明日は幸せになって

今は平成の時代 明治・大正・昭和ではありません。なのに・・嫁の立場は今だに昭和?
もっと女性は幸せになってもいいと思う

嫁にとっての義実家への帰省

2016年12月13日 | 義家族
盆・正月が近づくと・・義実家へのお土産の事や帰省の事で気が重くなりますね。

今はもう義両親は亡くなりましたが、子供が幼い頃は 義実家に行くのが嫌で嫌で
車が義実家に近づく頃になると・・胃がしめつけられるほど痛くなり、それ以前に
顔色が悪くなっていました。 夫はそれがわかっているのに・・執拗に自分の実家
に帰省したがるのが腹立たしくてなりませんでした。

実家に帰ったからと言って、親のそばに居るわけでも無く、親の相手は私と子供に
させて親孝行をしたつもりになって、自分は友達に所へ出かけてしまう。
フザケンナ!! と、今思い出しても腹が立ちます。

私はと言うと、ずっと台所に立ちっぱなし・・たまに義両親のそばに行くと、
どんなに日頃が寂しい生活をしてるかを聞かされるので、またか・・とウンザリ
義妹や義弟は私達よりもずっと近くに住んでいるのに何か月も帰省してこないのに
田舎の人は長男教というけど、義両親の気持ちは長男である夫ばかりにあるようだ。

今、私達は親世代となりましたが、盆・正月だからと子供世帯に帰って来て欲しい
とは思わないし、来ない方が気楽でのんびり過ごせますが、夫はそうではないよう
で・・「帰って来い」と連絡をしろと私に言います。孫子に囲まれたいのだろう。
自分がした事を子供にも繰り返しをさせようとしています。 そりゃあ、賑やかな
盆・正月もいいけど しんみり静かに過ごすほうが私は好きだな。
ジャンル:
むかつく
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親子で・・ | トップ | 許せない奴 »

あわせて読む