楽しみながら暮らす

60代のおばあちゃんの日記

鬱の私が鬱っぽい人を慰める🙀

2017-02-22 08:45:26 | 60代以上
おはようございます

先日書きました『お雛様を飾る』の中で間違って男雛の事を 御内裏様と書

いてしまいました

いつも読ませていただいているブロガーさんが お雛様の事を詳しく書かれ

ていて 御内裏様は男雛・女雛の総称なのですね

慌てて訂正しましたが 気付けて良かったわ〜 ありがとうございます rose様

それから 「お雛様を譲ったりしていいのかしら」とも書きましたが これは

気になって後で調べましたら 基本的には 良くないみたいです

お雛様は 持ち主の災厄を引き受けて 身がわりになってくれる 形代の様な物

らしいですね

ただ 昔のお雛様は今の様に豪華な物では無く 流し雛の様な簡単な物だったと

思われます(室町時代から 上流階級で花嫁道具の一つとなり立派になったそう

です)



私から お雛様を譲り受けた従姉妹とは 祖母のお葬式以来 殆ど会う事が 無く

なりました

例の『ふたりの口癖』の「ちょっと死にました」の叔母の娘ですが 年は10

以上離れています

その従姉妹から 電話を受けたのは 私が夫のごたごたで 鬱になり 実家に帰っ

ている時でした

だいたい 「おばちゃんを お願い」と言われて母と私を感違いして 私に電話

をふってきた兄が悪いのですが 従姉妹にしたら 話しを聴いてもらえるなら どち

らでも良かったのでしょう

従姉妹は一人娘で養子さんを迎えており 叔母と同居しています

叔母の認知症(レビー正体型認知症)の悩みと 従姉妹の旦那さんが その事に無関心

で冷たいという様な話しでした

鬱の時って 辛いときは 地面に引きずり込まれる様に 身体が重くなるんです

母に電話を代わって欲しいのですが 従姉妹が必死で話し続けるので 途中代わる

訳にもいかず聴きました

叔母の認知症は ある程度 薬で良くなる可能性もあるよ(未だ きちんと判定されて

いなかったので)とか 後は聴いて慰めるだけでしたが 切った後 ふらふらになりま

した(笑)

叔母はその後 薬のおかげか 良くなったそうです

私も いい先生に出会えましたので 今は元気に過ごしています

私の事を心配して 岡山から車で駆けつけてくれた友人もおり それ以外の友人達

にも そして娘の嫁ぎ先のご家族にも 助けていただき感謝しています

もしかしたら 私の災厄の身がわりになったかもしれない従姉妹です???

話しを聴くだけしか出来なかったけど ごめんね
山本容子さんのカレンダーからです 大好き❤️


夕飯
カレイの素揚げ
いつものサラダとレーズン入りかぼちゃサラダ
ナスの甘辛炒め
とろろ汁

映画
イミテーション・ゲーム






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  手に入る迄が一番楽しみ😘 | トップ |  悲しいお話し😧 嬉しいお話し😄 »
最近の画像もっと見る

60代以上」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。