yopikoの、たなばた日記

フクロウグッズ・書・風景・植物や日々の出来事など、写真で気ままに綴っています♪

「軽便鉄道」廃線跡を歩く~トンネル編

2016-09-18 05:30:00 | 「玉川上水に親しむ会」&水辺探索

村山・山口貯水池建設工事に伴う「軽便鉄道」
廃線跡を歩きます。
廃線跡は地面の下を羽村からの導水路が通っています。

武蔵村山市の歴史資料館からスタート
5分ほど歩くと、トンネルがあります。


建設当時、横田車庫を通過した砂利は、「材料運搬軌道」として掘られた6か所の隧道(トンネル群)へと入っていきます。
吉祥山の下を抜ける第1隧道は現在「横田トンネル自転車道」
画像は西入り口です。通過時間は約2分くらい。


トンネルの中は涼しく、水がしみ出ていて、頭上からもポタリと落ちてきます。
横田トンネル出口付近から、次のトンネルが見えてきます。


横田トンネルを出て、振り返るとこんな感じです。
3分ほど歩くと次のトンネル。


赤堀・御嶽地区の丘陵下は第2隧道、現在は「赤堀トンネル自転車道」
西入り口です。トンネル内は2分ほど歩きます。


トンネル内部。画像は明るくしてありますが、実際はもっと暗く静かです。



3分ほど歩くと第3隧道、現在は「御岳トンネル自転車道」


この辺りは民家もあります。


2分ほど歩いてトンネルを抜け、振り返ります。


湧水を貯めた「番太池」があり、直角に迂回して10分ほど行くと・・・


トンネルが見えてきました~


第4隧道は、現在「赤坂トンネル自動車道」 西入口


このトンネルが一番長く、4分ほどかかります。振り返って撮りました。
内部のコンクリートはだいぶ傷んでいて、ビニールのようなもので覆われていましたし、電気も点かない所がありました。

野山北公園自転車道として整備された関係で、第4隧道までは地区に合った名称がつけられています。
自転車道はここでおしまいです。

さて、その先ですが、

ぬかった土の道を歩いて行くと、


塞がれた第5隧道があります。
かなり足元が悪いので、私は手前で待ち、おっとだけトンネル前まで行ってきました。
地面は柔らかく、靴がずぼっと埋まるような場所で、怖かったと言っていました。

第5隧道より先は水道局管理地の為、封鎖されているそうで、名称も付いていません。

見たかったトンネルを見る事が出来て、大満足。
番太池まで戻って休憩しました~

(FUJIFILM FinePix S1  35ミリ換算 24-1200mm)

続きは、画像整理が出来たら加筆します~
(朝は画像4枚だけアップしてありましたが、午後4時に残りを追加しました~)

武蔵村山市の歴史民俗資料館には軽便鉄道の貴重な小冊子があり、
購入して読んでいるところです。
子供のころは歴史が苦手でしたが、今はとても興味深く面白さを感じています~


      
昨日(9月17日)のトータル歩数7310歩、脂肪燃焼量18g、総消費カロリー1728kcal

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村  クリックよろしくお願いします 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月16日、平山用水路脇の彼岸花 | トップ | 秋の雲~ by 空倶楽部 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かず某)
2016-09-18 11:49:11
こんにちは〜
楽しそうな所ですね!!
行ってみたい〜〜!
かず某さんへ (yopiko)
2016-09-18 16:31:37
 コメントありがとうございます。
トンネルってワクワクしますよね~それも4つもありますよ~
記事を追加しましたのでご覧くださいませ。
羽村から砂利を運んだ線路跡が、今は導水路となり、
狭山湖、多摩湖に繋がっていると思うと、
昔の人はすごいな~と感心します。

コメントを投稿

「玉川上水に親しむ会」&水辺探索」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。