留学が吉!

留学に関する様々な情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NICが高い評判を得ているわけ

2014-01-21 15:24:44 | 日記
皆さんは海外留学について考えたことはありますでしょうか。
海外留学は今も昔も費用が高いことで知られていますが、
現地アルバイトや奨学金等やりようによっては手の届く範囲にあるのです。
それゆえ、現実問題として留学を阻むのは語学に関するものと
多くの方が思っていますが、壁はそれだけではありません。
英会話に慣れた人でも海外の大学を中退する人が後を絶たないと言われています。

NICはそんな壁を打ち破るための教育機関として高い評判を得ています。
語学を学ぶことは当然ですが、ここが評判なのはその自主学習時間の長さになります。
統計的なデータによりますと、
日本の大学生の平均的な1日の勉強時間は2.9時間と言われています。
難関大学とFランク大学で大分開きはあると思いますが、概ね1日約3時間が普通です。
これは世界的に見るとかなり少ない時間とされています。
一方、NICの1日の“自主”勉強時間は5.17時間です。
これに通常の授業の3時間を加えると1日8時間は勉強している計算になります。
そして、欧米では1日8時間の勉強は普通です。
難関校と呼ばれるところでは優に12時間を超えるところもあります。

こうした長い勉強時間の習慣を身に付けることにより、
NIC出身者は留学先の大学において
高い進級率を誇ることで海外でも評判になっています。
成績も平均B以上で高い評価を得ているのです。

高い評判を得ているNICに挑戦する方は、
最低でも1日8時間は勉強する覚悟の上で臨んでください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加