ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

宮中晩さん会

2016-10-12 07:54:45 | 皇室報道

玄関でベルギー国ご夫妻をお出迎え。

今回のマチルド妃は金茶色にこだわりが?

皇后陛下はティアラなしでドレスはたぶん新しいかも。

こんな時も腕を組んで。

晩さん会全体像。雅子妃の両隣は皇后陛下と秋篠宮殿下。絶対に外国人とは

並ばせないって・・・・やっぱりオランダの時に失態が?

 皇后陛下作「おもひ子」の演奏をしたそうです。

何とこれはかなりお古のどれすだそうです。

見れば見るほど偽物にしか見えないティアラです。

ちょっとした目線がとっても意地悪に見えます。

 佳子様で癒されて。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベルギー国王来日2 | トップ | ドレスの品格 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はな)
2016-10-12 11:16:23
きもちわる~~~~~~
雅子の秋篠宮様を見る目。意識した横目も。
淫乱雅子がほんとうに狙いに行ってる感じ。
秋篠殿下は他を見てるのに。
すんばらしい! (アンナ)
2016-10-12 12:20:02
宮中晩餐会は女性皇族方の美しい装いが見られるのでとても楽しみな行事の一つです こういった行事も滞りなく続く様に一刻も早く皇族減少への対応を定めて欲しいです。 個人的には前の記事に載せられていた信子妃の近況が気になるわ、、、
気持ち悪いというかこわい。 (千菊丸)
2016-10-12 13:00:25
雅子様のドレスとティアラ姿。
ドレスとティアラがみすぼらしく見えてしまうのは気のせいですかね?

佳子様の美しいドレスとティアラ姿に癒されました。
Unknown (ぼなこ)
2016-10-12 13:45:51
秋篠宮殿下が雅子様との目線を避けているようにみえます。

殿下の気持ちが手に取るようにわかります
サッシュ (しまき)
2016-10-12 14:12:22
詳しいお写真をありがとうございます。
こういうお写真は、マスコミ的にはほとんど出てきませんもんね……
このブログにて、麗しきお姿もようやく拝見できるといったところです。

ところで、とても気になったのが皇后の今回のご衣裳。
これでいいんでしょうか?
雅子さんですら、(ブリキとはいえ・笑)ティアラにサッシュしているのに。もちろん紀子妃、眞子様、佳子様、皆様皇族女性型、ベルギーの王妃様、皆様ティアラにサッシュなさっておられるのに。
美智子さんだけは、ティアラしないのはもう、ご自身の中でジョーシキになられてしまっているようですが、その上サッシュもなさらない。
これ、ベルギーのロイヤルを迎えての正式な晩餐会なのでしょう?
なのに、写真を拝見すると、美智子さんだけ、えらくカジュアルというかラフというか、普通の洋服というか。

一応まだ「皇后陛下」なのですけれど。
こんなラフスタイルで、先方に失礼に当たらないかとヒヤヒヤしてしまいます。
Unknown (ハナコ)
2016-10-12 14:38:22
皇太子妃のティアラ、やっぱり第二ティアラでしたね
昔の、美智子妃の時の画像では、きらっきらに輝くダイヤだったのですが
今はパールの方が輝いているように見えて、不思議、、、
ブリキとはいいませんが、ダイヤを小っちゃいものに取り換えた?
雅子妃にしては思い切って(笑)襟ぐりも開けてるし
途中退席のニュースもなさそうだし、とりあえずは
出席することができたんだね~ハイハイと、映像を見て思いました
皇后陛下、着席されると黒っぽい上半身がなんだか暗いですね
ティアラがあれば、ずいぶん印象は違ったと思います
眞子様佳子様はお若くて華がありますね(^^)
美しい紀子様、もっと映してほしいのに、、、
サーヤが出席していたことにも驚きました
降嫁しても晩餐会への出席は可能なんですね、知りませんでした、汗

今朝から各ワイドショー系のコメンテーターが
公務への復帰が~晩餐会に出られたのは何年振りで~と褒めまくってうるさいです
出るのが当たり前の立場なんですけどね~~
出た!!って喜んで、まるでオバケ扱い?笑
謎ですね・・ (ゆうこ)
2016-10-12 20:28:26
皇后さまのスタイルは謎ですね

エンプレスでないからしたくても第一礼装できないのか?
ほんとに首が痛くて長い時間装着できないのか?
手元不如意で(実家からお金を引き出せなくなった、
噂の西武の○○○からお金が来なくなったために、自分の持ち物を処分して・・何に使ったの?お洋服・整形代金?)

