永田町トワイライトゾーン

政治家、官僚だけの為にあるわけでない永田町のちょとした裏側を紹介し、永田町と国民の間を少しでも埋める試みです

通告あった、ない

2017-05-11 08:45:44 | 政治全般
国会の委員会質疑をみていると「通告あった、ない」という問答がありました。どうもその原因は、質問内容を表題程度で提出しているようです。
本来ならば正確な答弁を引き出したいならば、少し細かく内容を付記するのが通常なのだと思います。しかしながら、委員会を紛糾させたい、内閣のイメージをダウンさせたいと考えたならば、大括りで通告した方が良いわけです。
このあたりが、森友問題に拘る野党の苦悩、いや、野党の立ち位置の誤りを改めて感じている点です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現状を把握しないでの野党の... | トップ | 「もしもし」と言った大臣い... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL