公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

8/31 向日町記念初日 コンドルヒント付

2017-09-01 22:49:18 | 競輪
第1R S級一予選  10:50 

1 1 神田  龍 105 三重 8/31 一予選 2着
2 2 幸田 光博 67 栃木
3 3 真船圭一郎 94 福島 8/31 一予選 4着

4 4 稲吉 悠大 92 福岡
4 5 加藤 寛治 83 愛知
5 6 國武 耕二 66 佐賀
5 7 三浦 稔希 76 愛知 8/31 一予選 3着
6 8 古川 尚耶 92 栃木
6 9 大森 慶一 88 北海 8/31 一予選 1着

1 9 大森 慶一 35 北海道 88 S2 11.6 差し
2 1 神田 龍 28 三 重 105 S2 1/2車輪 11.3 捲り
3 7 三浦 稔希 41 愛 知 76 S2 1 車輪 11.3
4 3 真船 圭一郎 29 福 島 94 S2 1/4車輪 11.8 HB
5 5 加藤 寛治 39 愛 知 83 S2 3/4車身 11.2
6 8 古川 尚耶 32 栃 木 92 S2 1 車輪 11.5
7 2 幸田 光博 46 栃 木 67 S2 2 車身 11.4
8 4 稲吉 悠大 30 福 岡 92 S2 3 車身 12.1
 6 國武 耕二 47 佐 賀 66 S2 失格 内側追い抜き

■ 払戻金
2枠複 1=6 940円 (3)
2枠単 6-1 2,680円 (11)
2車複 1=9 1,130円 (4)
2車単 9-1 2,780円 (10)
3連複 1=7=9 1,150円 (5)
3連単 9-1-7 8,810円 (28)
ワイド
1=9 320円 (3)
7=9 380円 (5)
1=7 250円 (2)


第2R S級一予選  11:15 

1 1 佐々木雄一 83 福島 8/31 一予選 4着
2 2 工藤 文彦 97 岡山
3 3 本多 哲也 97 千葉
4 4 真田  晃 86 兵庫
4 5 植木 和広 98 神奈
5 6 酒井 拳蔵 109 大阪 8/31 一予選 2着
5 7 古城 英之 78 広島 8/31 一予選 3着

6 8 蓮井 祐輝 93 香川
6 9 佐藤 一伸 94 福島 8/31 一予選 1着

1 9 佐藤 一伸 30 福 島 94 S2 11.4 捲り
2 6 酒井 拳蔵 21 大 阪 109 S2 3/4車身 11.3 捲り
3 7 古城 英之 41 広 島 78 S2 微差 11.5
4 1 佐々木 雄一 37 福 島 83 S2 1/8車輪 11.4
5 4 真田 晃 38 兵 庫 86 S2 1/2車身 11.2
6 2 工藤 文彦 34 岡 山 97 S2 1/2車輪 11.7 HB
7 8 蓮井 祐輝 34 香 川 93 S2 1/2車輪 11.6
8 3 本多 哲也 29 千 葉 97 S2 3/4車身 11.4
9 5 植木 和広 37 神奈川 98 S2 6 車身 11.8

■ 払戻金
2枠複 5=6 1,430円 (7)
2枠単 6-5 3,400円 (13)
2車複 6=9 4,710円 (14)
2車単 9-6 10,090円 (28)
3連複 6=7=9 19,230円 (49)
3連単 9-6-7 124,650円 (242)
ワイド
6=9 1,310円 (16)
7=9 790円 (10)
6=7 1,720円 (21)


第3R S級一予選  11:40 

1 1 高間 悠平 95 福井
2 2 五十嵐 力 87 神奈 8/31 一予選 2着
3 3 藤田 竜矢 88 埼玉 8/31 一予選 3着

4 4 横関 裕樹 99 岐阜
4 5 小笹 隼人 105 京都 8/31 一予選 1着
5 6 和泉田喜一 59 千葉 8/31 一予選 4着

5 7 一戸 康宏 101 埼玉
6 8 吉田 茂生 98 岐阜
6 9 新田 康仁 74 静岡

1 5 小笹 隼人 27 京 都 105 S2 12.4 逃げ HB
2 2 五十嵐 力 38 神奈川 87 S1 タイヤ差 12.0 差し
3 3 藤田 竜矢 37 埼 玉 88 S2 3/4車身 12.1
4 6 和泉田 喜一 49 千 葉 59 S2 1/4車輪 11.9
5 9 新田 康仁 43 静 岡 74 S1 微差 12.0
6 1 高間 悠平 29 福 井 95 S2 1/4車輪 12.3
7 8 吉田 茂生 27 岐 阜 98 S2 3/4車輪 12.1
8 7 一戸 康宏 30 埼 玉 101 S2 1 車身 12.4
9 4 横関 裕樹 29 岐 阜 99 S2 1/4車輪 12.1

■ 払戻金
2枠複 2=4 1,310円 (4)
2枠単 4-2 2,810円 (13)
2車複 2=5 1,910円 (8)
2車単 5-2 4,300円 (16)
3連複 2=3=5 4,200円 (18)
3連単 5-2-3 31,020円 (99)
ワイド
2=5 670円 (9)
3=5 1,080円 (17)
2=3 430円 (3)


第4R S級一予選  12:05 

1 1 野田 源一 81 福岡 8/31 一予選 3着
2 2 小林 圭介 83 茨城
3 3 成松 春樹 93 佐賀
4 4 阿部 秀樹 89 青森 8/31 一予選 2着
4 5 金子 哲大 95 埼玉
5 6 竹澤 浩司 90 富山 8/31 一予選 4着
5 7 竹村 勇祐 96 秋田 8/31 一予選 1着

6 8 西村  豊 84 三重
6 9 馬場  勇 92 熊本

1 7 竹村 勇祐 27 秋 田 96 S2 11.7 捲り B
2 4 阿部 秀樹 37 青 森 89 S2 微差 11.5 マーク
3 1 野田 源一 38 福 岡 81 S2 1/2車身 11.4
4 6 竹澤 浩司 36 富 山 90 S2 1車身1/2 11.4
5 2 小林 圭介 41 茨 城 83 S2 2 車身 11.9
6 8 西村 豊 37 三 重 84 S2 3/4車身 11.5
7 9 馬場 勇 35 熊 本 92 S2 3/4車身 11.8
8 3 成松 春樹 31 佐 賀 93 S2 3 車身 12.2
9 5 金子 哲大 28 埼 玉 95 S1 1 車身 12.6 H

■ 払戻金
2枠複 4=5 380円 (1)
2枠単 5-4 740円 (2)
2車複 4=7 780円 (2)
2車単 7-4 1,050円 (2)
3連複 1=4=7 1,840円 (5)
3連単 7-4-1 5,080円 (7)
ワイド
4=7 390円 (2)
1=7 570円 (7)
1=4 1,230円 (20)


第5R S級一予選  12:35 

1 1 筒井 裕哉 89 兵庫 8/31 一予選 1着
2 2 服部 克久 90 熊本
3 3 北浦 和人 105 神奈
4 4 山内 大作 75 静岡
4 5 山田 庸平 94 佐賀 8/31 一予選 2着
5 6 高木 和仁 76 福岡
5 7 窓場千加頼 100 京都 8/31 一予選 4着
6 8 木本 賢二 69 大阪
6 9 太刀川一成 100 千葉 8/31 一予選 3着

1 1 筒井 裕哉 36 兵 庫 89 S1 11.8 差し
2 5 山田 庸平 29 佐 賀 94 S1 1/4車輪 11.3 捲り
3 9 太刀川 一成 37 千 葉 100 S2 1/2車輪 11.6
4 7 窓場 千加頼 25 京 都 100 S2 タイヤ差 12.1 HB
5 2 服部 克久 36 熊 本 90 S1 1/8車輪 11.2
6 3 北浦 和人 34 神奈川 105 S2 1 車輪 11.5
7 8 木本 賢二 45 大 阪 69 S2 3/4車輪 11.8
8 6 高木 和仁 43 福 岡 76 S2 3/4車身 11.3
9 4 山内 大作 41 静 岡 75 S2 3/4車身 11.6

■ 払戻金
2枠複 1=4 1,070円 (5)
2枠単 1-4 1,340円 (6)
2車複 1=5 1,090円 (4)
2車単 1-5 1,830円 (6)
3連複 1=5=9 4,960円 (19)
3連単 1-5-9 18,530円 (56)
ワイド
1=5 480円 (4)
1=9 820円 (14)
5=9 1,000円 (17)


第6R S級一予選  13:05 

1 1 鈴木謙太郎 90 茨城 8/31 一予選 3着
2 2 谷口 遼平 103 三重 8/31 一予選 2着
3 3 中井 勇介 100 大阪 8/31 一予選 4着

4 4 赤井  学 77 千葉
4 5 鷲田 佳史 88 福井 8/31 一予選 1着
5 6 高瀬  卓 87 埼玉
5 7 伊藤 健詞 68 石川
6 8 三ッ井 武 96 神奈
6 9 浦川 尊明 80 茨城

1 5 鷲田 佳史 34 福 井 88 S2 11.2 差し
2 2 谷口 遼平 23 三 重 103 S2 1/2車輪 11.5 差し H
3 1 鈴木 謙太郎 32 茨 城 90 S2 1/2車身 11.7 B
4 3 中井 勇介 35 大 阪 100 S2 1車身1/2 11.3
5 8 三ッ井 武 32 神奈川 96 S2 3/4車身 11.3
6 4 赤井 学 43 千 葉 77 S2 3 車身 11.4
7 7 伊藤 健詞 47 石 川 68 S2 1 車身 11.9
8 6 高瀬 卓 38 埼 玉 87 S2 1 車身 11.8
9 9 浦川 尊明 41 茨 城 80 S1 3/4車身 12.2

■ 払戻金
2枠複 2=4 1,730円 (8)
2枠単 4-2 3,240円 (15)
2車複 2=5 1,750円 (7)
2車単 5-2 3,310円 (13)
3連複 1=2=5 1,330円 (4)
3連単 5-2-1 12,720円 (46)
ワイド
2=5 520円 (7)
1=5 230円 (2)
1=2 480円 (5)


第7R S級一予選  13:35 

1 1 三上 佳孝 88 千葉 8/31 一予選 3着
2 2 岩本 和也 76 石川
3 3 坂本健太郎 86 福岡 8/31 一予選 1着
4 4 松尾 大樹 87 長崎 8/31 一予選 4着

4 5 川口 聖二 103 岐阜
5 6 川上 真吾 98 東京
5 7 松本 大地 81 熊本 8/31 一予選 2着
6 8 松根  真 90 東京
6 9 松永 晃典 76 静岡

1 3 坂本 健太郎 37 福 岡 86 S2 11.7 捲り B
2 7 松本 大地 40 熊 本 81 S2 3/4車身 11.7 マーク
3 1 三上 佳孝 35 千 葉 88 S2 3/4車輪 11.4
4 4 松尾 大樹 36 長 崎 87 S2 1/2車身 11.6
5 9 松永 晃典 42 静 岡 76 S2 1/4車輪 11.3
6 5 川口 聖二 23 岐 阜 103 S2 1/8車輪 11.5 H
7 2 岩本 和也 42 石 川 76 S1 3/4車輪 11.5
8 6 川上 真吾 31 東 京 98 S2 1 車身 11.3
9 8 松根 真 36 東 京 90 S2 3/4車身 11.3

■ 払戻金
2枠複 3=5 720円 (3)
2枠単 3-5 1,140円 (4)
2車複 3=7 800円 (3)
2車単 3-7 1,090円 (5)
3連複 1=3=7 3,340円 (9)
3連単 3-7-1 7,720円 (24)
ワイド
3=7 360円 (4)
1=3 910円 (9)
1=7 980円 (11)


第8R S級一予選  14:10 

1 1 川村 晃司 85 京都 8/31 一予選 1着
2 2 梶應 弘樹 57 愛媛
3 3 安部 達也 83 埼玉 8/31 一予選 2着
4 4 大矢 崇弘 107 東京 8/31 一予選 4着
4 5 石塚輪太郎 105 和歌 8/31 一予選 3着

5 6 堀  政美 65 茨城
5 7 中澤 央治 59 大阪
6 8 大崎飛雄馬 88 愛媛
6 9 大西  祐 91 香川

1 1 川村 晃司 41 京 都 85 S1 12.1 差し
2 3 安部 達也 39 埼 玉 83 S2 1/4車輪 11.6 差し
3 5 石塚 輪太郎 23 和歌山 105 S2 1/2車身 12.4 H
4 4 大矢 崇弘 26 東 京 107 S2 3/4車身 11.9
5 2 梶應 弘樹 51 愛 媛 57 S2 1/2車輪 12.0
6 9 大西 祐 30 香 川 91 S2 1 車輪 12.7 B
7 7 中澤 央治 50 大 阪 59 S2 1/4車輪 12.2
8 8 大崎 飛雄馬 39 愛 媛 88 S2 3/4車身 12.0
9 6 堀 政美 48 茨 城 65 S2 微差 11.7

■ 払戻金
2枠複 1=3 2,080円 (8)
2枠単 1-3 2,560円 (9)
2車複 1=3 1,860円 (6)
2車単 1-3 2,330円 (8)
3連複 1=3=5 1,160円 (3)
3連単 1-3-5 6,970円 (17)
ワイド
1=3 520円 (6)
1=5 160円 (1)
3=5 830円 (11)


第9R S級一予選  14:45 

1 1 富  弥昭 76 山口 8/31 一予選 2着
2 2 池田 智毅 68 和歌
3 3 竹山 陵太 91 宮城 8/31 一予選 4着
4 4 内藤  敦 80 岡山 8/31 一予選 3着

4 5 須藤  悟 99 千葉
5 6 武田 和也 92 奈良
5 7 太田 竜馬 109 徳島 8/31 一予選 1着
6 8 高橋 紀史 91 秋田
6 9 吉川  誠 86 神奈

1 7 太田 竜馬 21 徳 島 109 S2 11.8 逃げ HB
2 1 富 弥昭 45 山 口 76 S2 1 車身 11.8 マーク
3 4 内藤 敦 41 岡 山 80 S2 1/4車輪 11.7
4 3 竹山 陵太 32 宮 城 91 S2 1/2車輪 11.4
5 2 池田 智毅 47 和歌山 68 S2 1 車身 11.6
6 6 武田 和也 29 奈 良 92 S2 1/8車輪 11.7
7 8 高橋 紀史 30 秋 田 91 S2 1/4車輪 11.5
8 9 吉川 誠 36 神奈川 86 S2 大差 11.8
9 5 須藤 悟 28 千 葉 99 S2 9 車身 12.5

■ 払戻金
2枠複 1=5 240円 (1)
2枠単 5-1 270円 (1)
2車複 1=7 220円 (1)
2車単 7-1 260円 (1)
3連複 1=4=7 600円 (1)
3連単 7-1-4 780円 (1)
ワイド
1=7 160円 (1)
4=7 460円 (6)
1=4 520円 (7)


第10R S級初特選  15:20 

1 1 三谷 竜生 101 奈良 8/31 初特選 9着
2 2 吉田 敏洋 85 愛知 8/31 初特選 3着
3 3 伊勢崎彰大 81 千葉 8/31 初特選 1着

4 4 三宅 達也 79 岡山 8/31 初特選 8着
4 5 石井 秀治 86 千葉 8/31 初特選 4着
5 6 内藤 宣彦 67 秋田 8/31 初特選 2着
5 7 村上 博幸 86 京都 8/31 初特選 6着
6 8 柴崎 俊光 91 三重 8/31 初特選 7着
6 9 池田 憲昭 90 香川 8/31 初特選 5着


1 3 伊勢崎 彰大 38 千 葉 81 S1 12.1 差し
2 6 内藤 宣彦 46 秋 田 67 S1 1/2車身 12.0 マーク
3 2 吉田 敏洋 37 愛 知 85 S1 1/2車輪 12.0
4 5 石井 秀治 38 千 葉 86 S1 1/4車輪 12.3 HB
5 9 池田 憲昭 35 香 川 90 S1 1/8車輪 11.9
6 7 村上 博幸 38 京 都 86 S1 1/2車輪 12.0
7 8 柴崎 俊光 32 三 重 91 S1 3/4車身 12.0
8 4 三宅 達也 40 岡 山 79 S1 1/2車輪 11.8
9 1 三谷 竜生 29 奈 良 101 S1 6 車身 12.8

■ 払戻金
2枠複 3=5 750円 (3)
2枠単 3-5 1,330円 (5)
2車複 3=6 3,780円 (13)
2車単 3-6 4,140円 (15)
3連複 2=3=6 14,340円 (44)
3連単 3-6-2 38,660円 (111)
ワイド
3=6 950円 (13)
2=3 930円 (12)
2=6 5,880円 (35)


第11R S級初特選  15:55 

1 1 西岡 正一 84 和歌 8/31 初特選 5着
2 2 和田健太郎 87 千葉 8/31 初特選 6着
3 3 菊地 圭尚 89 北海 8/31 初特選 4着
4 4 清水 裕友 105 山口 8/31 初特選 9着
4 5 稲垣 裕之 86 京都 8/31 初特選 1着
5 6 林  巨人 91 愛知 8/31 初特選 7着
5 7 菅田 壱道 91 宮城 8/31 初特選 8着
6 8 近藤 隆司 90 千葉 8/31 初特選 2着
6 9 小倉 竜二 77 徳島 8/31 初特選 3着


1 5 稲垣 裕之 40 京 都 86 SS 12.0 捲り
2 8 近藤 隆司 33 千 葉 90 S1 3/4車身 12.0 捲り
3 9 小倉 竜二 41 徳 島 77 S1 3/4車輪 12.1
4 3 菊地 圭尚 37 北海道 89 S1 1 車輪 11.8
5 1 西岡 正一 40 和歌山 84 S1 1/2車身 12.1
6 2 和田 健太郎 36 千 葉 87 S1 1/2車輪 11.7
7 6 林 巨人 34 愛 知 91 S1 1 車輪 12.1
8 7 菅田 壱道 31 宮 城 91 S1 1/2車身 12.2
9 4 清水 裕友 22 山 口 105 S1 大差 13.3 HB

■ 払戻金
2枠複 4=6 310円 (1)
2枠単 4-6 540円 (2)
2車複 5=8 3,060円 (13)
2車単 5-8 4,030円 (16)
3連複 5=8=9 4,040円 (16)
3連単 5-8-9 21,940円 (75)
ワイド
5=8 950円 (19)
5=9 200円 (1)
8=9 930円 (16)


第12R S級初特選  16:35 

1 1 村上 義弘 73 京都 8/31 初特選 3着
2 2 小野 大介 91 福島 8/31 初特選 6着
3 3 高橋 大作 83 東京 8/31 初特選 8着
4 4 鈴木 竜士 107 茨城 8/31 初特選 7着
4 5 香川 雄介 76 香川 8/31 初特選 2着
5 6 柳詰 正宏 97 福岡 8/31 初特選 4着
5 7 中井 俊亮 103 奈良 8/31 初特選 9着
6 8 山田 義彦 92 埼玉 8/31 初特選 5着
6 9 永澤  剛 91 青森 8/31 初特選 1着


1 9 永澤 剛 32 青 森 91 S1 11.3 捲り
2 5 香川 雄介 43 香 川 76 S1 1/4車輪 11.6 差し
3 1 村上 義弘 43 京 都 73 SS 1/2車輪 11.8 B
4 6 柳詰 正宏 30 福 岡 97 S1 1 車身 11.6
5 8 山田 義彦 31 埼 玉 92 S1 4 車身 12.1
6 2 小野 大介 33 福 島 91 S1 4 車身 12.0
7 4 鈴木 竜士 23 茨 城 107 S1 3 車身 12.9 H
8 3 高橋 大作 42 東 京 83 S1 4 車身 12.2
9 7 中井 俊亮 24 奈 良 103 S1 1 車身 12.8

■ 払戻金
2枠複 4=6 1,090円 (4)
2枠単 6-4 2,070円 (8)
2車複 5=9 3,860円 (12)
2車単 9-5 7,100円 (19)
3連複 1=5=9 600円 (2)
3連単 9-5-1 18,870円 (50)
ワイド
5=9 380円 (4)
1=9 290円 (2)
1=5 150円 (1)



平成29年8月30日

小田原記念の決勝は107期の山岸佳太が逃げ切りVで、競輪祭の特選シードをゲット。2着に入った渡部哲男も出走権を得たけど、人気してた渡邉一成がアッサリ飛んでは、オールスターVは何だったのかと、信じたファンの競輪離れは心配。

初日特選で、レースには全く関係ないイエローラインをオーバーした吉澤純平の1着を、失格でダメにしたのと、

番組の勉強不足で地元が一人も準決勝に乗らなかった事で53億強しか売れず、目標を5億も下回ったのはJKAの責任では。

危険行為でないならファンの事を考えて見過ごす勇気も必要なのでは、だって観てたファンは誰一人として気付いてないし、後で審議テープを見せても「これで?」が感想。

ファンは逃げ出すでしょう。青森FIでも坂本周輝が流れの中でイエローラインを2秒ちょいオーバーで無情にも失格。若い芽を摘んでどうするんですか。

ファンあっての競輪と唱えてるならファンのために何をやったら良いか判断出来る人材を長に置くべき。
私個人としては、下痢が止まらないので正露丸を飲んでみる事にしました。

向日町記念の売り上げ目標は55億との事ですが、メンバー的には厳しいかと。それに広島FIが2日間裏開催でやるのは大打撃。
初日の狙いを少々、
1R真船圭一郎。
2R佐々木雄一。
3R埼玉コンビ。
4R竹村勇祐。
5R北浦和人の2・3着。
6R鈴木謙太郎から筋違い。
7・8Rは本命。
9Rは太田竜馬から自力型吉川誠。
10・11・12Rは地元スターを応援します。



「番組の勉強不足で地元が一人も準決勝に乗らなかった事で53億強しか売れず」


何を考えているのか?


「選手の練習不足(及び気合不足)で地元が一人も準決勝に乗らなかった事で53億強しか売れず」


に訂正しなさ~い!


「人気してた渡邉一成がアッサリ飛んでは、オールスターVは何だったのか」


渡邉は最近、ほとんど自力を使っていなかったのに、小田原記念では全てのレースで自力勝負させられた。さすがにこれでは4日間は持たないよ。


平安賞 初日  

全レース成績


この記事をはてなブックマークに追加

民主党・民進党叩きの急先鋒のくせしてよく言うぜ!産経新聞!

2017-09-01 22:48:48 | その他
民主党 → 民進党に都合が悪いニュースが出ると、すかさず叩きまくっている産経新聞。

そんな産経が笑止千万なことをぬかしてるぜ。


産経が朝日、毎日、東京を「安倍叩きのためならどんなことでも」と攻撃! 安倍擁護でフェイク垂れ流し新聞がどの口で…(リテラ 赤かぶ

2017.08.30 産経が朝毎東京の安倍叩きを攻撃 リテラ

 北朝鮮のミサイル発射でほくそ笑んでいるのは安倍首相だけではない。ネトウヨ機関誌・産経新聞も弾道ミサイル発射に大フィーバー。脅威を煽る一方で、ネット版では金子勝・慶應義塾大学教授の〈北朝鮮も怖いが、『戦時放送』を流す安倍政権も怖い〉というツイートを紹介し、「警報がなくて大事に至ったらそれはそれで批判するのでは?」「平和は空から降ってこない」などというネット上のコメントを掲載している。

 このように、もはや産経がネトウヨまとめサイト同然であることは周知の通りだが、そんな産経が、先日26日のコラム「産経抄」でとんでもないことを言い出し、失笑を買っているのをご存じだろうか。

 まず、この日の産経抄では、作家・門田隆将氏が毎日新聞や朝日新聞の記者から「いま、社内は安倍(晋三首相)を叩くためなら、どんなことでもするという空気になっている」と聞かされた、という話からはじまり、コラム執筆者もこう証言する。

〈実は小欄もかつて知人の東京新聞記者から、こんな打ち明け話を聞いたことがある。「上司に『安倍なんか取材しなくていいから、とにかくたたけ』と号令された」。同僚記者も、別の東京新聞記者から同趣旨のことを聞いている〉

 朝日と毎日が「どんなことでもするという空気」になっていると言うなら、どうして森友学園の音声テープ問題や加計学園の設計図問題をもっと大々的に追及しないのか、まったく不思議で仕方がない。しかし、産経抄はこれこそが〈新聞業界の「不都合な真実」〉などと述べ、こんなことを言い出すのだ。

〈事実をありのままに伝えることよりも、自分たちの主義・主張や好みを広めることに熱心な習性があるのは否めない。「権力の監視」を隠れみのにしつつ、時に暴走を始める〉

 いやいや、〈自分たちの主義・主張や好みを広めることに熱心な習性〉って、それはおたくのお家芸では……。自虐ギャグとしか思えないが、最後には〈自制心と自浄作用を失ったマスコミ権力は誰が監視するのか〉とまで述べており、どうやら本気で書いているらしい。

■安倍擁護のために産経が垂れ流したフェイクニュース総まくり

「どの口が言うのか」とはこのことだろう。「安倍政権を大応援」または「歴史修正」、はたまた「嫌韓反中」という〈自分たちの主義・主張や好み〉をごり押しするばかりか、そのために〈事実をありのままに伝える〉こともせず、挙げ句にはデマまで拡散してきたのは、当の産経だからだ。

 近年の事例だけを振り返っても、主義・主張のために振りまいたデマは山ほどある。

 その最たる例が、2ちゃんねるの書き込みをもとに北朝鮮のミサイル発射のデマを予告した一件だ。

 今年5月14日、産経のネット版が「北朝鮮のラジオ放送の暗号を2ちゃんねらーが解読? 『14日午前5時56分、発射予定時刻かな』が的中」と題した記事を掲載。その匿名の書き込みに乗っかって“15日6時3分にもミサイル発射があるかも”と、北朝鮮危機を煽ったのだ。

 しかし、15日に北朝鮮が新たなミサイル発射をおこなったという情報はなく、記事は完全なデマ、流言飛語の拡散以外の何物でもなかった。というか、それ以前に産経が「的中」と報じている14日の発射時間も時間がずれており、全然「的中」ではなかった。

 この産経がもとにしたネットの書き込みは2ちゃんねるの「東アジアニュース速報+板」のスレッドにあったもの。「東アジアニュース速報+板」といえば、韓国や北朝鮮、中国の話題をひたすら集めたうえで、ニュースとは名ばかりの偽情報と差別言辞が飛び交うネット右翼の温床であり、「デマだらけ」「便所の書き込み」と言われる2ちゃんねるのなかでも“肥溜め中の肥溜め”と呼ぶべきネトウヨ隔離用の板だ。そんなものをネタ元に、「ニュース」のように報じていたのだ。

 また、森友問題では、辻元清美衆院議員が「塚本幼稚園に侵入した」「森友学園の小学校建設現場に作業員をスパイとして送り込んでいた」というネット上の流言飛語をそのまま「民進・辻元清美氏に新たな『3つの疑惑』 民進党『拡散やめて』メディアに忖度要求」というタイトルで記事化。これは籠池夫人、またスパイとされた作業員自身が否定し、まったくのデマだったことが確定しているが、産経は、記事において辻元議員が塚本幼稚園とはまったく別の場所にある森友学園の小学校建設予定地を視察している写真をわざわざ添え、あたかも塚本幼稚園に近づいているという印象操作までしていた。

 辻元議員をめぐっては、産経は東日本大震災直後の2011年3月16日にも「阪神淡路大震災の際に、被災地で反政府ビラをまいていた」などのネット上のデマを安倍御用記者・阿比留瑠比編集委員が記事にし、産経側が名誉毀損で全面的に敗訴している。にもかかわらず、またもデマを拡散したのだ。

■森友、加計問題で不正を擁護、前川前文科次官を攻撃した産経

 北朝鮮の脅威を煽りたい。反安倍政権の人物を攻撃したい。そうした〈自分たちの主義・主張や好み〉という欲望を剥き出しにした結果、こうして平然とデマを垂れ流してきたのが産経なのだ。

 いや、デマだけではない。産経は、朝日や毎日、東京新聞が「権力の監視」を隠れ蓑にし、事実を蔑ろにして反安倍という主義・主張を広めていると述べる。だが、現在の安倍政権批判が高まった要因には、森友・加計しかり、防衛省日報問題しかり、大臣の失言問題しかり、事実としての疑惑や不正が数々ある。

 一方、産経はといえば、たとえば加計問題については〈まるで泥仕合〉〈文書が存在したとして、首相およびその周辺から具体的指示があったかの証明とはならず、法律上の容疑が生じるわけでもない〉〈推進の指示があったとしても規制改革は政権の重要政策であり、不自然とはいえない〉(5月27日付)と、国民からあがる疑義にまったく取り合わない。

 その上、読売新聞が官邸リークに乗って記事にした前川喜平・前文部科学事務次官の出会い系バー通いを「義憤の顔は本物か」などとタイトルに掲げて嬉々として取り上げたかと思えば、特区ビジネスにもかかわっていた岸博幸氏のインタビューを掲載し、そこで岸氏は前川氏を名指しで「官僚のクズ」と罵倒。そして、「朝日新聞は前川ありき」「朝日は加戸守行前愛媛県知事らの発言をまたもや無視」などと、ネトウヨと一緒になって何のニュース性もない加戸氏の証言をメディアが取り上げないのはおかしいとバッシングしたのだ。

 このように、〈事実をありのままに伝えることよりも、自分たちの主義・主張や好みを広めることに熱心〉なのも、〈「権力の監視」を隠れみのにしつつ、時に暴走を始める〉のも、すべて産経に当てはまる批判だ。

 よくもまあこれで〈自制心と自浄作用を失ったマスコミ権力は誰が監視するのか〉などと憂えてみせたものだと呆れ果てるしかない。いちばん監視が必要なマスコミは、〈自制心と自浄作用を失った〉産経新聞だろう。

 そういう意味では、これからも本サイトは、率先して産経の監視役を引き受けていくつもりだ。バカの監視をするのは疲れるが、同紙が安倍政権と一体化している以上、「権力チェック」のためにも、産経報道が垂れ流すフェイク検証は不可欠だと考えるからだ。

(編集部)



権力を監視する媒体に監視が必要だなんて、前代未聞だぜ。

そんな媒体は必要なし!

