41%)高の1162.21ポイントで終了した。



上海総合指数 中国
▼0.30%
3,203.04
H:3,226.91
L:3,199.22
-9.59
07/11

CSI300指数 中国
0.47%
3,670.81
H:3,701.21
L:3,645.99
17.12
16:01

上海B株 中国
▼0.65%
327.95
H:330.62
L:327.72
-2.13
07/11

深センB株 中国
▲0.41%
1,162.21
H:1,165.18
L:1,157.24
+4.71
07/11

上海A株 中国
▼0.30%
3,354.52
H:3,379.55
L:3,350.47
-10.01
07/11

深センA株 中国
▼0.73%
1,978.30
H:1,996.57
L:1,978.30
-14.49
07/11


11日の香港市場概況:ハンセン1.5%高と続伸、本土系金融株に買い[FISCO] #klugfxnews_379758

配信日時 2017年7月11日(火)18:13:12 掲載日時 2017年7月11日(火)18:23:12

11日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比377.58ポイント(1.48%)高の25877.64ポイントと続伸し、本土企業株で構成されるH株指数が201.62ポイント(1.97%)高の10416.20ポイントと4日ぶりに反発した。売買代金は880億2100万香港ドルにやや拡大している(10日の売買代金は801億8600万香港ドル)。

中国の政策期待で投資家心理が上向く。広東、香港、マカオの経済連携などを強化するベイエリア構想「粤港澳大湾区」について、初歩的な発展計画が完成したと報じられた。同計画を通じ、「数兆元規模」のインフラ投資が始動するとみられている。本土からの資金流入も追い風。上海・香港間の「相互乗り入れ」(両株式市場の相互取引開放)を通じた取引で、前日まで11営業日連続で香港株が買い越された。買い越し金額も前日は急増している。

ハンセン指数の構成銘柄では、時価総額上位の本土系金融株がしっかり。中国建設銀行(939/HK)が4.0%高、中国工商銀行(1398/HK)が3.1%高、中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が2.7%高で引けた。このほか、昨夜の米株市場でIT・ハイテク関連株が買われた流れを継ぎ、スマートフォン向けなど小型電子部品メーカーの瑞声科技HD(AACテクノロジーズ:2018/HK)が3.3%高、インターネットサービス中国最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が2.5%高と値を上げている。民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)も7.5%高と上昇が目立つ。「今年中間期の増益率は前年同期比で100%を超える」との見通しを発表したことが手がかりだ。

そのほかにも、個別に材料の出た銘柄群が賑わう。取引再開の融創中国HD(SUNACチャイナ・ホールディングス:1918/HK)が13.6%高と急騰した。中国民営コングロマリットの大連万達集団が10日、融創中国に対し、ホテルやテーマパークなど観光資産を約630億人民元(約1兆円)で譲渡すると発表したことが刺激材料。融創中国は10日、株式売買を一時停止していた。百貨店チェーン中国大手の百盛商業集団(パークソン・リテール:3368/HK)は7.7%高。買収観測が浮上する。主要株主による保有株買い増しが材料視された。

本土市場は小幅に続落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.30%安の3203.04ポイントで取引を終えた。資源・素材株の下げが目立っている。半面、時価総額上位の金融株や自動車株、消費関連株などは物色された。



HangSeng 香港
▲1.48%
25,877.64
H:25,941.47
L:25,596.21
+377.58
17:00

H株指数 香港
▲1.97%
10,416.20
H:10,463.30
L:10,244.37
+201.62
07/11

レッドチップ指数 香港
▲1.30%
4,007.14
H:4,011.10
L:3,962.22
+51.59
07/11

AORD オーストラリア
▲0.08%
5,728.93
H:5,744.50
L:5,700.70
+4.49
16:34

KOSPI 韓国
▲0.58%
2,396.00
H:2,396.46
L:2,382.69
+13.90
15:32

STI シンガポール
▼0.85%
3,218.80
H:3,249.49
L:3,212.89
-27.55
18:10

加権 台湾
▲1.22%
10,415.57
H:10,415.57
L:10,313.08
+125.66
14:31

KLSE マレーシア
▼0.12%
1,755.03
H:1,758.27
L:1,752.74
-2.10
07/11

PSEi フィリピン
▲0.26%
7,858.14
H:7,863.66
L:7,844.63
+20.67
07/11

JKSE インドネシア
▲0.03%
5,773.33
H:5,784.08
L:5,765.36
+1.82
18:12

VN ベトナム
▲0.37%
769.36
H:769.36
L:761.57
+2.80
07/11

SET タイ
▼0.01%
1,569.24
H:1,572.02
L:1,564.75
-0.20
07/11

Sensex インド
▲0.10%
31,747.09
H:31,885.11
L:31,718.48
+31.45
07/11

Nifty インド
▲0.15%
9,786.05
H:9,830.05
L:9,778.85
+15.00
07/11
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7/12 門別 大井・JDD(JpnI... | トップ | 安倍晋三は金正恩と「ホット... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む