yoosanよしなしごとを綴る

つれづれなるままにパソコンに向かいて旅日記・斜読・よしなしごとを綴る

固定電話機に異常→出張点検料+技術料+部品代よりも通信販売で割安に新型購入

2016年12月13日 | よしなしごと

 10月ごろから、ときどき固定電話の呼び出し音が1回鳴ってすぐ切れることがあった。通常通り受話器を上げるまで呼び出し音が鳴り続けることもあり、1回で切れたのは間違い電話か?と思ったりした。
 ところが、11月の中ごろから呼び出し音が1回で切れることが頻発した。それでもこちらから電話をかけるとき支障なかったので、まさか電話機の不具合とは思わなかった。
 我が家の車Pがぶつけられ、ディーラーに修理を依頼したところ、連絡が携帯電話に入り、ついでながら固定電話がまったく通じませんよと教えられた。
 確かに、自分の携帯電話から固定電話にかけてもうんともすんとも鳴らない。
 つまり、発信はできるが受信ができなくなっていた
 固定電話機はP社・・日本製・・である。さっそくお客様相談に連絡を取ったところ、①様子を見るための出張点検で4000円ぐらいかかります・・正確な金額は忘れた・・、②不具合が分かり修理をする場合、技術料・・5000円?・・と部品代が必要です、③この電話機は型式が古いので部品がない場合もあります、とさんざんな回答だった。
 fax付きの電話機で確かに古いから、どこか不具合が生じてもおかしくはないと思うが、出張点検料、技術料、部品代が必要で、部品がないこともあるといわれては、点検修理を頼む気にならない。

 インターネットで調べたら、同じP社の新型fax付き電話機は15000円ぐらいだった。
 しかしよくよく考えたら、最近はfaxをほとんど使わなくなった・・メイルに文書や写真添付で事足りている・・。
 電話機能のみの電話機・・日本製・・は通信販売の大手Aで5000円~である。隣のショッピングセンター内のN電気では特価でも数百円高かったので、Aで購入手続きをした。
 Aは配送も早い。翌日には届いた。さっそく入れ替え、試しに携帯電話から電話をかけたところ、しっかり呼び出し音が鳴った。これで一安心。

 教訓① 出張点検料+技術料+部品代を勘案すると、旧式を直して使うよりも新型の方が機能的+新しく、割安感がある

 教訓② インターネットの普及でfaxは使わなくなった、必要な機能を絞り込めば買い物は安くなる

 教訓③ 店舗よりも通信販売は割安で配送も早い、品物を店舗で確認して支障なければ通信販売がおすすめ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青信号を進んでいても押しボ... | トップ | 1992年、中国四川省・楽山郊... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。