goo

東京散歩 音羽の鳩山会館


今回の東京散歩は文京区目白台から音羽の鳩山会館。

地下鉄有楽町線「江戸川橋」下車。
鳩山会館に向かう前に、以前にも来たことのある椿山荘を目指す。
神田川にかかる江戸川橋を渡り、左折して公園に入る。

途中、関口の大洗堰跡がある。
神田川はここで水位を上げ、二手に分かれて神田上水として神田方面に給水した。
この工事には松尾芭蕉が現場監督に当たったという。

徒歩15分、裏口、冠木門から椿山荘に入る。
庭に庭園のいわれが掲示してある。
それによると、ここは古来「つばきやま」と呼ばれ、風光明媚であったという。
その後、上総久留里藩下屋敷となり、明治に山縣有朋が邸宅を建て「椿山荘」となった。

整備された庭園を鑑賞し、ホテル内に入る。
うろうろしていると、係の人が丁寧に道案内してくれた。
おかげで、無事に正面に出ることができた。

正門を出て右折、目白台の豪邸群の中、坂を下る。
この辺りの住所は「関口」である。大洗堰があったためだろう。
目白通りから音羽通りに左折。

まもなく、右手に鳩山会館の正門があった。
くねった長い坂を登ったところに、突然、庭園と邸宅が目に入る。
ここが鳩山会館。入場料はシルバーで500円。

ここは、政治家鳩山一郎が大正13年に建てた洋館。
後継の政治家たちの品性はここで培われたのだろう。
庶民の暮らしとの格差を感じながら、見学した。

護国寺駅から帰途に着く。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 東京散歩 ー...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。