yopikoの、たなばた日記

フクロウグッズ・書・風景・植物や日々の出来事など、写真で気ままに綴っています♪

書道を学ぶ No.54

2016-10-31 06:00:00 | 書道(教室の手本より)

10月の手本より


行書  「清吟夜招友」
読み・・・せいぎん よる ともを まねく
大意・・・友を招いて、夜静かに詩を吟じる。



隷書  「富貴如浮雲」
読み・・・ふうきは ふうんの ごとし
大意・・・富や地位は浮き雲のようにはかないものである。



草書  臨書・十七帖  「得足下書為慰」
読み・・・足下(そくか)の書を得て慰めと為す

草書は、楷書や行書に比べると、点画の省略が多いため、一つの点が重要になってきます。
点画間の気脈を通すことが大事です。
特に、「足」「下」は省略しすぎて、この字だけ見せられて何という字?と聞かれても、
私はたぶん答えられないと思います~

書は奥が深いです~

      
昨日(10月30日)のトータル歩数14885歩、脂肪燃焼量29.8g、総消費カロリー1886kcal  マーク点灯

昨日の朝は高幡不動まで歩いて8749歩、午後は川向こうのスーパーまで歩いたのでトータル歩数がかなり増えました~
今日で10月があっという間におしまい・・・
あまり爽やかな秋晴れが無いまま、冬っぽくなってしまいました・・・

これからは紅葉と、ダイヤモンド富士が楽しみな季節です。
今年はおっとも時間が自由になったので、ダイヤ撮影機会が増えそうです~


にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ

にほんブログ村  クリックよろしくお願いします 

ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書道を学ぶ No.53 | トップ | 10月30日、浅川の様子と筋雲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

書道(教室の手本より)」カテゴリの最新記事