10年近くの仙台赴任を終え、2015年5月から大阪へ赴任中のオヤジの日記です。
2014年以前のカテゴリは整理中です。
よっぱのときどき日記



遠藤 徹
表題作の「姉飼」と
キューブ・ガールズ
ジャングル・ジム
妹の島
の4作が収められている短編集
一番長いのが「姉飼」で50ページ弱、他は大体30ページくらいの作品である
姉飼は架空の日本での話で祭で売られている「姉」と呼ばれる(昔で言う見世物小屋の見世物のようなもの)に魅入られた少年が大人になり破滅するまでの物語だ。
ある意味常軌を逸した一方的な恋物語とも言えるかもしれない。
そしてそれは、少年時代に見てはいけない禁断の情事を覗き見てしまい、SMクラブや風俗の女性やに入れあげて、また麻薬に魅入られて、ただその為だけに働き破滅へ向かって墜ちて行く男達に共通するところがあるのかもしれない。
しかし、ホラーだからと言ってとにかく気持ちの悪そうな生き物や習慣・祭などを書かなくてはならないのだろうか。もっと普通の状況の中に「姉」という異常な物を登場させた方が、正常と異常のコントラストが際立つような気がした。
スティーブン キングにホラーは感じるがこの小説にはホラーというより異質のものを感じた。
僕が今までに読んだ中で同賞を受賞した作品に97年の「黒い家」や95年の「パラサイトイヴ」があるがこちらの方にはホラーを感じる事が出来た。
4作品の中では「妹の島」が一番ホラーっぽかった


by Oz


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




のりたま
玉子ご飯食べたいけど玉子がないし…
そういえば「のりたま」があったっけ♪
おかずの量がちょっと足りなかったかな…味もなんだか淡泊だし。でもご飯はおかわりしたいよ~。あっそういえば「のりたま」があったっけ♪

ふりかけ とはそういうものだろう

玉子ご飯にのりたまってなんかちょっと贅沢かも♪
「お兄ちゃん 牛丼大盛りネ。それと牛皿も。あっそうそう、牛丼は露ダクでね♪」てな感じじゃないか?

やってみた…塩辛かった。やっぱりふりかけは白ご飯にかけて食べる物だった。


by Oz


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




マーボー豆腐定食♪

いっただきま~す


by Oz


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




姉飼(あねかい) 遠藤 徹(初)(1歳上)
第10回日本ホラー小説大賞受賞らしい
「選考委員への挑戦か!?」と選考会で物議を醸したのに大賞を受賞したらしい…

失格社員 江上 剛(初)(8歳上)
銀行の人事部にや広報部長をやった後支店長時代に銀行の小説を書いてデビューし、2作目の刊行と同時に銀行を辞めちゃったんだって…さすが銀行員
モーゼの十戒になぞらえてダメ社員を10の短編に書いてあるとの事

ラッシュライフ 井坂 幸太郎(初)(9歳下)
詳しくはわからないけど、色々な人生が交錯して4つの物語が並走して、バラバラ死体が歩いて…
不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開で巧緻な騙し絵のような現代の寓話らしい…
うーん、読んでみないと全く想像がつきません

となり町戦争 三崎 亜記(初)(8歳下♂)
第17回小説すばる新人賞受賞
ある日突然となり町と戦争が始まる。銃声も流血もない戦争だが戦死者は出るらしい…
昔読んだ筒井 康隆の団地対一戸建ての戦争みたいな話かなぁ…

密室事情 神崎 京介(初ではないけど多まではいかない)(3歳上)
多分かなりのお色気もの
嵐で孤立したプチホテルでオーナー殺人事件発生。偶然泊り合わせた刑事は4組のカップルとオーナーの妻子に外出禁止を命ずる…
ミステリー情愛小説という分野らしい(笑)


by Oz


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




修羅の門
甘い生活
横浜ホメロス
マッドブル34
クライングフリーマン
月光の囁き
最終兵器彼女
海猿
幸せの時間
×一
ハネムーン サラダ
めぞん一刻
などなど…


by Oz


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フライパンで肉じゃが♪
ちょっと多めに作ったから明日の夜も食べられるかな…



by Oz


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大石 圭

長編ホラー小説という分類になるらしい。
16歳から引きこもりとなり10年間を自室からほとんど出る事なく過ごした主人公は自分を間違って人間に生まれてしまった欠陥品だと思っていた。
そんな彼が今まで自殺しなかったのは母をこれ以上自分のことで悲しませたくなかったからだった。
母が癌で死んだ後、自分の自由に死ねると思い、「クリスマスイヴに死のう」と練炭と睡眠薬を車に積み込み死出の旅へと走り出した。
死に場所を定め準備を始めようとした矢先、もう1台のワンボックス車が空地に乗り入れてきた。そう、同じ様に死に場所を探してやって来た男女6人組だったのだ…
今夜はここでは死ねないと決めた僕は彼らが死ぬのを待った。
ワゴン車の中の死体を見た僕は一人の女子高生に目を奪われ、自分の人生でたった一つやり残した事を思い出した。そして…
結果、僕は死ななかった。死ぬ事への欲望より新しい欲望を見つけてしまったから…

あとがきに、同級生の葬儀で女の子の死体を見た時の美しいと感動した思い出が書かれている。作者は1961年生れだからボクより一つ上だ。という事は約30年後にこの小説を書いた事になる。
「あの日僕を縛り付けた死人の魔力が少しでもリアルに伝われば…と願っている」とも書いている。
作者はこの作品の中の「僕」かもしれない。彼が小説家であって良かった…もしそんな才能がなければ…

ボクには引きこもりも「僕」のような行為も出来そうにないし、やりたいとも思わない。ただ、この本を読んで「僕」の事を全く理解出来ないという訳ではなかった。
自分が極端な欠陥品でなかった事に感謝…


by Oz


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




3週間ぶりに会社へ出勤した。どうしても4月中に片付けしておきたい事があったのだ。
3週間ほぼ規則正しい生活をしていたのに「アナン、」を読み耽ってしまった為に完徹明けの出勤
となってしまった。いやぁ眠いの眠くないのって、昼ご飯食べた後の2時過ぎ頃が眠気のピーク。エクセルで数字を打ち込んでいても瞼が落ちそうというか、意識がおちそうになっていた。それでも3時を過ぎる頃には何とか復活した。
定時の6時を過ぎて7時頃に会社を後にした。病院の予定などもあるのでこれで又しばらくお休みとなる。
家に帰ってコタツに入ると今度は本当にオチてしまった。目が醒めたのは日付変更線を超える頃。そうすると今度は眠れない…で今に至る。
なんだか急に生活が学生の夏休みみたいになってしまった。最近やっぱり完徹はキツいなぁ


by Oz


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




全面の無精髭もあまりにむさ苦しいので…
少し周りを剃ってみた。
社会復帰までのお遊びのようなものです。
しかし、我ながらびっくりしたのは白髪の多さ…剃り落とした部分もほとんど真っ白。一体お前幾つやねん!?



by Oz


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




第三部
アナンは小学生になる。
戸籍のないアナンがどうしてスンナリと学校に入れる事になるのか…などと現実的な事はさておき(笑)
財閥の末裔からの依頼でアナンは戦時中に工事がストップしていたクアハウスに一面のモザイクを施す仕事を請ける事になる。そして赤ん坊の頃知り合ったキンゾウと銀蔵との関係で宝探しまで手伝う事に…
もう大サービスです(笑)
小学生になったのでアナンの考えも段々書かれていきます。
第四部
時は流れてアナンは5年生。学校で事件が…
この事件に関する事でアナンの特殊な能力は…
アナンは6年生になり遂にクアハウスは完成します。良かった、良かった。
しかし新たな事件が…流はアナンに全てを話し姿を消す事を選択する(ここは泣きました、ボロボロと…)
そしてアナンは流を探しに東京へ行くことを決心します。
アナンの命の恩人、毬絵との別れをホームで済ませ電車に乗り込むアナン。
その電車の中で待ち受けていたのは誰あろう…

第五部
東京へもどったアナンは…
以下ひ・み・つ

いやぁ、一睡も出来ずに読んでしまいました。
sawaさんお薦めのアナン(上下2巻)
おいおい…(笑)という所はいっぱい有ると思います。でもイイんです。小説はリアルな事だけが良い訳じゃあないんだし、これはある意味ファンタジーなんだから♪


by Oz


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