よろみ村くらし暦

奥能登の禅寺での山暮らし。野菜作りと藍染め,柿渋染め,墨染めのくらし暦。来山者への野菜中心のお料理が何よりのおもてなし。

納豆嫌い

2017-02-24 11:00:41 | グルメ

たいがいの人は、いくつかの嫌いなものがある。食べ物の話である。
人から尋ねられ「なにもないよ。」といい放した途端、嫌いなものを見つけた。
それが納豆。
それ故に朝の食卓には何かしらの副菜を作って来た。
これがあれば他に入らないのに。

ところが住職は大好き。私が嫌いなので子供らも嫌いかと思いきや、ここから巣立ったからの彼らの食卓には納豆がある。
私が嫌いなのは、父親が食べなかったので出されていなかったのが原因かと思われる。

最近、醗酵食についての本を読み漁っている。
そこで醗酵食の栄養価とか効能を改めて学び、最近は朝の食卓に出すようになった。
その時の食べ方は、必ず酢を掛け、今だと大根おろしなどと一緒に辛うじて食べている。

何がダメなのか、その原因の一つに匂いがある。
これは醗酵の特徴でもあるのだが、他の醗酵食の匂いや味は好きなのに、どうしても納豆だけは未だに慣れない。
漬け物や乳製品のチーズなどは大好きなのだ。
若かりし頃、私をロシア人に近いと言われたことがある。
色白で瞳が薄く、目が二重で大きかったせいもあったからだろうか。
もしかして私のルーツはブルガリアに近いのかも知れないと思ってしまった。



醗酵と関係ない人参とニラのチヂミ。
どうしても冬は白ばかりの食卓に、人参とニラが映えました。
タレには自家製の麹入り醤油唐辛子。

もう一つ、特記すべきはあのねばねば、食べ終わった後は必ず濡れたティッシュで拭き切らないと気持ち悪くて仕方ない。
納豆好きの小泉武夫さんからしたらそこがいいと言われそうだ。
何にしても、醗酵食品の好き嫌いは大きく分かれる。

以前、炬燵で自家製の納豆を作っていたことがある。
その時の納豆は食べられた。
思い出すと、匂いや味が違っていた。
やはり、市販のものは何かあるのではと勘ぐってしまう。
では、また作るかと言うと、そこまでの食指が伸びない。
納豆と蜜月になることはあるのだろうか。



寒麹漬けのチキンソティーとジャガイモのサラダ。
サラダには冷凍したパプリカと醗酵させた柿酢を使った自家製のマヨネーズ。

















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の足元 | トップ | リニューアル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事