留学が吉!

留学に関する様々な情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NICが評判なのは、効率の良い学習方法を学べるから

2015-04-28 15:34:52 | 日記
日本人が日本の大学に進学する場合、
一つの大学でも【普通試験】【センター試験】【推薦入試】などがあり、
どれか一つでも合格すればその大学に入学することが出来ます。
この辺りは日本人に優遇されている制度とも言えます。
一方で、留学する場合は門戸が狭くなります。
名称こそ定まっていませんが
【留学試験】ただ一つの門戸のみを突破する必要があるのです。
日本の大学でも『留学生枠』があると思いますが、
その人数は決して『日本人枠』を上回らないと思います。

スタートラインの地点で不利とも言えますが、
それだけ留学する価値が高いとも言えます。
もちろん、海外の評判高い大学によっては
『留学生枠』を非常に多く採用しているところもあります。
それでも前提として“成績が優秀”という枕詞が付くのは必然です。

NICが評判なのは、「留学を成功させる」こと及び、
「それを適えさせるために
厳しい授業内容と自主学習が課せられる」点にあると思います。
どれくらい厳しいかは体験しない限り分かりませんが、
NIC生の声によると、評判ある大学を目指す受験生に近い
勉強時間が要求されるようです。
とても普通なことの様に見えますが、
この長い勉強時間は留学後も同じぐらい取るそうです。
大学は勉強するところですので、当然かもしれませんね。
簡単に言うと「NICで勉強する習慣を身に付けさせる」
とでも言えばいいでしょうか。

もちろん、やみくもに勉強しても効率は悪いです。
評判高い海外の大学を卒業するには、
限られた時間で必要な知識を身に付ける必要があります。
本を1ページ目から最終ページまで暗記する方法では、
いくら時間があっても足りません。
NICは、非常に効率の良い勉強法を教えてもらう場でもあるのです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NICのPEP-UPが評判です

2015-04-27 18:02:01 | 日記
NICの評判を担っているのは、
正規授業での高度な転換教育と言われていますが、
それ以外にも評判高い授業は行われています。
そのひとつが早期合格者対象入学事前教育プログラムである
PEP-UP(Pre-Enrollment Program University Preps)になります。

NICの正規の採用試験は、
卒業を間近に控えた(もしくは卒業式後の)
高校3年生を対象とした3月下旬~4月下旬になります。
上記のPEP-UPはいくつかのプログラムがありますが、
NICへの早期合格者を選出する試験は
高校3年生の4月から12月まで随時行っています。
または高校生と問わず、大学生・社会人も対象です。

PEP-UPの利点は主に3つ。
無料での英語通信教育、
夏季特別英語講習会に参加した場合の奨学金、
1月からの早期特別研修(有料)の3つになります。
基本的に、高校3年生が履修する学業に
支障が出ない範囲での特別授業になります。
このPEP-UPにより、4月に正規授業が始まる前に
基礎英語力を高めることが出来るとして、
早期入学者の間で高い評判を獲得しているのです。

早期入学のシステムは非常に有用です。
そもそも、NICの正規の入学試験は
他の大学の入学試験がほぼ終わった後になります。
それゆえ、大学に合格できるか否かの
不安に苛まれる期間を極力無くすことが出来るとされます。
大学受験ではなく、留学に向けての準備を早い段階から出来るとしても、
この制度は非常に高い評判を得ているのです。
みなさんも、もしNICへの早期入学を為し得たのなら是非、
PEP-UPを利用して基礎英語力を高めてください。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NICで評判の転換教育、その必要性とは?

2015-03-27 15:40:53 | 日記
日本ではほとんどの授業が一方通行の講義式ですが、
欧米では常に対話しながら授業が進められます。
受身でなく、どう思い・どう言い表すかという「個」が重要視されます。
成績評価基準はテストやレポートだけでなく、
クラスでの発言も含まれ、均等です。
テストが良くても良い成績が取れるわけではありません。
留学の際には欧米型の授業に対応することも重要です。
そのため、NICでは転換教育を行っています。
これが評判です。

では、NICの評判の転換教育の必要性とは
どういったものなのでしょうか。
欧米などの対話型授業は、
単に学生とコミュニケーションを図るためのものではありません。
分析力と思考力を築く為のものです。
欧米の大学に留学するなら、英語力だけでなくこの分析力と思考力、
表現力のクリティカルシンキングが必要不可欠です。
それを会得するのが、転換教育なのです。
クリティカルシンキングを会得できることが、
NICの評判の良さに繋がっています。