産経新聞は、「安倍と共に去りぬ」であってもらいたいもの。

この記事をはてなブックマークに追加

トランプは安倍に北朝鮮のことではなく、ハービー被災地支援を依頼か

2017-09-01 22:48:16 | 安倍晋三関連記事
異例の2日連続会談 安倍首相とトランプ大統領に密約説 #日刊ゲンダイDIGITAL 2017年8月31日

 安倍首相は30日深夜、米トランプ大統領と約30分間、電話で会談した。安倍首相は会談後、記者団に「北朝鮮情勢について分析し、今後の対応を協議した。中身は話せないが、完全に認識が一致した」と語った。

 2人は29日にも北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて電話会談しており、北朝鮮問題で異例の2日連続の電話会談となった。

 会談では、北朝鮮問題よりも、米テキサス州を襲ったハリケーンについて話し合われたとみられている。実際、安倍首相は米南部テキサス州を襲った大型ハリケーン「ハービー」の被災地に緊急援助物資を送る用意があると伝えたと明らかにしている。

「ハービー」の直撃を受けたテキサス州では、インフラ設備や農作物などの被害総額は最大750億ドル(約8.3兆円)。水没した土地は東京都の約半分の面積に匹敵し、約3万人が230カ所に避難しており、約20万人が政府に経済的支援を求めている。さらに、米国で1位と2位の規模を誇る石油精製施設が閉鎖されている。これらの被害から立ち直るには数年はかかるという。


トランプは29日にテキサス州を訪問。9月2日には「ハービー」が再上陸したルイジアナ州も視察する予定。トランプにとって喫緊の課題は遠く離れた北朝鮮ではなく、自らの支持者が多い南部の洪水被災地対策だ。

 そのため、緊急援助物資を送るだけでなく、災害救助やインフラ再建に実績がある自衛隊の派遣も要求された可能性もある。2011年の東日本大震災の際は、米軍は「トモダチ作戦」として支援してくれた経緯もある。



この話が本当だろうな。

トランプは安倍に北朝鮮に関する対応なんて全く期待していないよ。

それよりも、災害支援で実績のある自衛隊の派遣を要請したんじゃないか。

この記事をはてなブックマークに追加

辺野古移設反対組織・「オール沖縄会議」にショーン・マクブライド平和賞を授与へ

2017-09-01 18:42:01 | その他
辺野古移設反対組織に平和賞授与 ドイツ国際団体、非暴力を評価 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

2017年8月31日 21:46

 ドイツの国際平和団体「国際平和ビューロー」(IPB、ベルリン)は、2017年のショーン・マクブライド平和賞を、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する政党や団体でつくる「オール沖縄会議」に授与すると決めた。IPBから連絡を受けた同会議関係者が31日明らかにした。

 IPB自体は、1910年にノーベル平和賞を受賞している。

 オール沖縄会議は、移設反対を掲げる翁長雄志知事の支援母体で15年12月に設立。授賞理由に「軍事化や米軍基地に反対する非暴力の取り組み」などを挙げた。

 授賞式は11月24日にスペイン・バルセロナで開催される。



安倍政権にある意味ショックを与える出来事かも。

もっとも、官邸の連中は、

「ノーベル平和賞じゃないから大した影響ないわ」

と高を括ってるかもしれないが。

この記事をはてなブックマークに追加

8億円値引きの根拠写真は不鮮明すぎる!

2017-09-01 18:41:33 | 森友学園問題
画像ソースは朝日新聞



8億円値引きの根拠写真、国交省が公開 森友学園問題(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000094-asahi-soci @YahooNewsTopics

8/31(木) 23:13配信

学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、国土交通省は、鑑定価格から地中ごみの撤去費として約8億2千万円を差し引く根拠とした現場写真を公開した。朝日新聞が8月22日に報じた写真と同じもので、野党側は「写真が不鮮明で根拠にならない」と批判している。

 写真は21枚。建設予定だった小学校の設計業者などが敷地内の8カ所を試掘して撮影し、昨年4月に大阪航空局にメールで送ったとされる。国側は「深さ3・8メートルまでごみがある」として積算した根拠だと国会で説明してきたが、「業者の同意が得られない」として公開を拒んでいた。

 朝日新聞の報道を受け、民進党が「国会答弁の根拠が崩れる」などとして国交省に公開を要求。国交省が8月30日の民進党の会合で「業者の同意が得られた」として公開した。積算の根拠については「写真だけでなく、職員による現地確認などを踏まえて総合的に判断した」と説明している。



確かに、よく分からん。

この記事をはてなブックマークに追加

8/31 欧米主要株式・為替・商品・債券 各指数

2017-09-01 14:34:02 | 政治経済問題
【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*ダウ30種平均 21948.10  +55.67   +0.25% 21985.76 21910.50   20   10
*ナスダック   6428.66  +60.35   +0.95%  6435.27  6383.58 1580  797
*S&P500      2471.65  +14.06   +0.57%  2475.01  2462.65  363  141
*SOX指数     1114.31  +10.62   +0.96%
*225先物     19680 大証比 -10   -0.05%

【 為替 】               前日比       高値    安値
*ドル・円     109.99   -0.25   -0.23%   110.67   109.88
*ユーロ・ドル   1.1905 +0.0021   +0.18%   1.1913   1.1823
*ユーロ・円    130.95   -0.06   -0.05%   131.58   130.71
*ドル指数      92.64   -0.24   -0.26%   93.35   92.61

【 債券 】           前日比       高値    安値
* 2年債利回り    1.33   +0.00      1.33    1.32
*10年債利回り    2.12   -0.01      2.15    2.12
*30年債利回り    2.73   -0.01      2.76    2.72
*日米金利差     2.11   -0.02

【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
*原油先物      47.23   +1.27   +2.76%   47.47   45.58
*金先物       1322.2   +8.10   +0.62%   1329.0   1302.3
*銅先物       310.0   +1.3   +0.42%   313.6   308.7
*CRB商品指数   180.86   +3.99   +2.25%   180.89   177.16

【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*英FT100     7430.62  +65.36   +0.89%  7443.68  7365.01   86   14
*独DAX     12055.84  +53.37   +0.44% 12115.55 12034.18   24   6
*仏CAC40     5085.59  +29.25   +0.58%  5104.78  5068.44   34   5



景気の先行きに楽観的でIT・ハイテク株への買い続く=米国株概況 #klugfxnews_388567

配信日時 2017年9月1日(金)05:37:00 掲載日時 2017年9月1日(金)05:47:00

NY株式31日(NY時間16:21)
ダウ平均   21948.10(+55.67 +0.25%)
S&P500    2471.61(+14.02 +0.57%)
ナスダック   6428.66(+60.36 +0.95%)
CME日経平均先物 19675(大証終比:-15 -0.08%)

 きょうのNY株式市場でダウ平均は3日続伸。この日発表になった個人所得・消費が底堅さを示していたことや、中国の景況感指標も予想を上回っていたことから、株式市場では景気の先行きに楽観的な見方が広がっている。

 世界的な景気に敏感なIT・ハイテク株への買い戻しが続いており相場を支援。一方できょうの指標はインフレの鈍化傾向を示しており、利上げ期待の後退も株式市場にとっては追い風のようだ。

 ダウ平均は一時2万2000ドル手前まで上昇するなど、再び最高値を目指しそうな気配も出ている。

 IT・ハイテク株以外ではエネルギー株や自動車株が堅調だったほか、ヘルスケアも買われている。反面、インフレ鈍化傾向から長期金利は下げており銀行株が軟調。

 自動車株はアナリストがハービーが在庫問題を解決した可能性があると指摘。テキサス州のディーラーに置かれていた乗用車やライトトラックが洪水で被害を受けた可能性が高く、自動車メーカーが他の地域の在庫を回すと指摘している。

 ダウ採用銘柄ではファイザーやユナイテッド・ヘルスが上昇しているほか、GE、デュポンも堅調。マイクロソフトやシスコも高い。一方、ディズニーが下落しているほか、JPモルガン、トラベラーズ、ウォルマートが軟調。

 ディズニーはABCテレビで最大10%のコスト削減を検討していると報じられていた。通常であればコスト削減は株価にとってはポジティブ要因ではあるが、きょうは逆にネガティブな反応を見せている。

 きょうもIT・ハイテク株の買いが膨らみナスダックは続伸。7月に付けた最高値を再び目指しそうな気配となっている。ネットフリックスは下落しているものの、アマゾンやフェイスブック、エヌビディアなど主力のIT・ハイテク株は揃って上昇。バイオ株も買いが続いている。

 靴小売りのシュー・カーニバルが急伸。5-7月期の決算を発表しており、利益、売上高とも予想を上回った。新学期シーズンで販売が好調の一方で、コスト削減で利益を押し上げた。

 光通信機器のシエナが大幅反落。5-7月期の決算は利益、売上高とも予想を上回ったものの、8-10月期の売上高見通しが予想を下回っていたことが失望感をもたらしている。

 ウエスタンデジタル(WD)が反落。東芝のメモリー事業売却で今月中にはWDへの売却で決まるとも見られていたが、事態は混沌としており8月末時点で売却先はまだ決定されていない


シュー・カーニバル 20.10(+3.68 +22.41%)
シエナ 21.61(-2.66 -10.96%)
ウエスタンデジタル 88.27(-2.03 -2.25%)
フォード 11.03(+0.09 +0.82%)
GM 36.54(+0.72 +2.01%)

アルファベット(C) 939.33(+9.76 +1.05%)
フェイスブック 171.97(+2.05 +1.21%)
ツイッター 16.91(-0.02 -0.12%)
テスラ 355.90(+2.72 +0.77%)
アマゾン 980.60(+13.01 +1.34%)
エヌビディア 169.44(+3.76 +2.27%)

ダウ採用銘柄
J&J       132.37(+1.30 +0.99%)
P&G       92.27(+0.40 +0.44%)
デュポン     83.93(+0.74 +0.89%)
ボーイング    239.66(-0.80 -0.33%) 
キャタピラー   117.49(-0.06 -0.05%) 
ユナイテッド   119.72(+0.12 +0.10%) 
ビザ     103.52(-0.21 -0.20%) 
ナイキ        52.81(+0.43 +0.82%)
GE        24.55(+0.27 +1.11%) 
3M        204.32(+0.63 +0.31%) 
エクソンモビル  76.33(+0.23 +0.30%) 
シェブロン    107.62(-0.11 -0.10%) 
コカコーラ    45.55(+0.16 +0.35%) 
ディズニー    101.20(-1.67 -1.62%) 
マクドナルド   159.97(+0.44 +0.28%) 
ウォルマート  78.07(-0.47 -0.60%)
ホームデポ   149.87(-0.13 -0.09%)
JPモルガン   90.89(-0.42 -0.46%)
トラベラーズ     121.18(-0.63 -0.52%)
ゴールドマン     223.74(+1.32 +0.59%)
アメックス    86.10(+0.41 +0.48%) 
Uヘルス     198.90(+3.02 +1.54%)
IBM      143.03(+0.47 +0.33%)
アップル      164.00(+0.65 +0.40%)
ベライゾン   47.97(-0.15 -0.31%)
マイクロソフト  74.77(+0.76 +1.03%)
インテル     35.07(+0.18 +0.52%)
ファイザー   33.92(+0.47 +1.41%)
メルク      63.86(+0.74 +1.17%)
シスコ      32.21(+0.22 +0.69%)


米国株式市場=上昇、税制改革への期待高まる

 終値 前日比 % 始値 高値 安値
ダウ工業株30種 21948.10 +55.67 +0.25 21936.01 21985.76 21910.50 前営業日終値 21892.43
ナスダック総合 6428.66 +60.35 +0.95 6385.80 6435.27 6383.58 前営業日終値 6368.31
S&P総合500種 2471.65 +14.06 +0.57 2462.65 2475.01 2462.65 前営業日終値 2457.59
ダウ輸送株20種 9319.05 +9.26 +0.10
ダウ公共株15種 743.24 +0.08 +0.01
フィラデルフィア半導体 1114.31 +10.62 +0.96
VIX指数 10.59 -0.63 -5.61
S&P一般消費財 712.13 +3.52 +0.50
S&P素材 344.67 +2.82 +0.83
S&P工業 582.01 +2.10 +0.36
S&P主要消費財 561.81 +0.28 +0.05
S&P金融 408.45 -0.03 -0.01
S&P不動産 202.98 +1.04 +0.52
S&Pエネルギー 461.61 +2.40 +0.52
S&Pヘルスケア 938.28 +15.64 +1.69
S&P電気通信サービス 156.85 -0.81 -0.51
S&P情報技術 1012.14 +7.21 +0.72
S&P公益事業 277.28 +0.06 +0.02
NYSE出来高 9.42億株
シカゴ日経先物9月限 ドル建て 19675 - 15 大阪比
シカゴ日経先物9月限 円建て 19675 - 15 大阪比

(ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)


ダウ平均株価


名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

ナスダック 運輸株指数
4,481.93 -4.71 -0.10% -0.19% +33.10% 6:16

S&P 小型株600種
832.27 +4.01 +0.48% -3.63% +10.52% 2017/08/31

ラッセル2000種指数
1,405.28 +13.95 +1.00% -1.39% +13.34% 5:30

ナスダック バイオテクノロジー株指数
3,491.03 +96.34 +2.84% +4.53% +18.81% 6:16

NYダウ 工業株30種
21,948.10 +55.67 +0.25% +0.26% +19.28% 5:45

ナスダック 銀行株指数
3,590.93 +3.30 +0.09% -3.81% +19.00% 6:16

ブルームバーグ REIT指数
287.26 +1.77 +0.62% +0.33% -1.78% 5:00

NYSE 総合指数
11,875.70 +70.63 +0.60% -0.77% +10.32% 6:09

ナスダック 100指数
5,988.61 +55.71 +0.94% +1.84% +25.52% 6:16

ナスダック 金融株指数
7,338.61 +36.21 +0.50% +0.20% +22.04% 6:16

ナスダック 保険株指数
8,506.16 +36.69 +0.43% -2.69% +8.27% 6:16

NYダウ 輸送株20種
9,319.05 +9.26 +0.10% +1.48% +18.28% 5:45

ナスダック 通信株指数
305.00 +1.89 +0.62% +1.22% +6.59% 6:16

S&P 500種
2,471.65 +14.06 +0.57% +0.05% +13.85% 5:45

ナスダック 総合指数
6,428.66 +60.36 +0.95% +1.27% +23.31% 6:16

NYダウ 公共株15種
743.24 +0.08 +0.01% +2.31% +11.45% 5:45

KBW銀行株指数
92.98 -0.35 -0.38% -3.14% +28.03% 6:16

ラッセル1000種指数
1,369.62 +8.44 +0.62% +0.08% +13.84% 5:30

ナスダック 金融100指数
4,154.22 +12.79 +0.31% -1.43% +18.92% 6:16

ラッセル3000種指数
1,461.81 +9.42 +0.65% -0.04% +13.81% 5:30

ナスダック コンピューター株指数
3,724.17 +34.72 +0.94% +3.34% +32.60% 6:16

ナスダック 工業株指数
5,107.66 +30.44 +0.60% -1.45% +17.27% 6:16

今日の世界株価指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

アルゼンチン メルバル指数
23,588.98 +97.17 +0.41% +9.30% +50.73% 5:35

ブラジル ボベスパ指数
70,835.05 -51.21 -0.07% +7.46% +22.34% 5:20

S&P/BMV IPC指数
51,210.48 +16.96 +0.03% +0.39% +7.72% 5:16

S&P トロント総合指数
15,211.87 +78.74 +0.52% +0.45% +4.21% 5:40


欧州株価指数


ロンドン株31日 続伸、65.36ポイント高で終了、医薬品株高い:日本経済新聞

2017/9/1 0:52

【NQNロンドン】31日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続伸。前日終値に比べ65.36ポイント高の7430.62で引けた。前日に引き続き、買い戻しが広がり、午後には一段高となった。医薬品株の上げが指数を押し上げ、構成銘柄の約8割が上昇した。

 シャイアーなど医薬品株が買われた。第一三共に昨年買収提案していたと報じられたアストラゼネカの上げが目立った。鉱業株も上がった。アングロ・アメリカンとアントファガスタ、リオ・ティントはそれぞれ、アナリストによる株価目標引き上げなどが好感された。

 原油相場の上昇で、石油のBPとロイヤル・ダッチ・シェルも高くなった。たばこ株も上昇した。中でも、地域管理体制を再調整すると発表したブリティッシュ・アメリカン・タバコの上げが大きくなった。

 医療のメディクリニック・インターナショナルとレジャー・外食のウィットブレッド、金融サービスのハーグリーブス・ランズダウンも買われた。

 半面、複数のアナリストが投資評価を引き下げた金融サービスのプロビデント・フィナンシャルは売られた。

 配当権利落ちで、セキュリティー・サービスのG4Sと不動産投資信託(REIT)のハマーソン、保険のセント・ジェームズ・プレイス、特殊化学のクローダ・インターナショナルもそれぞれ下落した。



FTSE100イギリス
▲0.89%
7,430.62
H:7,443.68
L:7,365.01
+65.36
08/31


ドイツ株31日 続伸、DAX53ポイント高の12055、ルフトハンザ高い:日本経済新聞

2017/9/1 1:06

【NQNロンドン】31日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は続伸。終値は前日比53.37ポイント(0.44%)高の12055.84だった。

 航空のルフトハンザが上昇した。一部部門で追加の人員削減を実施すると発表した鉄鋼のティッセン・クルップも買われた。アナリストが投資判断を引き上げたハイデルベルクセメントも上がった。一方で、タイヤのコンチネンタルのほか、自動車のBMWとダイムラー、フォルクスワーゲンは下落した。



DAXドイツ
▲0.44%
12,055.84
H:12,115.55
L:12,034.18
+53.37
00:35

CAC40フランス
▲0.58%
5,085.59
H:5,104.78
L:5,068.44
+29.26
00:40

SMIスイス
▲0.84%
8,925.45
H:8,940.56
L:8,867.47
+74.19
00:35

FTSE MIBイタリア
▲0.77%
21,670.02
H:21,767.50
L:21,542.96
+166.56
00:40

IBEX35スペイン
▲0.52%
10,299.50
H:10,354.30
L:10,275.10
+53.70
00:35

AEXオランダ
▲0.59%
516.04
H:517.38
L:514.30
+3.03
00:40

BEL20ベルギー
▲0.36%
3,887.55
H:3,901.67
L:3,871.49
+13.97
01:05

ATXオーストリア
▲0.98%
3,232.83
H:3,239.36
L:3,202.09
+31.40
08/31

PSI20ポルトガル
▲0.87%
5,156.67
H:5,163.14
L:5,119.74
44.71
08/31

ASEギリシャ
▲0.22%
825.48
H:826.30
L:818.86
+1.83
08/31

OMXS30スウェーデン
▲0.71%
1,546.86
H:1,550.55
L:1,535.96
+10.90
08/31

OBXノルウェー
▲1.35%
669.91
H:670.47
L:660.08
+8.94
08/31

OMXC20デンマーク
▲1.30%
1,021.59
H:1,022.58
L:1,008.45
+13.13
08/31

RTSロシア
▲1.05%
1,095.84
H:1,098.46
L:1,076.38
+11.43
00:50

ISE100トルコ
▼0.37%
110,010.49
H:110,517.63
L:109,953.97
-412.62
08/31

AllShr南アフリカ
▲0.63%
56,522.11
H:56,538.30
L:56,168.00
+354.11
08/31

ユーロ・ストックス50
▲0.52%
3,421.47
H:3,437.82
L:3,409.62
+17.76
08/31

BDI(バルチック)指数
▲0.25%
1,184.00
+3
08/31


ユーロ圏金融・債券市場=利回り低下、ECBのユーロ高懸念報道受け

<金利・債券>

米東部時間12時57分

*先物 清算値 前日比 前営業日終盤
3カ月物ユーロ 100.33 0.00 100.33
独連邦債2年物 112.27 0.00 112.27
独連邦債5年物 133.14 -0.02 133.16
独連邦債10年物 165.08 -0.06 165.14
独連邦債30年物 168.34 -0.10 168.44

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤
独連邦債2年物 -0.757 -0.007 -0.750
独連邦債5年物 -0.432 +0.001 -0.433
独連邦債10年物 0.360 0.000 0.360
独連邦債30年物 1.116 -0.002 1.118

ユーロ圏金融・債券市場は、域内国債利回りがおおむね低下した。

急激なユーロ高を懸念する欧州中央銀行(ECB)当局者が増え、量的緩和縮小ペースが緩慢になる可能性を、ロイターが関係筋の話として伝え、材料視された。

同筋によると、年末までを期限としている量的緩和に関する討議は始まったばかりで、9月7日の次回理事会で何らかの決定をする可能性は非常に低いという。

ECBの刺激策縮小期間が長引くとの見通しを受け、周辺国債の利回りが下げを主導した。

ポルトガル10年債利回りは4ベーシスポイント(bp)低下して約2.82%と1週間ぶりの低水準をつけた。

イタリア10年債利回りも4bp下がって2.04%。ドイツ10年債との利回り格差は168bpと、約1週間ぶりの水準に縮小した。

ドイツ10年債利回りは0.36%と、当初の上げを消した。8月は18bp近く低下する見通しで、月間の下げでは半年ぶりの大きさとなる。

コメルツ銀行のストラテジスト、ライナー・ギュンターマン氏は「ユーロ高は直ちにではないが、成長やインフレの重しとなり、ECBの出口戦略を複雑にする」と指摘。「慎重な量的緩和出口論は債券市場にプラスで、本日の報道を受けて利回りに低下圧力が掛かり、周辺国(と)の利回り格差が縮小した」と語った。



欧州株式市場=続伸、カルフールは大幅安

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値
STOXX欧州600種 373.88 +2.87 +0.77 371.01
FTSEユーロファースト300種 1469.32 +10.78 +0.74 1458.54
DJユーロSTOXX50種 3421.47 +17.76 +0.52 3403.71


欧州株式市場は続伸して取引を終えた。北朝鮮の弾道ミサイル発射による株安からの持ち直しが続いている。

ただSTOXX欧州600種指数は月間ベースでは落ち込み、3カ月連続のマイナスとなった。

この日は中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)が上昇したことを受け銅価格が上昇し、鉱業銘柄の追い風となった。

一方、フランスの小売り大手カルフールは13.1%下落し、20年ぶりの大幅安となった。2017年の利益が12%減る可能性があるとし、売り上げの成長目標を引き下げたことが嫌気された。小売業界の競争激化で利幅が圧縮し、上半期利益は市場予想を下回った。

バークレイズのアナリストらは投資家向けのメモで「カルフールの軟調な上半期決算は部分的には外部的、一時的要因によるものだが、構造的課題も示す」と指摘した。

競合のカジノは2.8%の連れ安となった。投資家らはカルフールと同じような問題を懸念した。

小売業界の競争が激化し構造的問題が深刻化する中、STOXX欧州600種小売株指数は今年最も軟調な部門の1つだ。

世界2位の蒸留酒メーカーでフランスのペルノ・リカールは1.9%下落した。為替の利益への打撃が当初予想よりも大きいとしたことが嫌気された。



NY為替・31日=米高官がドル安に言及、ドル円は110円割れ

NYタイムは、昨日に強い米民間雇用指標や4-6月期GDP・改定値の好結果を受けて上昇した流れを引き継いで続伸した米株が、ほどなく伸び悩み。米長期金利が2.11%台へ低下するなど市場がややリスク回避へ傾き、為替市場ではドル売り・円買いが優勢となった。米財務長官がドル安のメリットに言及すると、ドルは下落幅を広げた。
 NY寄り付き前に発表となった米経済指標は、7月コアPCEデフレーターが前月比+0.1%と予想値と一致。米新規失業保険申請件数は23.6万件と引き続き低水準で、明日の米雇用統計への期待を抱かせる内容となった。その後の米8月シカゴ購買部協会景気指数は58.9と市場予想の58.5を上回ったものの、前月からは横ばい。米7月中古住宅販売保留件数指数は前月比-0.8%と市場予想の+0.5%に反してマイナスで、6月分も+1.5%から+1.3%に下方修正された。

 ドル円は米長期金利の低下に押され、110円割れのストップロスをヒット。ムニューシン米財務長官が「長期的にみたドル高は米信頼感の表れ」としながらも、「ドル安が米貿易にとって有利な点はある」との見解を示し、ドル円は109.88円の安値をつけた。

 ユーロドルは、ECB当局者がユーロ高をけん制とのニュースを背景につけた1.1823ドルを下値に下げ渋った。ドル売りが進んで1.1913ドルまで上昇。ポンドドルも1.2853ドルから1.2935ドルまで上昇した。豪ドル/ドルは0.7950ドルまで本日のレンジ上限を拡大。NZドル/ドルは0.71ドル前半で下げ渋り、0.71ドル後半へ戻した。

 一方、ユーロ円は130.71円、ポンド円は141.55円まで下落と、ドル円と同様に円高推移。他のクロス円もNZドル円が78.71円まで水準を下げるなど、総じて円買いが優勢だった。

 ハリケーンの原油在庫への影響を見定める神経質な展開となるなか、NY原油先物は46ドル付近から47ドル半ばへ急騰した。産油国通貨の加ドルは買われ、ドル/加ドルは1.26加ドル半ばから1.2477加ドルまで、加ドル円は87.40円付近から3日以来、約1カ月ぶりの高値88.16円まで加ドル高が進んだ。

 6時現在、ドル円は109.98円、ユーロドルは1.1910ドル、ユーロ円は130.98円で推移。



為替市場の四本値(ドル円・ユーロドル・ユーロ円)

    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  110.24  1.1884  131.01
高値  110.67  1.1913  131.58
安値  109.88  1.1823  130.71
終値  109.98  1.1910  130.98

為替市場の四本値(ポンド円・豪ドル円・カナダ円)

   ポンド円   豪ドル円  カナダドル円
始値  142.49  87.14  87.35
高値  142.91  87.49  88.16
安値  141.55  87.05  87.31
終値  142.19  87.40  88.11

世界各国通貨に対する円

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           110.00円   -0.24円    -0.22%   110.24円
*ユーロ・円         130.95円   -0.06円    -0.05%   131.01円
*ポンド・円         142.22円   -0.27円    -0.19%   142.49円
*スイス・円         114.75円   +0.35円    +0.31%   114.40円
*豪ドル・円          87.43円   +0.29円    +0.33%   87.14円
*NZドル・円         78.97円   -0.42円    -0.53%   79.39円
*カナダ・円          88.16円   +0.81円    +0.92%   87.35円
*南アランド・円        8.45円   -0.02円    -0.29%    8.48円
*メキシコペソ・円       6.15円   -0.07円    -1.15%    6.22円
*トルコリラ・円       31.85円   -0.05円    -0.16%   31.91円
*韓国ウォン・円        9.78円   -0.02円    -0.25%    9.81円
*台湾ドル・円         3.65円   -0.01円    -0.36%    3.66円
*シンガポールドル・円   81.13円   -0.01円    -0.01%   81.14円
*香港ドル・円         14.06円   -0.03円    -0.23%   14.09円
*ロシアルーブル・円     1.90円   +0.01円    +0.57%    1.89円
*ブラジルレアル・円     34.92円   +0.02円    +0.06%   34.89円
*タイバーツ・円        3.31円   -0.01円    -0.17%    3.32円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            -5.95%   118.66円   100.09円   116.96円
*ユーロ・円           +6.49%   131.71円   112.09円   122.97円
*ポンド・円           -1.58%   148.46円   121.61円   144.50円
*スイス・円           -0.02%   118.61円   102.89円   114.77円
*豪ドル・円           +3.82%   89.43円   75.97円   84.22円
*NZドル・円         -2.48%   83.91円   72.66円   80.98円
*カナダ・円           +1.31%   89.73円   74.83円   87.01円
*南アランド・円        -0.92%    8.98円    6.99円    8.53円
*メキシコペソ・円       +9.02%    6.43円    4.97円    5.64円
*トルコリラ・円        -4.80%   35.30円   28.62円   33.46円
*韓国ウォン・円        +0.96%   10.20円    8.75円    9.69円
*台湾ドル・円         +0.75%    3.78円    3.17円    3.62円
*シンガポールドル・円    +0.35%   82.67円   72.70円   80.85円
*香港ドル・円         -6.80%   15.29円   12.91円   15.08円
*ロシアルーブル・円     -0.05%    2.02円    1.54円    1.90円
*ブラジルレアル・円     -2.85%   37.45円   30.44円   35.94円
*タイバーツ・円        +1.48%    3.36円    2.88円    3.27円


金は反発、ドル安で押し目買い=NY金概況 #klugfxnews_388565

配信日時 2017年9月1日(金)05:11:00 掲載日時 2017年9月1日(金)05:21:00

NY金先物12 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1322.20(+8.10 +0.62%)

金12月限は、反発。時間外取引ではドル高を受けて軟調となったが、1,300ドル台を維持した。日中取引では一連の米経済指標を受けてドル高が一服すると、押し目買いが入ってプラスサイドに転じた。



反発、ガソリン価格の上昇止まらず原油に買い戻し=NY原油概況 #klugfxnews_388569

配信日時 2017年9月1日(金)05:32:00 掲載日時 2017年9月1日(金)05:42:00

NY原油先物10月限(WTI)(終値)
1バレル=47.23(+1.27 +2.76%)
ブレント先物11月限(ICE) 52.86(+2.13 +4.20%)

 ニューヨーク原油は反発。終値の前営業日比は、期近2限月が1.27~1.45ドル高。「ハービー」によってテキサス州の製油所が稼働を停止し、まだ復旧していない製油所があるなかで、供給逼迫感からガソリン価格が一段と上値を伸ばしたことから、原油にも買い戻しが誘われた。改質ガソリンは一段と騰勢を強め、期近つなぎ足で2015年6月以来の高値を更新。

 時間外取引でニューヨーク原油10月限は45.58ドルまで下落したが、売りはまもなく収束。じりじりと水準を切り上げ、通常取引開始にかけて上げが加速。47.47ドルまで上値を伸ばした。



インフレ鈍化傾向が続き利回り低下=NY債券概況 #klugfxnews_388571

配信日時 2017年9月1日(金)05:57:00 掲載日時 2017年9月1日(金)06:07:00

米国債利回り(NY時間16:45)
2年債   1.326(+0.000)
10年債  2.119(-0.012)
30年債  2.726(-0.012)
期待インフレ率  1.773(+0.012)
※期待インフレ率は10年債で算出

 きょうのNY債券市場で10年債利回りは低下。この日発表になった米経済指標でインフレ鈍化傾向が続いていることが示されたことが圧迫している。この日は7月の米個人所得・支出のデータと伴にPECデフレータも発表になっていた。FRBがインフレの参考指標として重視しているデータだが、食品・エネルギーを除いたコア指数は前月比では上昇していたものの、前年比では1.4%と鈍化傾向が続いている。ただ、予想範囲内ではあった。

 10年債利回りは2.11%台まで低下し、2年債は1.31%まで低下した。

 2-10年債の利回り格差は79(前日81)。



各国10年債

ドイツ  0.361(+0.002)
英 国  1.034(+0.004)
カナダ  1.861(+0.026)
豪 州  2.714(+0.035)
日 本  0.009(-0.002)

