より一層の知識と光を求めて・・・・

時に末日聖徒/モルモン教への私見含むメモ帳にて御座候 ほな毎度どんもにて 御きげんよろしゅうで御座候

蛇足  その2 書きかけ・・・

2017-02-23 22:38:28 | 教会の歴史 

前回   2014-01-31 22:20:37 

1844年5月 ジョサイア・クインシー(1802 - 82  45ボストン市長)は知己チャールズ・フランシス・アダムズ(第2代米大統領ジョン・アダムズの孫 下院議員)と共に、東部からの旅行の折、聞きしに及ぶモルモンの予言者、ジョー・スミスに会ってみたいということで、イリノイ州はノーブー町に寄ったところ、食事を共にし、建築中のノーブー神殿を見学したり、サイン入りのモルモン書を贈られパピルスの説明を受けたこと等を回想録に記している。

んで、例の如く、ぐーんと端折って・・・・

陳列室に招き入れると、ジョセフは解説をしてくれた。

「この小さいミイラだけど、なんと、ファラオのネコ、エジプト王なんですよ」 

ガラス板でしっかり覆われたパピルスを指しながら

「ここの部分が信仰の父アブラハム自身の手書きです」 「そこはモーゼの署名、その隣の行は兄アロンが書いたもの」 「ここからは天地創造について記された最古の記録となります」

エバ(イブ)に話しかけてる蛇という説明を受け、しかしながら、いくらモルモンの予言者だからといっても、足が描かれていて、どうにもいぶかしく思え、どういことなんで?と思い切って問うてみると、ジョセフは、

「何故って? それはね、簡単々の勘太郎。人の堕落が起こる前は、蛇は足で歩き回っていたんだね。ちょうど鶏みたいに。人を滅ぼそうとの意図に対し罰を受け足を無くすことになったというわけなんです」

 

 Serpent%20JS%20papyri.JPG

ジョサイア・クインシー lds   https://search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A2%20%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%BC%20%20lds

 http://www.boap.org/LDS/Early-Saints/JQuincy.html

 

 エジプト神話では、この有足の蛇、サタと呼ばれてるようで。

エジプト 神 蛇 足   https://search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%20%E7%A5%9E%20%E8%9B%87%20%E8%B6%B3

   https://search.yahoo.co.jp/image/search?ei=UTF-8&p=serpent%20leg%20egyptian

 

      Josiah Quincy Jr.png

https://en.wikipedia.org/wiki/Josiah_Quincy,_Jr.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天の気・機を・・・ | トップ | 古代の碧眼像 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL