留学が吉!

留学に関する様々な情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海外留学スクールランキングで評判のNICの転換教育の土台とは

2014-05-13 18:35:55 | 日記
海外で留学するための専門学校で、
毎年上位にランクインしていると評判なNIC。
そのNICで最も評判になっていることは「転換教育」です。

転換教育とは、日本の学校で定着化している
「一方通行型」の教育を退け、
先生と生徒が互いにコミュニケーションを取り合いながら、
課題を解決する授業スタイルのことを表します。

この教育は、英語という言葉に弱い
日本人のための教育と言ってもいいでしょう。
英語を学ぶのではなく、“英語で学ぶ”ことで、
自然と英語の力が身に付いてくるのです。
では、この転換教育の土台はどのようにして形成していくか、
それは次の2つの思考法を使います。

~転換教育における2つの土台~
・Critical Thinking(クリティカル・シンキング:分析的思考)
・Creative Thinking(クリエイティブ・シンキング:創造的思考)

クリティカル・シンキング型とは、分析的思考のことを表します。
課題の論点を感情論に終わらせず、
より幅広い視点から分析・思考を行うことで、
争点の中にある本当の問題点を明らかにしていきます。
この考え方は欧米の授業でごく一般的に使われているものであり、
多くは対話形式、討論形式で行っています。
クリティカル・シンキングを身に付けることで、
物事を幅広い視点から考えられる“柔軟さ”が養われていきます。

クリエイティブ・シンキング型とは創造的思考のことを表します。
個人、ないしグループ間で議題に対し自由にアイディアを出すことで、
あらゆる視点から物事を見る力を生み出す、“創造性”が養われます。

この2つの考え方が合わせたものがNICの転換教育であり、
学生からも評判が良いとなっています。
英語の基礎の土台固めを作るなら、留学で評判なNICがオススメです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加