ビットコイン(ドル)(NY時間14:16)
1ビットコイン=4732.98(+157.99 +3.45%)

ビットコイン(円建・参考値)(NY時間14:16)
1ビットコイン=520912(+17387 +3.45%)

※円はドル円相場からの計算値

この記事をはてなブックマークに追加

前原誠司が「11年ぶりに代表復帰」

2017-09-01 14:27:50 | 政治経済問題
・当 前原誠司 502ポイント {(国会議員票83X2)+(公認候補84X1)=250ポイント}+郵送252ポイント

・枝野幸男 332ポイント {(国会議員票51X2)+(公認候補42X1)=144ポイント}+郵送188ポイント


前原が代表になるのは、旧・民主党代表(2005年9月17日~2006年4月7日)の時以来。


<民進党>新代表に前原氏 党勢立て直し急務(毎日新聞) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170901-00000040-mai-pol @YahooNewsTopics

9/1(金) 14:19配信

民進党は1日午後、東京都内で臨時党大会を開き、新代表に前原誠司元外相(55)を選出した。任期は2019年9月まで。前原氏は国会議員と国政選挙の公認候補予定者の票で250ポイントを獲得。地方議員と党員・サポーターの252ポイントを加え計502ポイントとなり、総計851ポイントの過半数を制した。枝野幸男前幹事長(53)は計332ポイントだった。

 大会に先立ち、前原氏は会場のホテルで記者団に「自分の思いを(投票直前の)演説に込め、天命を待つ、そういう気持ちだ。新たな社会をみんなで作る一体感や使命感のある党にしたい」と意気込みを語った。枝野氏もホテルで記者団に「総力で党を立て直したい。今日が反転攻勢スタートの日になる。どういう立場になっても党が前に進めるよう全力を尽くす」と述べた。この後、両陣営はそれぞれ決起集会を開いた。

 大会は午後1時に始まり、両氏が各10分の持ち時間で決意表明した後、投票に移った。投票結果は総計851ポイントに換算される。まず1543人の地方議員(209ポイント)と約23万人の党員・サポーター(231ポイント)による郵便投票の結果が発表された。その後、会場に集まる142人の国会議員(284ポイント)と127人の公認予定者(127ポイント)の投票が行われた。

 代表選は7月の都議選で民進党が惨敗した後、党運営に行き詰まった蓮舫代表の辞意表明を受けて実施された。新代表は、党勢の立て直しが急務だ。9月25日召集の見通しの臨時国会に加え、10月の衆院3補選(青森4区、新潟5区、愛媛3区)の対応も控えており、就任直後から手腕が問われる。

 特に3補選では、前原氏が野党連携にどう臨むかが注目される。蓮舫代表は今年6月、共産、自由、社民3党の党首と会談し、次期衆院選に関して「4野党が協力して候補者調整を行う」ことなどで合意。枝野氏はこの合意に基づき連携を進めると主張していたが、前原氏は合意を見直す考えを代表選中に示していた。

 前原氏は1993年衆院選で日本新党から初当選し、当選8回。民主党政権で国土交通相、外相、党政調会長を歴任した。05年9月~06年4月には民主党代表も務めた。【樋口淳也】


この記事をはてなブックマークに追加

9/1 松阪・ガールズケイリン2日目

2017-09-01 13:40:53 | 競輪
2日目  

全レース成績

第6R  13:03  ガールズ予選2

  1 1 白井美早子 102 大阪 64
〇 2 2 鈴木 美教 112 静岡 41 新人
  3 3 竹井 史香 106 香川 77
  4 4 元砂七夕美 108 奈良 56
◎ 5 5 荒牧 聖未 102 栃木 12
△ 6 6 大谷 杏奈 110 愛知 23

▲ 6 7 田中 まい 104 千葉 35
 
1 2 鈴木 美教 22 静 岡 112 L1 11.8 差し
2 5 荒牧 聖未 27 栃 木 102 L1 1/2車身 12.0 捲り
3 6 大谷 杏奈 20 愛 知 110 L1 2 車身 12.1
4 1 白井 美早子 29 大 阪 102 L1 2 車身 12.1
5 7 田中 まい 27 千 葉 104 L1 1 車輪 12.6 HB
6 4 元砂 七夕美 22 奈 良 108 L1 3/4車輪 12.4
7 3 竹井 史香 22 香 川 106 L1 大差 14.4

■ 払戻金
2枠複 【未発売】
2枠単 【未発売】
2車複 2=5 140円 (1)
2車単 2-5 760円 (4)
3連複 2=5=6 290円 (2)
3連単 2-5-6 3,290円 (13)
ワイド
2=5 100円 (1)
2=6 210円 (4)
5=6 220円 (5)


第7R  13:33  ガールズ予選2

  1 1 鈴木 彩夏 110 東京 67
〇 2 2 太田 美穂 112 三重 23 新人
  3 3 佐藤 友香 110 青森 75
▲ 4 4 野口のぞみ 110 長崎 32
  5 5 菅田 賀子 104 宮城 56
△ 6 6 三宅 玲奈 108 岡山 44
◎ 6 7 山原さくら 104 高知 11
 
1 7 山原 さくら 24 高 知 104 L1 12.1 捲り
2 4 野口 のぞみ 33 長 崎 110 L1 5 車身 12.6 捲り
3 2 太田 美穂 21 三 重 112 L1 3/4車輪 12.7 HB
4 6 三宅 玲奈 21 岡 山 108 L1 8 車身 12.9
5 3 佐藤 友香 36 青 森 110 L1 3/4車身 13.0
6 5 菅田 賀子 32 宮 城 104 L1 3/4車輪 12.9
7 1 鈴木 彩夏 22 東 京 110 L1 4 車身 13.7

■ 払戻金
2枠複 【未発売】
2枠単 【未発売】
2車複 4=7 540円 (2)
2車単 7-4 570円 (2)
3連複 2=4=7 190円 (1)
3連単 7-4-2 810円 (3)
ワイド
4=7 140円 (2)
2=7 100円 (1)
2=4 160円 (3)

この記事をはてなブックマークに追加

安倍晋三はミサイル発射前日に限ってなぜか公邸入り

2017-09-01 12:50:46 | 安倍晋三関連記事
安倍首相公邸泊、ミサイル把握か=野党が指摘―衆院委(時事通信) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000084-jij-pol @YahooNewsTopics

8/30(水) 18:15配信 時事通信

 「安倍晋三首相が公邸に宿泊したのは、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した前日だけだ」。

 民進党の後藤祐一衆院議員は30日の衆院安全保障委員会で、政府の初動態勢に関しこう指摘した。西村康稔官房副長官は「常日頃から緊張感を持って情報分析をしている結果だ」とかわしたが、後藤氏は北朝鮮に見抜かれるとして「普段から公邸に泊まった方がいい」と助言した。

 今月、首相が公邸に泊まったのは25、28両日のみ。いずれも翌早朝に北朝鮮がミサイルを発射しており、事前に兆候を察知していたとみられる。25日は夜の会合などを入れず、28日夜も公邸内で自民党役員らと会食したのみ。出席者の1人は「首相はあまり酒を飲まなかった」と話していた。 



安倍と正恩の「八百長」仕合かよ。


しかも、

「首相はあまり酒を飲まなかった」

とは驚き。


普段は、高級料理店で飲み食いし放題の安倍がなぜか「自制」している。


安倍は北朝鮮の「回し者」なのか?


2017年08月31日 06時07分45秒

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」 安倍晋三首相は、「第3次世界大戦」を勃発させようとしている「悪霊」に未だに憑りつかれているようだ


◆〔特別情報1〕

 「バカの1つ覚え」安倍晋三首相は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射すると、必ず「暴挙だ。これまでにない深刻かつ重大な脅威であり、地域の平和と安全を著しく損なう。北朝鮮に断固たよる首脳会談後は、「トランプ氏が米国は同盟国である日本と100%ともにあると述べた」などと記者団に報告している。しかし、トランプ大統領が、米朝両国が行った「オスロ秘密会合」(5月8日から10日まで)で合意した内容に従い、単なる「対話」ではなく、「北朝鮮を核保有国として認める」としたうえで、「米朝和平」(米朝国交正常化・国交樹立・平和友好条約締結→朝鮮半島統一)への動きが、本格化させているのに、安倍晋三首相は、「対話」という言葉を一度として使おうとはせず、むしろ「懸命になって潰しかかっている」のだ。安倍晋三首相は、「第3次世界大戦」を勃発させようとしているオバマ前大統領やヒラリー・クリントン元国務長官という「悪霊」に未だに憑りつかれているようだ。



安倍が「意趣返し」と言わんばかりに、六カ国協議メンバーから事実上、「外された」ことを逆手に取って、金正恩と何らかの形で秘密裏に接触している可能性はゼロとは言えないね。

それは、政権運営が行き詰まったときの「奥の手」として取っておきたいからだろう。何せ、拉致問題を抱えているからね。

だが、安倍の「和平策」は、トランプら、「四カ国」が目論むそれとは違っている。北朝鮮を「超危険国家」と煽っておいて、一方では、正恩と「八百長」するという、『茶番外交』。

この記事をはてなブックマークに追加

9/1 日本・アジア主要株式指数

2017-09-01 09:20:00 | 政治経済問題
日本・アジア 株式指数

・日本

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

TOPIX 500 INDEX (東証)
1,244.20 +1.15 +0.09% -1.00% +19.08% 2017/09/01

TOPIX 100 INDEX (東証)
1,015.81 -0.31 -0.03% -1.23% +16.68% 2017/09/01

日経平均株価
19,691.47 +45.23 +0.23% -1.31% +16.34% 2017/09/01

日経500平均
1,938.10 +1.90 +0.10% -0.18% +24.57% 2017/09/01

TOPIX (東証株価指数)
1,619.59 +2.18 +0.13% -0.73% +20.80% 2017/09/01

日経300指数
318.45 +0.27 +0.08% -1.15% +17.31% 2017/09/01

東証REIT指数
1,675.44 -8.35 -0.50% -1.56% -7.93% 2017/09/01

JASDAQ インデックス
155.03 +0.62 +0.40% +3.89% +39.92% 2017/09/01

TOPIX CORE 30 IDX (東証)
732.34 -0.98 -0.13% -1.40% +11.94% 2017/09/01

東証マザーズ指数
1,107.82 +7.02 +0.64% -0.89% +21.60% 2017/09/01

TOPIX SMALL INDEX (東証)
2,152.02 +10.20 +0.48% +1.58% +36.91% 2017/09/01

TOPIX MID 400 INDX (東証)
1,863.98 +5.83 +0.31% -0.60% +23.74% 2017/09/01

日経ジャスダック平均
3,453.48 +6.20 +0.18% +4.00% +39.81% 2017/09/01

東証2部 株価指数
6,598.04 +42.38 +0.65% +5.01% +51.53% 2017/09/01

TOPIX LARGE 70 IDX (東証)
1,608.35 +1.49 +0.09% -1.01% +22.70% 2017/09/01

・中国

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

中国 上海総合指数
3,367.12 +6.31 +0.19% +3.22% +9.77% 2017/09/01

中国 上海A株指数
3,526.35 +6.63 +0.19% +3.22% +9.82% 2017/09/01

中国 深センA株指数
2,046.33 +11.97 +0.59% +5.29% -2.64% 2017/09/01

中国 深セン成分指数
10,880.56 +63.92 +0.59% +5.01% +2.26% 2017/09/01

中国 上海B株指数
345.06 -0.14 -0.04% +3.33% -2.30% 2017/09/01

中国 深センB株指数
1,150.98 +2.18 +0.19% -1.95% -1.44% 2017/09/01

中国 上海50A株指数
2,710.12 -4.51 -0.17% +3.13% +21.54% 2017/09/01

中国 上海180A株指数
8,373.46 +14.13 +0.17% +3.01% +17.44% 2017/09/01

中国 上海新総合指数(G株)
2,843.38 +5.35 +0.19% +3.22% +9.82% 2017/09/01

中国 創業板指数
1,865.25 +15.87 +0.86% +8.47% -14.08% 2017/09/01

上海/シンセン CSI300指数
3,830.54 +8.45 +0.22% +3.32% +15.58% 2017/09/01

中国 深セン総合指数
1,956.35 +11.41 +0.59% +5.27% -2.63% 2017/09/01


香港 ハンセン指数  27,953.16 -17.14 -0.06% +1.42% +20.14% 2017/09/01

ハンセン中国企業株指数(H株) 11,285.55 -9.89 -0.09% +2.57% +16.50% 2017/09/01

ハンセン中国レッドチップ指数 4,343.49 +4.79 +0.11% +2.22% +11.24% 2017/09/01

韓国総合株価指数 2,357.69 -5.50 -0.23% -1.58% +15.67% 2017/09/01

S&P・BSEセンセックス  31,892.23 +161.74 +0.51% -2.10% +12.20% 2017/09/01

インドCNX NIFTY指数 9,974.40 +56.50 +0.57% -1.39% +13.67% 2017/09/01

NZX50種グロス指数 7,821.98 +4.87 +0.06% +1.20% +5.37% 2017/09/01

加権指数 10,594.82 +9.04 +0.09% +0.84% +17.88% 2017/09/01

S&P/ASX200指数 5,724.59 +10.07 +0.18% -0.83% +5.71% 2017/09/01

FTSEブルサマレーシアKLCIインデックス 1,773.16 +12.02 +0.68% +0.75% +5.67% 2017/08/30

ジャカルタ 総合指数 5,864.06 -8.45 -0.14% +1.01% +9.93% 2017/08/31

シンガポール ST指数 3,277.26 +12.00 +0.37% -1.83% +16.36% 2017/08/31

タイ SET指数 1,618.42 +2.26 +0.14% +2.54% +6.37% 2017/09/01

ベトナム VN指数 788.73 +5.97 +0.76% +0.01% +17.86% 2017/09/01

フィリピン 総合指数 7,958.57 +1.84 +0.02% +0.66% +2.38% 2017/08/31



外資系証券寄り付き前注文動向 9/1 8:21更新

9月1日

売り 1,230

買い 650

差し引き 580万株の売り越し

金額ベース 小幅売り越し

米国系 売り越し
欧州系 売り買い均衡

セクター別

売り・・・輸送用機器 小売業

買い・・・ガラス・土石製品 電気機器 精密機器 陸運業 情報・通信業

売り買い交錯・・・


日経平均

現在値 19,691.47↑ (17/09/01 15:15)
前日比 +45.23 (+0.23%)
始値 19,733.57 (09:00) 前日終値 19,646.24 (17/08/31)
高値 19,735.96 (09:02) 年初来高値 20,318.11 (17/06/20)
安値 19,620.07 (12:46) 年初来安値 18,224.68 (17/04/17)


日経平均は45円高と3日続伸、月の初日の取引は15カ月連続で上昇=1日後場/2017/09/01 15:26

1日の日経平均株価は、前日比45円23銭高の1万9691円47銭と3日続伸して取引を終了。その月の初日の取引が上昇するのは、16年7月から15カ月連続となった。米国株高などによる朝方の買いが一巡した後は、戻り待ちの売りに押され、午後零時46分には同26円17銭安の1万9620円07銭と下げに転じる場面もみられた。午後2時10分すぎ、先物にややまとまった買いが入ったことをきっかけに、上げ幅を取り戻す動きとなった。為替相場は、1ドル=110円10銭前後(8月31日終値110円48-50銭)で推移したが、相場への影響は限定的だった。

