行く川の流れ

花・鳥・旅行写真日記

ウラナミシジミその2

2016-10-18 20:00:10 | 昆虫
半島の南部など暖地で冬を越し、
春から夏、世代を繰り返しながら北へ北へと分布を広げるウラナミシジミ。
多摩丘陵でも9月~10月、今年もたくさんの個体を見ることができました。
しかし、もともとは南方系の蝶、
北上した個体は冬になると死に絶えてしまいます。
生き残るのは温暖な地の個体のみ、
それらが子孫を残し、翌春、北上するというサイクルを毎年繰り返します。


シジミチョウ科ウラナミシジミ。
翅の裏面に薄茶色と白色の波縞模様、
オレンジ色も少し加わり、
尾状突起もあり、
個体数が多くなければ尊重されそうな美しさです。


河原のアレチノウリの花に
花を添えてもらいました。


翅をひろげると雌雄が区別できます。
雄、褐色の地にほぼ全面に薄い水色がかかります。


雌の翅表、
中心部に少し水色がありますが、ほぼ褐色です。


多摩地区では、
卵でも幼虫でも冬は越せないのですが。


10月にまだ花をつけていたクズにもウラナミシジミ、
幼虫の食草はマメ科植物、
クズもマメ科です。
産卵にきたのでしょうか。


花壇のセンニチコウの花にもいました。
ムラサキツメクサに似ているのでマメ科と思っていましたが、
センニチコウはヒユ科のようです。


キク科の小花にもウラナミシジミが吸蜜していました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオウラギンスジヒョウモン | トップ | シオンの花と蝶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。