佐伯よろうや日記

佐伯市まちづくりセンター「よろうや仲町」のブログです。
がんばるNPO・ボランティアを応援します!

2017年度文化と芸術による地域振興助成 !

2016年10月11日 | 助成金・補助金

本日は、公益財団法人福武財団より

助成金のお知らせです。


2017年度文化と芸術による地域振興助成

活力あふれた個性豊かな地域社会を実現するため、

地方公共団体等との緊密な連携の下、

地域住民を中心としたアートによる創造的で文化的な表現活動を通じた

まちづくり等の諸活動に対して助成を行います。


《 助成対象 》

日本国内において実施される事業で、以下の要件を満たしたもの。

1.地域の振興・発展に資する事業であること

2.地域住民との協働で行っている事業であること

3.継続性かつ発展性のある事業であること

4.主に現代アートに代表される新しい表現方法を用いた事業であること

5.営利を目的としない事業であること 


《 選考の観点 》

1.活動団体が地方公共団体等と連携し、

地域全体が主体的に地域を変革してい こうとしていることを重視します。

事業が自治体の協力を得ながら、

地域を 主体的に変えていく動きを重視していきます。

また、過疎・高齢化など現代 社会において地域が持つ課題を捉え、

住民自ら変革の動きに転化する活動に 注目していきます。

2.活動内容が「面的な広がり」を持っていることを重視します。

風土や歴史、 民俗に根ざし、行政区を越えた活動地域の広がりを求めています。

また、そ こに新たな意味を持たせる個性ある、独自の活動に注目していきます。

3.現代アートに代表される、現代の新しい表現方法を活用した文化・

芸術活動 を支援することで、

地域の独自性が発見されていることを重視します。

質の 高い表現、または作家、

鑑賞者と住民とのコミュニケーションを通して、

そ の土地の持っている資源が発見され、

新たな価値へと発展させていく活動に注目していきます。

4.活動が継続的・持続的であることを重視します。

地域振興という活動の目的 を達成するにあたり、

活動の中期的な構想など事業及び組織が継続していく

仕組みがある活動に注目していきます。

5.活動が先端的・国際的な評価や影響力があることを重視します。

地域の独自 性や活動の先進性を考え、国際的、

先端的な観点から事業の評価がひろく行われるような

仕組みや取組みを持っていることに注目していきます。


《 助成件数 》

20 件程度 


《 助成の対象者 》

原則として問いません。

(個人でも団体でも応募可能 


《 助成額 》

1 件につき上限 300 万円、総額 2,500 万円

※選考委員会にて、提出された申請内容と申請額を勘案し助成額を決定します。 


《 助成期間 》

単年度

(2017 年 4 月から 2018 年 3 月) 


《 応募手続き 》

・応募用紙は当財団ホームページよりダウンロードして下さい。

・必要事項を記入後、応募用紙を Email に添付して送信してください。

送付先メールアドレス  development@fukutake-artmuseum.jp

※件名を【文化と芸術による地域振興助成-申請】と明記すること。

・応募用紙とは別に活動状況のわかる資料(チラシ、画像、映像資料など)があ る場合、

CD-R にデータを格納し、下記宛先まで郵送して下さい。

ただ A4 サ イズ 2 枚以下に収めること。 


《 募集期間 》

募集開始: 2016年10月 1 日(土)

募集締切: 2016年10月28日(金)

※資料郵送の場合は当日消印有効 


《 活動報告書関係の資料郵送先 》

〒700-0807 岡山県岡山市北区南方 3-7-17 3F

㈱TMJ内 公益財団法人福武財団 「地域振興助成」担当者 宛

【注意事項】

書類は、日本語でご記入ください。

申請する事業に対し、他の団体から助成を受けているもの、

またはこれから受け る予定のあるものについては、

応募書類にその旨を明記してください。 


《 選考方法及び選考結果の通知 》

当助成事業の選考委員会において厳正に選考し、

当財団の理事会で決定します。

なお、2017 年2月までに内定通知を発送し、

助成金の交付に必要な書類を取り 揃え、

3 月下旬を目処に申請者に対し正式な採否を文書又はメールで通知します。

※審査につきましては、申請書を基にヒアリングなどを実施する場合があります。


《 助成金の交付 》

助成決定者には、採否の通知時に振込先を記入する用紙をお送りします。

原則として、その用紙が当財団に返送された後、

2017 年 5 月頃に指定先口座に 振り込みます。

※継続して助成を受けられる方は、前年度の報告書到着後、交付手続きを開始します。


《 助成決定者の義務 》

1.活動成果の報告 助成期間終了後 1 ヶ月以内を目途に、

成果報告を行ってください。

報告書類の提出方法は、助成開始後改めてご案内いたします。

2.活動成果発表会への参加 当財団が主催する、助成決定者が集い、

成果の報告を通した相互交流を目的とした発表会(2018 年度実施予定)へ参加すること。

なお、発表会参加に伴う旅費等の必要経費は当財団で負担します。 

3.当財団の助成によって発表される研究・活動成果、

公演チラシ・パンフレッ ト等のパブリシティには、

必ずその旨を明示してください。 


《 継続助成 》

助成年数の制限はありません。

継続して助成を受けたい個人・団体は、

助成年 度ごとに申請する必要があります。

※継続助成が優先的に助成されるとは限りません。


《 個人情報の取り扱いについて 》

応募用紙に記載いただきました氏名、生年月日、年齢、

所属機関名称、部署・ 学部、役職、連絡先、電子メールアドレス、

事業協力者、プロジェクトメンバ ーの氏名、年齢、所属機関、役職等に関しましては、

「個人情報保護に関する 法律」に則り個人情報として厳正に管理し、

下記の目的に限り利用します。 

1)応募に対する審査および審査結果の通知

2)助成決定後の諸手続の連絡

3)助成者決定の公表[氏名、所属機関、職名、題目、活動等の概要、助成金額]

4)当財団内管理業務

5)当財団主催事業の案内  


《 助成内容に対する問い合わせ先 》

〒761-3110 香川県香川郡直島町 850

公益財団法人福武財団 事務局 助成担当

TEL:087-892-2550 FAX:087-892-4466

E-mail: development@fukutake-artmuseum.jp

なお、問い合せの対応時間は平日の 9:30~16:30 までとします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンデン王国 アフリカ村祭り... | トップ | 第2回 秋の良縁フェスタ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事