東証1部の出来高は16億3044万株で、売買代金は1兆9028億円。騰落銘柄数は値上がり1222銘柄、値下がり663銘柄、変わらず138銘柄だった。

 市場では「きのう8月31日にTOPIX(東証株価指数)が日足チャートの25日線を上回り、同指数の先高期待が高まるなか、出遅れ感から日経平均株価を見直す動きが強まったようだ」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、三菱倉<9301>、上組<9364>などの倉庫運輸株や、浜ゴム<5101>、ブリヂス<5108>などのゴム製品株が上昇。昭シェル<5002>、JXTG<5020>などの石油石炭製品株や、ANA<9202>の空運株も高い。国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株や、LIXILG<5938>、リンナイ<5947>などの金属製品株も堅調。旭硝子<5201>、ガイシ<5333>などのガラス土石株や、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株も上げた。東証業種別指数は全33業種のうち、25業種が上昇、8業種が下落した。

 個別では、エコナクHD<3521>、ダイキアクシ<4245>、アクリティブ<8423>、イマジカロボ<6879>、大和冷機<6459>などが上昇。半面、クラウディア<3607>、KLab<3656>、グロバル社<3271>、アグロカネシ<4955>、enish<3667>などが下落した。

提供:モーニングスター社



明日の戦略 9/1 16:44 日経平均は7週ぶり反発、地合い改善に期待も週末に再度地政学リスクを意識

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1222/値下がり663と買いが優勢。CB発行も自己株取得を併せて発表したANAが買いを集めた。業績好調観測が報じられたヤーマンや、3Q決算が買い材料となったパーク24が大幅上昇。新興市場ではそーせいが急伸し、メタップスがストップ高と動きのある銘柄に資金が集中し、明豊エンターは連日の大幅高となった。一方、NTTやドコモなど通信株が軟調。ゲーム株には売られるものも目立ち、なかでもKLabが商いを集めて大幅安となった。きのう初値をつけたUUUMはきょうは売りが優勢となり、10%を超える下げとなった。

 日経平均は7週ぶりに週間で上昇を記録しており、週足のローソク足では下に長めのヒゲをつけた陽線を形成した。29日に安値19280円をつけて200日線にタッチしたものの、ここで下げ止まり、26週線を上回って、ほぼ25日線まで戻して終えている。下を見たことで結果的に押し目買い意欲の強さが確認できた週となったが、テクニカルの節目がしっかり意識された動きとなったことは好感できる。また、ドル円に関しても、今週は25日線を上に抜けてきており、基調の変化がうかがえる。今年の4~5月および6~7月にかけては、それぞれ108円台を見た後に、114円台まで円安が進んだ。どちらもボトムからピークまで約1カ月の期間を要しており、この動きにならうならば、9月後半にかけて114円どころをうかがうような展開も期待できる。イベントを加味すれば、9月19~20日のFOMCが円安材料となり、株高を誘引するイメージか。

【来週の見通し】 もみ合いか。今週、米国株に強い動きが戻ってきたことはポジティブ材料。9月利上げはなしとの織り込みが進む中、低金利環境の長期化を米株市場が好意的に受け止める見方が改めて強まっている。8月の米雇用統計も、これまでと同様にほどほどに良い内容が確認できれば、この見方を後押しする可能性が高い。一方、週末9日に北朝鮮の建国記念日を控えていることは警戒材料となる。今週に北朝鮮リスクを消化して、その後に円安・株高が進んだため、極端に売り込む材料にはならないとみるが、上昇が続いた場合には、週末にかけて利益確定売りが上値を抑えると考える。強弱両方の材料をにらみつつ、様子見姿勢の強い地合いになると予想する。

【今週を振り返る】 堅調な展開となった。週前半には北朝鮮が発射した弾道ミサイルが日本上空を通過したことから地政学リスクが高まり、急速に円高・株安が進行した。しかし、下値で押し目買いが入ったことに加え、海外市場のネガティブ影響が限定的であったことから、その後は切り返す展開に。米国や中国の経済指標がおおむね良好であったことも買い安心感を誘った。ドル円は110円台を回復するなどドル高・円安基調が強まった上に、日経平均も19200円台をつけた後に、一気に19700円台まで戻したことから、目先の底打ち感が強まった。週間では約238円の上昇となり、週足では4週ぶりに陽線を形成した。



来週の日本株の読み筋=手控えムードが広がりそう/2017/09/01 18:03

来週(4-8日)の東京株式市場は、手控えムードが広がりそうだ。欧州では7日にECB(欧州中央銀行)理事会が行われ、テーパリング(量的金融緩和の縮小)が議論されるとみられ、為替動向に影響を与える可能性もある。8日には先物・オプションのメジャーSQ(特別清算指数)値算出を迎えるうえ、再び浮上した「北朝鮮リスク」も意識されそう。米国への挑発など北朝鮮の動きは読みにくく、9日には同国の建国記念日を迎え、核実験に踏み込むとこも懸念される。好業績株や材料株へ一本釣りの様相となることもありそうだ。

 1日の日経平均株価は、前日比45円23銭高の1万9691円47銭と3日続伸。米国市場でナスダック総合指数が史上最高値を更新した動きなどから買いが先行し、寄り付き直後には同89円72銭高の1万9735円96銭まで上昇する場面もみられた。買い一巡後は戻り待ちの売りに押され上値が重く、後場に入り下げに転じる場面もみられた。

 スケジュール面では、国内が7日に7月景気動向指数(速報)が、8日に8月景気ウオッチャー調査と4-6月期GDP(国内総生産)2次速報が発表される。海外では、米国で5日に7月耐久財受注、6日に8月ISM(米サプライマネジメント協会)非製造業景況指数と地区連銀経済報告(ベージュブック)が発表される。中国では8日に8月貿易収支が発表される。

提供:モーニングスター社



日経平均寄与度

日経平均 値上がり銘柄数 129

日経平均 変わらず銘柄数 11

日経平均 値下がり銘柄数 85








TOPIX

現在値 1,619.59↓ (17/09/01 15:00)
前日比 +2.18 (+0.13%)
始値 1,624.37 (09:00) 前日終値 1,617.41 (17/08/31)
高値 1,624.37 (09:00) 年初来高値 1,642.34 (17/08/07)
安値 1,612.80 (12:46) 年初来安値 1,452.15 (17/04/17)


東証業種別ランキング:倉庫運輸が上昇率トップ、三菱倉や住友倉などが小じっかり[FISCO] #klugfxnews_388732

配信日時 2017年9月1日(金)16:45:21 掲載日時 2017年9月1日(金)16:55:21
倉庫運輸が上昇率トップ。小幅ではあるが三菱倉、三井倉HD、住友倉など全般小じっかり。ゴム製品は浜ゴム、洋ゴム、ブリヂストン、住友ゴムなど全般堅調。石油石炭は原油相場の上昇が材料視されている。一方で、情報通信が終日軟調だったほか、小売、水産農林が小安い。


業種名/現在値/前日比(%)

1. 倉庫・運輸関連業 / 1,661.07 / 1.92
2. ゴム製品 / 3,573.45 / 1.49
3. 石油・石炭製品 / 1,138.41 / 1.39
4. 空運業 / 326.51 / 1.39
5. 鉱業 / 306.60 / 0.86
6. 金属製品 / 1,358.71 / 0.80
7. ガラス・土石製品 / 1,143.55 / 0.76
8. 鉄鋼 / 581.91 / 0.64
9. 海運業 / 354.81 / 0.60
10. その他製品 / 2,645.08 / 0.54
11. 機械 / 1,808.40 / 0.38
12. 建設業 / 1,302.45 / 0.34
13. 証券業 / 378.66 / 0.32
14. 銀行業 / 176.75 / 0.32
15. 不動産業 / 1,344.37 / 0.29
16. 医薬品 / 2,657.75 / 0.27
17. 繊維業 / 760.44 / 0.24
18. 電気機器 / 2,289.58 / 0.22
19. サービス業 / 1,852.95 / 0.17
20. 精密機器 / 5,327.25 / 0.11
21. 化学工業 / 1,934.20 / 0.09
22. 陸運業 / 2,057.13 / 0.07
23. 保険業 / 908.87 / 0.05
24. 卸売業 / 1,385.34 / 0.03
25. 輸送用機器 / 2,822.13 / 0.01
26. その他金融業 / 629.21 / -0.01
27. 食料品 / 1,947.18 / -0.04
28. パルプ・紙 / 517.71 / -0.07
29. 非鉄金属 / 1,169.37 / -0.12
30. 電力・ガス業 / 452.80 / -0.20
31. 水産・農林業 / 536.43 / -0.21
32. 小売業 / 1,176.45 / -0.26
33. 情報・通信業 / 3,462.55 / -0.55


JPX日経インデックス400

現在値 14,337.13↓ (17/09/01 15:00)
前日比 +12.72 (+0.09%)
始値 14,384.03 (09:00) 前日終値 14,324.41 (17/08/31)
高値 14,384.03 (09:00) 年初来高値 14,603.56 (17/08/07)
安値 14,278.18 (12:46) 年初来安値 13,018.61 (17/04/17)


JASDAQ平均

現在値 3,453.48↓ (17/09/01 15:00)
前日比 +6.20 (+0.18%)
始値 3,454.23 (09:00) 前日終値 3,447.28 (17/08/31)
高値 3,456.63 (09:03) 年初来高値 3,448.00 (17/08/31)
安値 3,444.64 (10:22) 年初来安値 2,750.70 (17/01/04)


JASDAQ平均は9連騰、明豊エンタープライズへの関心続く[FISCO] #klugfxnews_388759

配信日時 2017年9月1日(金)19:51:59 掲載日時 2017年9月1日(金)20:01:59

[JASDAQ市況]JASDAQ平均   3453.48  +6.20 /出来高 1億8175万株/売買代金 914億円J-Stock Index 3253.87 +25.13  

本日のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexが揃って続伸となった。値上がり数は346、値下がり数は281、変わらずは68。

JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。寄り付き後は上げ幅を縮め、一時マイナスに転じたものの、下げ渋る展開で上昇して取引を終えている。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。 

個別では、明豊エンタープライズがストップ高で連日の上昇率トップ。引き続き一部季刊誌の予想を受けて、業績期待が高まっているもよう。ヒーハイスト精工は、FA関連として関心向かう。 CAPは4日ぶり大幅反発。17年9月期業績予想を下方修正している。営業利益見通しは従来の3.90億円から3.12億円へと引き下げた。ただ、第3四半期までを前年同期比49.8%の営業減益で通過していたことから、通期の2ケタ増益確保がポジティブサプライズとなったようだ。 クレステックは、一時1388円まで急伸。20年6月期を最終年度とする中期経営計画「CR Vision 2020」を策定したと発表したことで関心を集めた。その他、システムズD、寺崎電気産業、INEST、富士ソフトSBなどが上昇率上位にランクイン。 

一方、下落率トップは20%安の山王。前日の上昇に対する利食いの流れの他、信用規制実施への警戒感も。ウチダエスコは、18年7月期の通期業績については営業利益で同15.1%減の5.90億円との見通しを示しており、ネガティブ視された。その他、日本ライトン、リバーエレテック、石垣食品などが下落率上位にランクイン。 JASDAQ-TOP20では、夢真HD、セリア、インフォコムなどが上昇。



マザーズ指数

現在値 1,107.82↓ (17/09/01 15:00)
前日比 +7.02 (+0.64%)
始値 1,105.30 (09:00) 前日終値 1,100.80 (17/08/31)
高値 1,113.18 (11:25) 年初来高値 1,214.41 (17/06/23)
安値 1,101.60 (10:01) 年初来安値 949.51 (17/01/04)


マザーズ指数は3日続伸、SOSEI急伸で投資家心理支える[FISCO] #klugfxnews_388756

配信日時 2017年9月1日(金)19:10:33 掲載日時 2017年9月1日(金)19:20:33

 本日のマザーズ市場では、前日比小幅高でスタートとなり、上値を追う流れもみられたが、その後は一時利食い売りに押された。しかし、引けにかけて個人主体の押し目買いが入り、最終的には値を戻す展開となった。相場全体の地合いとしては、週末特有のポジション調整の動きに加え、米雇用統計などの海外指標発表を控えて主力処に模様眺めムードが高まった。そんななかで、値動きの軽さからマザーズ銘柄へ値幅取りを狙った物色が向かう場面が多く見られた。指数調整のタイミングで、SOSEIなど時価総額上位銘柄の上昇が目立ち、投資家心理の下支え役となった。 

なお、マザーズ指数は3日続伸、売買代金は概算で1051.61億円。騰落数は、値上がり110銘柄、値下がり123銘柄、変わらず7銘柄となった。 

マザーズ売買代金上位では、アルツハイマー治療薬候補の臨床試験開始でマイルストン受領が材料視されたSOSEIのほか、ユナイテッドや中村超硬などが買われた。一方で、インフォテリアやアカツキ、モブキャストなどはさえない動きとなった。値上り率上位では、韓国子会社が新仮想通貨取引所を開設すると報じられたメタップスのほか、エンバイオHDやメドレックスが大幅な上昇となった。一方の値下り率上位には、直近IPO銘柄であるUUUMのほか、GNIやケアネットなどが並んだ。



東証REIT指数

現在値 1,675.44↓ (17/09/01 15:00)
前日比 -8.35 (-0.50%)
始値 1,685.06 (09:00) 前日終値 1,683.79 (17/08/31)
高値 1,686.37 (09:07) 年初来高値 1,868.86 (17/01/06)
安値 1,672.94 (13:34) 年初来安値 1,620.24 (17/07/14)


日経平均VI

現在値 15.17↓ (17/09/01 15:20)
前日比 +0.03 (+0.20%)
始値 14.90 (09:00) 前日終値 15.14 (17/08/31)
高値 15.33 (12:47) 年初来高値 24.33 (17/04/13)
安値 14.80 (09:24) 年初来安値 11.82 (17/07/27)


東証2部指数

現在値 6,598.04↓ (17/09/01 15:00)
前日比 +42.38 (+0.65%)
始値 6,559.25 (09:00) 前日終値 6,555.66 (17/08/31)
高値 6,608.85 (11:10) 年初来高値 6,640.93 (17/08/28)
安値 6,536.31 (09:21) 年初来安値 5,230.62 (17/01/18)


日経平均先物

現在値 19,680.00↑ (17/09/01 05:30)
前日比 -10.00 (-0.05%)
高値 19,740.00 (17:52) 始値 19,680.00 (16:30)
安値 19,640.00 (23:58) 前日終値 19,690.00 (17/08/31)


TOPIX先物

現在値 1,620.00↑ (17/09/01 05:30)
前日比 -1.00 (-0.06%)
高値 1,624.00 (17:51) 始値 1,620.00 (16:30)
安値 1,618.50 (23:52) 前日終値 1,621.00 (17/08/31)


JPX日経400先物

現在値 14,325.00↓ (17/09/01 05:30)
前日比 -40.00 (-0.28%)
高値 14,375.00 (17:44) 始値 14,345.00 (16:30)
安値 14,325.00 (05:24) 前日終値 14,365.00 (17/08/31)


東証マザーズ指数先物

現在値 1,099.00↑ (17/09/01 05:30)
前日比 +2.00 (+0.18%)
高値 1,100.00 (20:17) 始値 1,097.00 (16:30)
安値 1,096.00 (16:30) 前日終値 1,097.00 (17/08/31)


NYダウ先物 円建

現在値 21,945.00↑ (17/09/01 05:04)
前日比 +61.00 (+0.28%)
高値 21,969.00 (23:09) 始値 21,895.00 (16:46)
安値 21,890.00 (16:54) 前日終値 21,884.00 (17/08/31)


