行く川の流れ

花・鳥・旅行写真日記

ラミーカミキリの顔

2017-07-12 20:00:24 | 昆虫
関東では珍しいと思っていたラミーカミキリムシ、
もとは中国からの帰化種ですが
最近では分布を広げているようで、
今年はよく遭遇しました。
葉の上にいることが多く、
撮りやすいので、ついレンズを向けてしまいます。


カラムシの葉から顔を覗かせたラミー君、
顔面は薄青色、
こうして見るとかわいい顔しています。


葉の上のラミー君を正面から、
体長は1cmちょっとですが
長い触覚がよく目立ち素敵です。


シナノキの小枝のラミー君、
望遠マクロレンズでしっかり顔にピントがあいました。
顔面は薄青色ですが少し黄緑色も見られます。


こちらもシナノキの小枝から顔を覗かせたラミーカミキリ、
しかし顔面が黒色、上のものと顔色が異なります。
どうもこの違い、雌雄によるもののようで、
薄青色が雄、黒色は雌とのことです。


よく飛ぶラミーカミキリムシ、
甲の下にこんな翅を持ちます。


少しぶれていますが飛び立つ直前のラミーカミキリ、
翅の下の背中から尾部にかけての薄青色の縞模様がきれいです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朱色の花 | トップ | ルリボシカミキリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

昆虫」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。