留学が吉!

留学に関する様々な情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

評判のNICを利用するメリット

2013-01-11 10:45:16 | 日記


前回、留学をするにあたり、
NICのような評判の専門校の利用をお薦めしました。

今回は更に、踏み込んだお話をしたいと思います。

留学準備に、NICのような評判の専門校を利用すると良い理由は、
前回説明した「授業スタイルへの慣れ」だけではありません。

もう一つの理由は、「単位移行」です。

NICでは英語研修課程の上級レベルを修了した後、
一般教養課程を最高30単位まで履修できることで評判です。

また、NICの授業は海外の大学で行われている
“自ら考える”授業方式を取り入れています。
“自ら考える”力を早めに取り入れることによって、
海外の大学での授業にも上手く入っていけ、
最大限に知識を取り入れることが出来ます。

この評判の「単位移行」を上手に活用していけば、
NIC1年・留学先大学3年といった形で卒業することも可能となります。

つまり、留学先でNICで取得した単位を認めてもらい、
2年次からスタート、卒業までの時間を短縮する訳です。

時間を無駄にすることなく留学でき、
日本の学生と同期間で卒業出来るため、
就職時の年齢ハンディも軽減されると評判です。

といっても、一般教養課程を履修するためには、
それなりの英語力が必要となります。

また、現地の能動的な授業スタイルに慣れることも必須です。
向うの授業はいかに発言をしたかによって成績が変わってきます。
故に、日本の大学の授業のようにただ受動的に受けていただけでは、
決して単位に有り付けません。
なので、自分の頭で考え、積極的に発言する癖も付けておくべきなのです。

よりスピーディに、よりスムーズに留学を勧めたい、
という方は是非、頑張ってみてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NICで行われる評判の「転換教... | トップ | NIC評判のコンテントベースト... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
jump2top7@yahoo.com (Miami Directory)
2013-05-29 21:43:42
といっても、一般教養課程を履修するためには、
それなりの英語力が必要となります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。