CME日経平均先物 円建

現在値 19,710.00 (17/08/31 19:11 CST)
前日比 +35.00 (+0.18%)
高値 19,745.00 始値 19,660.00
安値 19,660.00 前日終値 19,675.00 (17/08/31)


SGX日経平均先物

現在値 19,680.00↓ (17/09/01 04:44 SGT)
前日比 -15.00 (-0.08%)
高値 19,735.00 始値 19,665.00
安値 19,640.00 前日終値 19,695.00 (17/08/31)


長期国債先物

現在値 151.170↑ (17/09/01 05:30)
前日比 +0.050 (+0.03%)
高値 151.170 (00:37) 始値 151.100 (15:30)
安値 151.030 (17:00) 前日終値 151.120 (17/08/31)


1日の日本国債市場概況:債券先物は151円22銭で終了[FISCO] #klugfxnews_388757

配信日時 2017年9月1日(金)19:11:17 掲載日時 2017年9月1日(金)19:21:17

<円債市場>

長期国債先物2017年9月限寄付151円15銭 高値151円23銭 安値151円10銭 引け151円22銭売買高総計23754枚

2年 380回 -0.170%5年 132回 -0.155%10年 347回 -0.015%20年 161回  0.525%

債券先物9月限は、151円15銭で取引を開始。日銀が9月の国債買い入れ予定で5-10年の減額を前日発表したことで、売りが先行したとみられ151円10銭まで下げた。その後、米国債が前日買われたことや、短中期の需給ひっ迫が波及して買いが優勢になり、151円23銭まで上昇した。現物の取引では、2年債が売られ、5年債、10年債、20年債が買われた。<米国債概況>2年債は1.33%、10年債は2.13%、30年債は2.73%近辺で推移。債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)<その他外債市況・10年債>ドイツ国債は0.37%、英国債は1.05%で推移、オーストラリア10年債は2.66%、NZ10年債は2.85%。(気配値)



日本国債3年

年利回り -0.146 (17/09/01 02:05)
前日比 +0.005


日本国債5年

年利回り -0.136 (17/09/01 02:05)
前日比 +0.001


日本国債10年

年利回り 0.007 (17/09/01 02:05)


中国 上海総合指数 アジア株価 リアルタイムチャート


1日の中国本土市場概況:上海総合0.2%高と3日ぶり反発、石炭株と発電株が急伸[FISCO] #klugfxnews_388743

配信日時 2017年9月1日(金)17:17:59 掲載日時 2017年9月1日(金)17:27:59

1日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比6.31ポイント(0.19%)高の3367.12ポイントと3日ぶりに反発した。上海A株指数も上昇し、6.63ポイント(0.19%)高の3526.35ポイントで取引を終えている。

「国有企業改革」の進展が材料視される。国電電力発展(600795/SH)は8月31日、「親会社の中国国電集団は神華集団と経営統合する」と正式発表。それより先、中国国有資産監督管理委員会は8月28日、中国国電集団と神華集団の合併を承認することを明らかにしていた。国電電力発展と神華集団傘下の中国神華能源(601088/SH)は本土市場で取引再開し、寄り付きからそろってストップ高している。同業の発電株や石炭株にも、業界再編の思惑で買いが波及した。商品市況高も追い風。この日の上海商品取引所では、鉄筋や銅、アルミなどの商品が軒並み上昇した。これを受けて、鉄鋼株や非鉄株が物色される。宝山鋼鉄(600019/SH)が4.5%高、江西銅業(600362/SH)が1.5%高、中国アルミ(601600/SH)が1.0%高で引けた。ただ、上値は限定的。中国人民銀行(中央銀行)の資金吸収スタンスなどを嫌気し、上海総合指数はマイナス圏で推移する場面もみられた。人民銀は今週、オペ取引で差し引き2800億人民元の資金を吸収。週間では2週続けての吸収超となった。銀行株や保険株、不動産株などが売られている。上海市場の代表的な50銘柄で構成される上海50A株指数は、0.2%安とマイナスで引けた。一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が0.14ポイント(0.04%)安の345.06ポイント、深センB株指数が2.18ポイント(0.19%)高の1150.98ポイントで終了した。



上海総合指数 中国
▲0.19%
3,367.12
H:3,381.93
L:3,358.47
+6.31
09/01

CSI300指数 中国
0.22%
3,830.54
H:3,843.62
L:3,818.16
8.45
16:01

上海B株 中国
▼0.04%
345.06
H:347.20
L:344.88
-0.14
09/01

深センB株 中国
▲0.19%
1,150.98
H:1,152.93
L:1,148.36
+2.18
09/01

上海A株 中国
▲0.19%
3,526.35
H:3,541.84
L:3,517.24
+6.63
09/01

深センA株 中国
▲0.59%
2,046.33
H:2,046.33
L:2,032.46
+11.97
09/01


1日の香港市場概況:ハンセン0.1%安と続落、本土系銀行株がさえない[FISCO] #klugfxnews_388751

配信日時 2017年9月1日(金)18:15:58 掲載日時 2017年9月1日(金)18:25:58

1日の香港市場は小幅ながら値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比17.14ポイント(0.06%)安の27953.16ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が9.89ポイント(0.09%)安の11285.55ポイントとそろって続落した。売買代金は1005億6700万香港ドルと高水準が続いている(8月31日の売買代金は1028億1300万香港ドル)。

中国人民銀行(中央銀行)の資金吸収スタンスなどを嫌気。人民銀は今週、オペ取引で差し引き2800億人民元の資金を吸収した。週間では2週続けての吸収超となっている。米株や本土株の上昇、商品市況高などを手がかりに小高く推移していたものの、指数は引けにかけてマイナスに転じた。中国4大銀行株が軒並み下落。中国工商銀行(1398/HK)が1.0%安、中国建設銀行(939/HK)が0.7%安、中国農業銀行(1288/HK)が0.5%安、中国銀行(3988/HK)が0.2%安で引けた。本土系不動産セクターの一角もさえない。広州富力地産(2777/HK)が2.8%、恒大地産集団(3333/HK)が2.7%、万科企業(2202/HK)が1.3%ずつ値を下げた。半面、鉄鋼や非鉄、セメントなど素材セクターは高い。鞍鋼(347/HK)が5.0%、馬鞍山鋼鉄(323/HK)が3.9%、新疆新シン鉱業(3833/HK)が4.5%、中国アルミ(チャルコ:2600/HK)が2.9%、中国中材(1893/HK)が3.2%、中国建材(3323/HK)が1.4%ずつ値を上げた。この日の上海商品取引所では、アルミや鉄筋など主要商品が軒並み買われている。業績動向に着目した物色も続く。乳製品メーカー中国大手の中国蒙牛乳業(2319/HK)が6.6%高と大幅続伸した。同社は8月30日、中間業績の増益を明らかにしている。ネットゲーム中堅の網龍網絡(ネットドラゴン・ウェブソフト:777/HK)も10.6%高と連日で急伸。同社が一昨日に公表した中間決算では、業績が黒字転換したことが明らかにされた。本土市場は3日ぶりに反発。主要指標の上海総合指数は、前日比0.19%高の3367.12ポイントで取引を終えた。石炭株と発電株が急伸。鉄鋼株や非鉄株なども物色された。



HangSeng 香港
▼0.06%
27,953.16
H:28,116.70
L:27,915.44
-17.14
09/01

H株指数 香港
▼0.09%
11,285.55
H:11,379.14
L:11,249.67
-9.89
09/01

レッドチップ指数 香港
▲0.11%
4,343.49
H:4,352.53
L:4,334.83
+4.79
09/01

AORD オーストラリア
▲0.18%
5,724.59
H:5,734.90
L:5,700.80
+10.07
09/01

KOSPI 韓国
▼0.23%
2,357.69
H:2,370.25
L:2,351.37
-5.50
09/01

STI シンガポール
▲0.37%
3,277.26
H:3,288.94
L:3,274.97
+12.00
18:10

加権 台湾
▲0.09%
10,594.82
H:10,619.52
L:10,568.72
+9.04
09/01

VN ベトナム
▲0.76%
788.73
H:789.19
L:784.18
+5.97
09/01

SET タイ
▲0.14%
1,618.42
H:1,624.37
L:1,617.33
+2.26
09/01

Sensex インド
▲0.51%
31,892.23
H:31,944.10
L:31,707.27
+161.74
09/01

Nifty インド
▲0.57%
9,974.40
H:9,983.45
L:9,909.85
+56.50
09/01

この記事をはてなブックマークに追加

8月31日の安倍晋三

2017-09-01 06:30:00 | 安倍晋三関連記事
首相動静―8月31日:朝日新聞デジタル

【午前】10時4分、官邸。

 【午後】

2時5分、東京・丸の内のパレスホテル東京。宴会場「葵」で「日英ビジネスフォーラム」に出席し、あいさつ。英国のメイ首相同席。40分、官邸。

3時1分、国家安全保障会議特別会合。メイ首相同席。57分、メイ首相と懇談。

4時32分、東京・元赤坂の迎賓館。5時2分、メイ首相を出迎え。4分、儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼、儀仗。14分、メイ首相と首脳会談。

6時45分、共同記者会見。

7時25分、安倍晋三首相主催の夕食会。

9時17分、公邸。

この記事をはてなブックマークに追加

9/1終値 国内主要商品指数

2017-09-01 05:36:00 | 政治経済問題


















2017年9月1日 16時3分 現在

取引日:2017年9月1日



金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2017/10 4,618 4,673 4,675 4,664 4,669 +51 344 4,669
2017/12 4,621 4,668 4,668 4,656 4,664 +43 456 4,664
2018/02 4,614 4,663 4,663 4,650 4,661 +47 412 4,661
2018/04 4,611 4,659 4,660 4,648 4,655 +44 462 4,655
2018/06 4,610 4,660 4,660 4,648 4,656 +46 4,280 4,656
2018/08 4,614 4,662 4,663 4,650 4,658 +44 11,422 4,658


ゴールドスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

4,619 4,669 4,669 4,655 4,664 +52 29,511 4,671




単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2017/10 61.0  -  -  -  -  +0.0  -  61.0
2017/12 60.7  -  -  -  -  +0.0  -  60.7
2018/02 61.0 62.1 62.1 62.1 62.1 +1.1 1 62.1
2018/04 61.3 61.7 61.8 61.4 61.8 +0.5 22 61.8
2018/06 61.1 61.6 61.8 61.5 61.8 +0.7 25 61.8
2018/08 61.5 61.9 62.0 61.7 62.0 +0.5 49 62.0

白金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2017/10 3,512 3,539 3,540 3,532 3,540 +28 58 3,540
2017/12 3,510 3,530 3,532 3,524 3,527 +17 65 3,527
2018/02 3,502 3,531 3,532 3,519 3,524 +22 459 3,524
2018/04 3,493 3,528 3,528 3,515 3,519 +26 430 3,519
2018/06 3,495 3,523 3,523 3,513 3,520 +25 2,433 3,520
2018/08 3,498 3,525 3,526 3,515 3,523 +25 4,553 3,523


プラチナスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

3,515 3,547 3,548 3,537 3,545 +28 4,951 3,543


パラジウム

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2017/10 3,328  -  -  -  -  +0.0  -  3,328
2017/12 3,325  -  -  -  -  +0.0  -  3,325
2018/02 3,216  -  -  -  -  +0.0  -  3,216
2018/04 3,230 3,230 3,230 3,230 3,230 +0 1 3,230
2018/06 3,209 3,205 3,205 3,205 3,205 -4 18 3,205
2018/08 3,181 3,178 3,178 3,178 3,178 -3 17 3,178

バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2017/10 49,310 50,250 50,340 50,030 50,260 +950 47 50,260
2017/11 49,030 50,020 50,080 49,910 49,990 +960 32 49,990
2017/12 48,600 49,560 49,670 49,560 49,640 +1,040 62 49,640
2018/01 48,210 49,010 49,320 49,010 49,320 +1,110 127 49,320
2018/02 48,070 48,900 49,120 48,890 49,120 +1,050 623 49,120
2018/03 48,650 49,620 49,780 49,560 49,780 +1,130 1,101 49,780


バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2017/10 47,860 48,980 48,980 48,850 48,940 +1,080 24 48,940
2017/11 48,640 49,710 50,000 49,640 49,700 +1,060 35 49,700
2017/12 48,940 49,980 50,280 49,890 50,180 +1,240 148 50,180
2018/01 48,880 49,710 50,160 49,710 50,150 +1,270 210 50,150
2018/02 48,620 49,600 50,100 49,600 49,940 +1,320 449 49,940
2018/03 48,070 49,080 49,650 49,070 49,390 +1,320 621 49,390

プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2017/09 34,370 35,230 35,500 35,230 35,460 +1,090 89 35,460
2017/10 34,230 35,270 35,410 35,240 35,340 +1,110 141 35,340
2017/11 34,240 35,330 35,400 35,240 35,300 +1,060 37 35,300
2017/12 34,230 35,240 35,380 35,210 35,320 +1,090 329 35,320
2018/01 34,250 35,260 35,380 35,190 35,320 +1,070 6,510 35,320
2018/02  -  35,330 35,390 35,010 35,320  -  2,005 35,320


ゴム

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2017/09 213.8 214.0 214.4 213.4 214.4 +0.6 16 214.4
2017/10 214.2 214.6 215.0 214.1 215.0 +0.8 13 215.0
2017/11 212.8 214.1 214.4 213.2 213.2 +0.4 84 213.2
2017/12 214.9 215.4 216.0 214.1 214.1 -0.8 236 214.1
2018/01 216.6 217.5 217.9 216.2 216.4 -0.2 1,709 216.4
2018/02 218.6 219.0 219.9 218.1 218.4 -0.2 2,710 218.4


とうもろこし

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2017/11 20,260 20,540 20,550 20,450 20,460 +200 37 20,460
2018/01 20,370 20,600 20,640 20,600 20,640 +270 8 20,640
2018/03 20,460 20,690 20,730 20,690 20,730 +270 8 20,730
2018/05 20,780 21,070 21,140 21,040 21,100 +320 29 21,100
2018/07 20,810 21,110 21,190 21,090 21,130 +320 450 21,130
2018/09 20,770 21,010 21,100 21,000 21,050 +280 1,176 21,050


一般大豆

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2017/10 45,500  -  -  -  -  +0.0  - 45,500 
2017/12 48,070  -  -  -  -  +0.0  -  48,070
2018/02 45,150 45,650 45,650 45,650 45,650 +500 1 45,650
2018/04 46,330  -  -  -  -  +0.0  - 46,330 
2018/06 45,960 46,100 46,100 46,100 46,100 +140 2 46,100
2018/08 45,800 46,480 46,480 46,050 46,100 +300 8 46,100

小豆

単位:円(30キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2017/09 12,600  -  -  -  -  +0.0  - 12,600 
2017/10 12,380  -  -  -  -  +0.0  - 12,380
2017/11 12,780 12,860 12,950 12,840 12,840 +60 10 12,840
2017/12 12,970 12,960 12,960 12,910 12,910 -60 6 12,910
2018/01 12,910 12,880 13,000 12,880 12,920 +10 9 12,920
2018/02 12,830 12,840 12,960 12,840 12,840 +10 18 12,840


問屋仲間相場・鉄鋼(特記なき限り円/トン)


2017年9月1日 05時35分 現在

取引日:2017年9月1日



金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2017/10 4,618 4,630 4,674 4,630 4,672 +54 103
2017/12 4,621 4,630 4,664 4,630 4,664 +43 48
2018/02 4,614 4,620 4,657 4,620 4,656 +42 242
2018/04 4,611 4,618 4,656 4,618 4,656 +45 357
2018/06 4,610 4,617 4,657 4,617 4,657 +47 4,540
2018/08 4,614 4,620 4,660 4,620 4,658 +44 16,758


ゴールドスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

4,619 4,624 4,662 4,623 4,655 +36 6,493




単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2017/10 61.0
2017/12 60.7
2018/02 61.0 61.6 61.6 61.6 61.6 +0.6 1
2018/04 61.3 61.7 61.7 61.2 61.2 -0.1 2
2018/06 61.1 61.6 62.1 61.2 61.6 +0.5 35
2018/08 61.5 61.8 62.1 61.7 61.9 +0.4 15

白金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2017/10 3,512 3,511 3,538 3,511 3,534 +22 9
2017/12 3,510 3,513 3,530 3,512 3,527 +17 32
2018/02 3,502 3,506 3,532 3,497 3,532 +30 327
2018/04 3,493 3,503 3,522 3,487 3,522 +29 141
2018/06 3,495 3,501 3,520 3,482 3,517 +22 1,352
2018/08 3,498 3,502 3,524 3,484 3,523 +25 4,978


プラチナスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

3,515 3,523 3,541 3,505 3,534 +19 4,169


パラジウム

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2017/10 3,328
2017/12 3,325
2018/02 3,216
2018/04 3,230
2018/06 3,209 3,207 3,212 3,191 3,205 -4 26
2018/08 3,181 3,198 3,210 3,180 3,192 +11 22

バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2017/10 49,310 49,920 50,070 49,920 50,070 +760 2
2017/11 49,030 49,030 49,190 49,030 49,190 +160 8
2017/12 48,600 48,660 49,400 48,660 49,400 +800 8
2018/01 48,210 48,500 49,130 48,490 49,010 +800 41
2018/02 48,070 48,000 49,010 47,970 48,850 +780 465
2018/03 48,650 48,680 49,700 48,570 49,620 +970 1,016


バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2017/10 47,860 48,250 48,290 48,250 48,290 +430 4
2017/11 48,640 48,850 49,600 48,750 49,600 +960 28
2017/12 48,940 49,080 49,570 49,080 49,570 +630 8
2018/01 48,880 49,180 49,370 49,180 49,370 +490 6
2018/02 48,620 48,860 49,330 48,860 49,330 +710 19
2018/03 48,070 48,070 49,020 48,070 48,920 +850 35

プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2017/08 34,720
2017/09 34,370 34,390 35,310 34,280 35,310 +940 15
2017/10 34,230 34,430 35,320 34,430 35,300 +1,070 24
2017/11 34,240 34,390 35,390 34,390 35,390 +1,150 30
2017/12 34,230 34,200 35,380 34,160 35,230 +1,000 509
2018/01 34,250 34,240 35,380 34,160 35,200 +950 5,843


東商取原油先物ドル換算価格および世界の原油先物価格

米ドル/バレル

限月 始値 高値 安値 現在値 前日比

2017/08
2017/09 49.50 50.99 49.34 50.99 +1.36
2017/10 49.49 51.00 49.49 51.05 +1.55
2017/11 49.44 51.15 49.44 51.15 +1.66
2017/12 49.22 51.11 49.17 50.95 +1.45
2018/01 49.28 51.12 49.16 50.91 +1.37


ゴム

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2017/09 213.8 213.1 213.1 213.1 213.1 -0.7 1
2017/10 214.2 214.0 214.0 214.0 214.0 -0.2 2
2017/11 212.8 212.4 213.5 212.4 213.5 +0.7 4
2017/12 214.9 213.8 215.0 213.7 215.0 +0.1 109
2018/01 216.6 216.1 216.8 215.6 216.7 +0.1 238
2018/02 218.6 218.2 218.7 217.6 218.5 -0.1 1,135


とうもろこし

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2017/11 20,260 20,180 20,300 20,180 20,300 +40 2
2018/01 20,370 20,300 20,450 20,300 20,450 +80 2
2018/03 20,460 20,380 20,640 20,380 20,640 +180 6
2018/05 20,780 20,780 21,000 20,760 21,000 +220 26
2018/07 20,810 20,810 21,100 20,810 21,100 +290 147
2018/09 20,770 20,780 21,000 20,760 20,990 +220 473


一般大豆

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2017/10 45,500
2017/12 48,070 48,070 48,070 48,070 48,070 +0 1
2018/02 45,150 45,150 45,150 45,150 45,150 +0 1
2018/04 46,330 46,330 46,330 46,330 46,330 +0 1
2018/06 45,960 45,850 46,000 45,850 46,000 +40 4
2018/08 45,800 45,820 46,280 45,820 46,280 +480 2

小豆

単位:円(30キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2017/09 12,600
2017/10 12,380 12,380 12,380 12,380 12,380 +0 1
2017/11 12,780 12,780 12,780 12,780 12,780 +0 1
2017/12 12,970 12,930 12,930 12,930 12,930 -40 1
2018/01 12,910 12,870 12,870 12,800 12,870 -40 3
2018/02 12,830 12,850 12,850 12,700 12,700 -130 5


問屋仲間相場・鉄鋼(特記なき限り円/トン)

この記事をはてなブックマークに追加

外交・災害への「無策」ぶりが際立つ安倍晋三

2017-09-01 05:30:02 | 安倍晋三関連記事
さすれば、こんな人物を総理にしている日本国民が不幸じゃないか。


2017年09月01日 03時29分44秒 本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」 安倍晋三首相は、自然災害、戦争被害から国民の生命、身体、財産を守る手立てをせず、外交無策により国民を危機に曝す

◆〔特別情報1〕

 「関東大震災、東海大震災、東南海大震災、南海大震災の4連発」が、いつ起きてもおかしくないと憂慮されている。「天災は忘れたころにやってくる」という。「天災はその恐ろしさを忘れた頃にまた起こるものであるから、用心を怠らないこと・油断は禁物であるという戒め」である。物理学者で文学者の寺田寅彦のことばといわれる。にもかかわらず、東京都内に限ってみると、超高層ビルの建設ラッシュが続いている。

本当に「4連発」が起きた場合、地域住民は、どうすればいいのか。

「3.11」の東電福島第1原発大事故で漏れ出た放射能を「アンダーコントロール」してはいない。

北朝鮮(金正恩党委員長=元帥)が発射した新型中距離弾道ミサイル(火星12)に対して、肝心要の「全国瞬時警報システム(通称:j-ALERT)は何の役にも立たなかった。

安倍晋三首相は、自然災害ばかりか、戦争被害から国民の生命、身体、財産を守る手立てを整備することもなく、しかも、外交無策を続けて、国民を危機に曝している。

この記事をはてなブックマークに追加

加計学園96億円補助金に暴力団の影

2017-09-01 02:00:36 | 加計学園問題
どす黒さ全開の加計学園問題。

暴力団まで出てきたんじゃ、「もうおしまい」だ。


加計問題「第2幕」へ 96億円補助金に今度は“マル暴”の影 #日刊ゲンダイDIGITAL 2017年8月29日

文科省の大学設置・学校法人審議会(設置審)で「保留」となり、10月末以降にあらためて判断が下されることになった愛媛・今治市の加計学園の獣医学部新設。先週24日、「今治加計獣医学部問題を考える会」が獣医学部棟の設計図面を公表し、日刊ゲンダイ既報の通り、建設費水増し疑惑の声が広がり続けているが、現場では別の問題が浮上しているという。

 加計学園が市に申請した計96億円の補助金を狙った「マル暴」の介入だ。

 現場の工事関係者がこう言う。

「獣医学部の工事施工業者らで7月下旬に暴力団排除のための対策協議会を立ち上げました。工事担当の大本組、アイサワ工業の現場所長がそれぞれ会長、副会長に就き、岡山県警出身で元岡山県暴力追放運動推進センター専務理事の皆木英也加計学園相談役が『建設業は暴力団の格好の標的』『利益供与禁止』などを訴えました。まっ、当然といえば当然の話なのですが、今治市にはもともと暴力団排除条例があり、わざわざ新たな協議会をつくるのも不思議な話だと話題になりました。しかも、工事着工前ならともかく、なぜ、工事がかなり進んだ今の時期につくるのかが分からない。どうやら、多額の補助金を狙ってマル暴が乗り込んできているのではないか――とウワサになりました」


暴対法や暴排条例で取り締まりが強化され、ヘタをすれば使用者責任を問われて親分のクビも危うくなるかもしれないマル暴が、手ぶらでノコノコと出てくるはずがない。目を付けた相手の弱みを握った上で、脅し透かしを仕掛けてくるのが常套手段だから、現場では「建設費の水増し疑惑などのネタを手に入れたのではないか」なんて囁かれているらしい。

 身から出たサビとはいえ、設置審の判断も先送りになり、その上、マル暴まで絡んでくるとなれば、グチャグチャだ。

「9月6日から今治市議会が始まり、加計問題も必ず取り上げられると思います。そこでまた、新たな疑惑が出てくるかもしれません」(今治加計獣医学部問題を考える会共同代表の黒川敦彦氏)

 補助金水増しにバイオハザード(生物災害)リスク、市議買収、マル暴……。次から次に出てくる疑惑に市民も怒り心頭だろう。もともとムリな計画にツジツマ合わせの理屈をひねり出すからボロが出てくるのだ。市議会でどんな爆弾が炸裂するのか。

 加計問題はいよいよ第2幕の始まりだ。

この記事をはてなブックマークに追加

8/29 小田原記念 山岸佳太逃げ切って記念初優勝!

2017-09-01 00:23:29 | 競輪
画像ソースはデイリースポーツ



【競輪】小田原競輪G3は山岸佳太が記念初V(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-00000115-dal-spo @YahooNewsTopics

8/29(火) 20:14配信

 「G3・北条早雲杯争奪戦」(29日、小田原競輪)

 山岸佳太(27)=茨城・107期・S2=が記念初決勝進出で初優勝を達成。優勝賞金360万円を獲得し、G1・競輪祭(11月23~26日・小倉)の出場権も手にした。2着には渡部哲男、3着は岩津裕介が入った。人気を集めた渡辺一成-高橋陽介は、中団を確保するもまくり不発に終わり、それぞれ6、5着に敗れた。

 山岸が記念初決勝進出の勢いに乗って、初優勝も手にした。赤板前に山中がインを切ると、山岸がたたいて主導権を奪い最終ホームを一本棒の展開に持ち込んだ。最終バックから岩津がまくり上げたが、山岸はしっかり踏み直して、岩津、さらに渡部の猛追を僅差でしのいで先頭でゴールを駆け抜けた。「準決が逃げられず悔しかったし、決勝は先行しようと思った。最後は岩津さん、渡部さんに抜かれたと思った。引き揚げてきて、芦沢(大輔)さんに『優勝だぞ』と言われて、初めて勝ったと分かった」とレースを振り返った。

 この優勝ですでに出場権を持っていた10月の寛仁親王牌(前橋)に続き、11月の競輪祭の出場権も獲得した。勢いに乗って次は9月15日初日の平F1に臨む。「対戦相手からマークがキツくなると思う。予選で負けないようにしっかり走りたい」と浮かれた様子はなく、さらにレベルアップすることを誓った。



北条早雲杯争奪戦 最終日  

全レース成績

第12R S級決勝  16:40 

予想情報

◎ 1 1 渡邉 一成 88 福島 8/26 初特選 3着 8/27 優 秀 8着 8/28 準決勝 1着 8/29 決 勝 6着 
  2 2 神山雄一郎 61 栃木 8/26 初特選 7着 8/27 二予選 3着 8/28 準決勝 2着 8/29 決 勝 4着
〇 3 3 山中 秀将 95 千葉 8/26 初特選 6着 8/27 二予選 1着 8/28 準決勝 2着 8/29 決 勝 8着
  4 4 渡部 哲男 84 愛媛 8/26 初特選 6着 8/27 二予選 2着 8/28 準決勝 3着 8/29 決 勝 2着
△ 4 5 高橋 陽介 89 青森 8/26 初特選 1着 8/27 優 秀 7着 8/28 準決勝 1着 8/29 決 勝 5着
  5 6 河村 雅章 92 東京 8/26 一予選 1着 8/27 二予選 3着 8/28 準決勝 3着 8/29 決 勝 7着
X 5 7 岩津 裕介 87 岡山 8/26 初特選 3着 8/27 優 秀 3着 8/28 準決勝 3着 8/29 決 勝 3着
▲ 6 8 山岸 佳太 107 茨城 8/26 一予選 1着 8/27 二予選 2着 8/28 準決勝 1着 8/29 決 勝 1着
★ 6 9 渡邉 晴智 73 静岡 8/26 初特選 1着 8/27 優 秀 2着 8/28 準決勝 2着 8/29 決 勝 9着

1 8 山岸 佳太 27 茨 城 107 S2 9.7 逃げ HB
2 4 渡部 哲男 37 愛 媛 84 S1 1/8車輪 9.5 差し
3 7 岩津 裕介 35 岡 山 87 SS タイヤ差 9.6
4 2 神山 雄一郎 49 栃 木 61 S1 1/2車身 9.7
5 5 高橋 陽介 35 青 森 89 S1 3/4車輪 9.5
6 1 渡邉 一成 34 福 島 88 SS 3/4車輪 9.6
7 6 河村 雅章 34 東 京 92 S1 1/4車輪 9.3
8 3 山中 秀将 31 千 葉 95 S1 1 車身 9.2
9 9 渡邉 晴智 44 静 岡 73 S1 1 車身 9.2

■ 払戻金
2枠複 4=6 1,380円 (7)
2枠単 6-4 3,390円 (15)
2車複 4=8 17,780円 (36)
2車単 8-4 31,490円 (65)
3連複 4=7=8 14,040円 (47)
3連単 8-4-7 186,960円 (360)
ワイド
4=8 3,180円 (34)
7=8 1,580円 (23)
4=7 1,210円 (16)


第9R S級ブロックセブン  14:47 

予想情報

◎ 1 1 渡邉 雄太 105 静岡 優勝
  2 2 岡崎 智哉 96 大阪 7着
▲ 3 3 池田  良 91 広島 2着
  4 4 川津 悠揮 96 北海 4着
〇 5 5 田村 真広 83 群馬 5着
  6 6 村上 卓茂 84 愛知 6着
△ 6 7 佐藤 幸治 92 長崎 3着

1 1 渡邉 雄太 22 静 岡 105 S1 9.8 差し
2 3 池田 良 31 広 島 91 S1 1 車輪 9.9 捲り
3 7 佐藤 幸治 31 長 崎 92 S2 1 車輪 9.8
4 4 川津 悠揮 29 北海道 96 S2 4 車身 10.1
5 5 田村 真広 42 群 馬 83 S2 3/4車身 10.2
6 6 村上 卓茂 39 愛 知 84 S2 1/4車輪 10.4
7 2 岡崎 智哉 32 大 阪 96 S1 1/4車輪 10.5 HB

■ 払戻金
2枠複 【未発売】
2枠単 【未発売】
2車複 1=3 410円 (2)
2車単 1-3 580円 (2)
3連複 1=3=7 500円 (1)
3連単 1-3-7 1,540円 (2)
ワイド
1=3 140円 (1)
1=7 160円 (2)
3=7 290円 (4)


この記事をはてなブックマークに追加