行く川の流れ

花・鳥・旅行写真日記

センダンの木、センダンの花

2017-06-04 20:00:58 | 動物
センダン、
「暖かい地方の海辺に自生する樹、街路樹や庭木としても利用されている」
と記されています(よくわかる樹木大図鑑)。


静岡県菊川市、
孫の顔を見に行ったのですが、
時間をつくって茶畑も広がる近くの里山を散策しました。
自生ものでしょうか、
多摩丘陵ではあまり目にしない大木のセンダンを何本か見つけました。
どの木も花の盛りです。


センダン科センダン属の落葉高木、
オウチ、アミノキなどの別名があり、
5月~6月、木全体を埋め尽くすように淡紫色の花をびっしりと咲かせます。


センダンの花。
花弁が5枚、小さいながらきれいない花です。
蕾は赤紫色、色を添えています。


葉は2~3回羽状複葉、
珍しい葉の形です。


竹林に生えたこのセンダン、
樹形よく、縦に伸びて花をつけています。
竹の新葉とのコラボもおもしろく、縦構図に写して見ました。
しかし、あいにくの小雨模様、花色が思うようではありません。


ほぼ同じ構図で、
WBを白色蛍光灯にして見ました。
少し不自然さも感じますが花色が劇的に変わりました。


多摩稲城の自宅近くのセンダンの木、
上のものにくらべると小木ですが花はしっかりと咲いています。
そして、昨年の果実がまだ残っています。
ヒヨドリもたくさんいるのですが-----。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頭を雲の上に、富士山 | トップ | ケリとイソヒヨドリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。