NICの転換教育では、大学の授業で必要な英語力を身に付けることが出来ます。
高度な英語力=アカデミックスキル以上のリサーチペーパー、
ディスカッション、スピードリーディングなどを身に付けられるのです。
さらに大学レベルで必要とされる専門分野の基礎知識や、
欧米の文化や教育システム、コミュニティの一員としての
生活の仕方などを身に付けるカリキュラムが全て含まれています。
こういったことが学べるNICは評判です。

海外留学の際には、英語力以外にも授業をしっかり受ける為に、
必要なことが沢山あります。
評判のNICの転換教育で、それらを身に付けることが出来ます。
途中で帰国せず、留学を成功させるために転換教育は必要です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NICの評判のカリキュラム

2015-03-18 18:59:40 | 日記
NICで行われている英語研修プログラムは、
English for Academic Purpose(EAP)と呼ばれています。
これは英語力:単語や熟語、構文、
日常会話を補う為のプログラムや
留学に必要とされる英語力を判断するテストと区別されます。
留学先の文化や生活習慣への対応法、
現地学生と対等レベルの論文を書く力、
プレゼンテーションの方法などを含む
大学レベルの総合英語力を身に付けます。
同時に専門分野を学ぶ独自のカリキュラムを組んでいます。
これがNICの評判のカリキュラムです。

NICでは、レベル別のクラス構成にて
現地点の英語力に合わせたレベルで授業をスタート出来ます。
そこから確実に力をつけるカリキュラムを提供しています。
こういった点もNICの評判の良さに繋がっています。
授業時間数は中高6年間の英語時間に相当する1000時間
1クラス15~20人程度の少人数で、
学部課程の基礎知識を学ぶContent Based Programによって
大学レベルで必要な英語力を短時間で身に付けます。
授業はネイティブの教授による英語で行われます。
その基盤となるのがコンテントベースト指導法です。

大学で学ぶ科目の基礎知識を英語で学ぶことにより、
大学レベルで必要な実践的な英語力を身に付けています。
実践的な英語が身に付くことも、NICの評判の良さです。
自信の思考力と知識、語学力がセットとなって
初めて真のコミュニケーション能力が身に付けられます。
論題について必要な分を読み、
重要点を見つけ新しい語彙を学び、
専門知識を身に付けトピックについて討論し、
学んだことをレポートして先生から
フィードバックをもらうという授業形式です。

ディスカッション中心の対話型授業を行うことで、
スピーキング力とリスニング力を総合的に高めます。
さらに大学レベルの読解力と論文作成力を身に付けます。
NICのカリキュラムは、欧米の大学で必要とされる
「読み・書き・聞き・話す」能力を同時に身に付けます。
これがNICの評判のカリキュラムです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

評判高い海外の大学を目指すならNICに入学する前から英語力を鍛えておこう

2015-02-18 16:21:43 | 日記
中学まで帰宅部で、高校に入ってから甲子園を目指すには、
かなりの努力が必要だと思います。
中学まで評判高い野球部、
または有名なシニアで活躍していた子と比べますと、
どうしてもスタートラインの段階で差がついてしまいます。
ただし、中学まで評判高い学校の
サッカー部で活躍していた選手でしたら、
それなりに運動する筋肉が付いていますので、
帰宅部よりかは有利かもしれません。

NICは海外の大学へと進学できるとして評判な留学支援学校ですが、
生徒の下積み具合と努力によっては
紹介できる学校に差が生じてしまうかもしれません。
つまり、どれだけ英語が堪能か、ということに尽きます。
英会話がネイティブクラスで大学レベルの専門の英単語も堪能でしたら、
楽にNICの授業をやりこなし、評判高い海外の大学へと
進学することができるかもしれません。

しかし、EnglishのEの字も知らない場合は、
1年間のNICの勉強では留学は難しいかもしれません。
ただし、英語は知らなくても、フランス語のスペシャリストでしたら、
全く英語を知らない生徒よりかは習熟しやすいかもしれません。
ラテン語系のSVOと日本語のSOVの文法の並びの違いを覚えるのは、
それだけ難しいのです。

NICは転換教育が重要と説いていますが、
大前提として英語ができないとどうしようもありません。
ホームページにて『英語が上手になるコツ』が紹介されていますが、
その文面はオールイングリッシュです。
最低でも、それを解読できるだけの英語力が必要ということです。
留学を目指す生徒は可能な限り、
早い段階から英語力を鍛えるようにしてください。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加