yoosanよしなしごとを綴る

つれづれなるままにパソコンに向かいて旅日記・斜読・よしなしごとを綴る

2015スペイン紀行30 セビリア2日目の午後、カフェでエスプレッソを飲み、デパートでイベリコ豚を食べ、夕食はタパス+ビールで賑わう

2016年11月02日 | 旅行

スペインを行く30 2015年ツアー7日目 ヒラルダ像 ホルノ・サン・ブエナヴェントゥラ カフェ・ソロ 聖王フェルナンド3世騎馬像 エル・コルテ・イングレス イベリコ豚 カサ・マノロ /2016.10記

 スペイン紀行の続報である。スペインを行く29からずいぶんと日が空いた。今春には英国を旅し、10月に東ドイツを旅したのに、昨年10月のスペイン紀行がまだ完結しない。長い目でご愛顧を。
 スペイン7日目、セビリア2日目の午後、自由時間にグアダルキビル川クルーズを楽しみ、黄金の塔、救済病院を見学した。フルページ+写真はホームページ参照

 救済病院をぐるりと東に回り、アルミランタスゴ通りを抜けると、正面に大聖堂の西正面が現れる。西正面には3つの扉が設けられていて、中央が王の扉、左手がキリスト洗礼の扉、右手がキリスト降誕の扉と名づけられている。
 ・・・・遠くから全景を眺めて、東に進む。南正面の中ほどにはサン・クリストバルの扉がある。この扉の内側がクリストバル・コロン、いわゆるコロンブスの墓所になるので、サン・クリストバルの扉と名づけられたようだ。扉を縁取るアーチヴォルタは彫刻も少なく簡素化されているが、フランボアイアン=火焔式・ゴシック様式の華やかさは目を引く。
 扉の手前に置かれているのは、ヒラルダの塔の上に飾れているヒラルダ+女神の実物大の模型である。塔の上のヒラルダ+女神は地上からおよそ100mも上にあるから肉眼ではおぼろにしか見えない。
 そこで、観光サービスとして?、すぐそばで確かめられるようにと実物大の模型を展示したらしい。でも、ここからは実物のヒラルダの塔は見えない。どうせサービスするなら、100mの上のヒラルダ+女神と地上の模型とが見比べられるような場所に置いてくれたら、もっとリアリティがある、と思う。
 女神像は八頭身?のほぼ等身大で、柔らかなひだの薄衣をまとい、風見を両手でにぎっていた。台座を含めて4mほどの大きさだが、100mの塔に上にあってはこれほど細やかな表情は分からないから、地上模型の効果は大きい。

 大聖堂をあとにする。5時半に近い。誰ともなしにコーヒーブレイクの話が出た。スペイン通のOさんの案内で、大聖堂の北側のアレマネス通りを歩き、コンスティントゥシオ通りに面したホルノ・サン・ブエナヴェントゥラという名のカフェに入った。
 通りには銀行や店舗が建ち並び、路面電車が行きい、人通りも多い。
 カフェは、Oさんいわく、ケーキ菓子が名物で人気だそうだ。歴史もあるらしく、あとで同店のホームページ(スペイン語)を見たら1385年の創業らしい。チェーン店がいくつかある。私たちの入った店は、外観は重厚な石造りで歴史を感じさせるが、店内は木材を基調にした落ちついた雰囲気で、ガラスケースにずらりとケーキ菓子が並んでいた。
 ・・・コーヒーはスペインで好まれているエスプレッソにした。スペインではカフェ・ソロというらしいが、どこでもエスプレッソで通じる。
 カフェ・ソロに少しだけミルクを入れたのがコルタードで、コーヒーと同量のミルクを入れたミルクコーヒーがカフェ・コン・レチェと呼ぶそうだが、とても覚えきれないからどこへ行ってもエスプレッソ ポル・ファボール(≒お願いします)で通した。
 スペイン人はミルク入りの方が好みで、たっぷり砂糖を入れて飲む。やはり甘い物好きである。私はエスプレッソの苦みも味わいたので、一さじほどの砂糖を入れ、かき回さず飲む。最初にエスプレッソの強烈な苦みを味わい、最後に甘みのコーヒーを飲んで、一杯で二つの味を楽しんだ。

 ・・・6時過ぎにカフェを出て、コンスティントゥシオ通りを北へ歩き、ヌエバ広場を通った。広場の中ほどにフェルナンド3世騎馬像が見える。
 ・・フェルナンド3世はアラゴン王ハイメ1世と連携してレコンキスタを積極的に展開し、1236年ごろコルドバ、カディス、セビリアを奪還するが、セビリアで病死する。
 のちに、レコンキスタの功績を称え、「聖王」の称号が贈られた。セビリア解放の功労者であるから、騎馬像が飾られるのは当然であろう。

 ヌエバ広場を少し北に歩くと、スペインではよく知られたエル・コルテ・イングレスという名前のデパートがある。Oさんの案内で、地下の食料品売り場に行った。
 ・・・地下の食料品売り場にはイベリコ豚専用の売り場がある。主にドングリを食べて育てられ、認可を受けた豚肉がハモン・デ・ベジョータ・イベリコと呼ばれ、スペインでは大変な人気がある。
 ベジョータがドングリのことだが、日本のドングリとは違い、樫の実だそうだ。品質?味?に違いがあるそうで、いくつものイベリコ豚が天井からぶら下がり、ガラスケースに収まっていて、次から次と客が懐具合と相談しながら品定めをしていた。
 Oさんが見つくろってくれて、味見にと買ってくれた。世界最高峰といわれるだけあって、脂がのっていて、塩味も効き、美味しかった。

 ・・・買い物が終わってから、タクシーに分乗してホテルに戻った。すでに7時を過ぎていて、外は真っ暗である。この日の午後は自由時間で、夕食も自由である。参加者によっては持参の日本食?を食べたり、コンビニ、スーパーマーケットで食料品を買い、部屋でくつろぎながら食事を取ったり、あらかじめ探しておいたレストランに出かけたり、思い思いに食事を楽しむ。私たちは、スペイン通の添乗員Oさんについて行って地元料理を楽しむ方を選択した。
 Oさんは、ホテルから歩いて数分のカサ・マノロに案内してくれた。
 ・・・Oさんは、イベリコ豚生ハム、ナス、シーフード、ツナ、ビーフ・・などのタパスを頼んでくれた。どれも食べやすい。大いに食べ、飲み、雑談に花を咲かせた。
 たっぷり食べて、会計は一人14ユーロ≒1500~1600円ほどだった。雰囲気が良くて、味にも量にも満足でき、安い!。みんな満足して10時ごろ、ホテルに戻る。
 今日も盛りだくさんの一日で12700歩も歩いたが、ほどほどに休憩が取れたし、仕上げのタパス+ビールが美味しかったこともあり、さほど疲れを感じない。バスタブで残った疲れを流し、ぐっすりと寝た。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フィールドサーベイは精神的... | トップ | 2016年8月 某日/上野・鈴本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。