行く川の流れ

花・鳥・旅行写真日記

ルリボシカミキリ

2017-07-13 20:00:25 | 昆虫
開発も進む南山、
今年もルリボシカミキリを見つけました(7/2)。


ルリボシカミキリ。
青色地に明瞭な黒紋、美しいカミキリムシです。


一昨年、昨年といた倒木に見つけられず、
今年はダメかなと思っていましたが、
6月中旬から3回目の南山散歩で
やはり、昨年の場所の直ぐ近く、
笹の葉の上を移動している個体を見つけました。
笹葉の緑の中、その姿がさらに美しく見えます。


この個体、触角の形状から雌のようです。
触角にある房状の黒い毛の塊が
雄では第3節から第5節まで、
雌では第3節から第7節まであるのだそうです。


移動先はこの伐採木のようです。
すでに仲間が数匹、
その伐採木の上を歩き回っていました。
写真上は触角の黒い塊が3つ、雄の個体のようです。


前から顔を見ると、けっこういかつい顔です。
昨日掲載のラミーカミキリムシとは顔のつくりがずいぶん違います。
この個体も雄のようです。


午前中は単独で採餌活動、
午後になると生殖活動のため
倒木や伐採木などに集まる習性のあるルリボシカミキリです。
写真上、
雌どおしで触角を突き合わせて、女の争いをしていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラミーカミキリの顔 | トップ | カミキリムシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

昆虫」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。