サーヤはベルギーに天皇陛下夫妻がいかれた時に、一緒に随行したわけではないけど、ベルギーに行ってますね(写真見ました)歓迎されたようですね(昔の写真ですが)

まあ失礼があったら許してくださいねベルギーの国王ご夫妻様!
Unknown (茉莉花)
2016-10-12 20:36:23
雅子さんのティアラ
本来なら
プラチナにダイヤでしょう?
なのに鈍い光かた。私的にはプラチナには見えない!
プラチナは常に磨いていなくてもピカピカですよね?
なんか、メッキものに見えてしまうし、
ダイヤだと思われるところのひかりかたも弱いし。パールの方がひかってる

本来パールは年数とともに表面が酸化して光が鈍くなってくるはずなのに

もしかしてパールも本真珠ではないとか?

秋篠宮家の方々のティアラ、絶対に雅子さんのよりダイヤ少ないのに
素敵な輝きです!
Unknown (てい)
2016-10-12 21:27:37
雅子さんの秋篠宮殿下を見る目には驚きです。非常識きまわりないですね。感情を顕にしてみっともないです。
追加 (しまき)
2016-10-13 07:28:08
あともう一つ気づいたのは、美智子さんは、勲章もつけておられないようです。
お写真で佳子様のお姿がありましたが、サッシュのところに勲章をおつけですよね。
昔のユーチューブで、当時の入江侍従長が、昭和天皇のお召しものにつき、勲章の位置一つについても、細心の注意を払うという映像がありました。もちろん妃殿下も同じくなんですが、「皇后陛下」と来たら、そういう儀式に必要なもの、全部払い落としています。驚きです。
前からそうでしたっけ?
こんな服装でしたっけ。

そのくせ(これは別のところで見た写真なのですが)
ベルトがすごいんですよ。キンキラキン。イヤリングとネックレスとブレスレット?と、それからベルト。
ベルトがすごく目立ちます。太い上に全面的にキンキラキンなんで。

なんだか、成り上がり者のキンピカ主義者みたいで、下品だなぁ~って感じがしますよ。
(ここまでキンキラキンにしたいのなら、ティアラ、おつけになればいいのに。三つもお持ちなんですよね。つけないのなら紀子妃に差し上げてください!)
Unknown (Unknown)
2016-10-13 07:31:52
天皇陛下も国王夫妻も勲章をつけているのに、また王妃はティアラをつけているのに、皇后がどちらも身に付けていないのは何故?
こういう場では双方が、夫婦がバランスを取るものではないのですか?マナー違反ではないでしょうか。
頸が痛むのかも知れないですが、普段はお元気に活躍ですよね。テニスだのランニングだのピアノ演奏だのと。
また、皇后が陛下や王妃の肘を掴む画像を見ました。チマチマ手と共に、失礼だし見ている方が不愉快でなりません。
最早癖にでもなっているのではありませんか?誰も皇后を諫めることはないのでしょうね。みっともない。
雅子妃は美しくもエレガントでもありませんが、最低限の装いはしてます。途中退席の有無や後席に出席したかどうかは知りませんがね。
今回は皇后の振る舞いが大変苦になりました。
サッシュ (白詰草)
2016-10-13 08:02:27
しまき様のご指摘で、私も気になりました。
ベルギー国王フィリップ殿下も、大綬をつけていらっしゃらないようにお見受けします。こんな光景を初めて見ました。謎です。オランダ国王の晩餐会の写真と比較しますと、よくわかります。テーブル上の花は、この時も蕾のようです。菊の家紋のついた銀製の花器なのですね。
ちょっと判らなくて… (きび)
2016-10-13 08:03:09
上の玄関でのお出迎えシーンなんですが、王妃と皇后の握手のとき
皇后は両手で、王妃の右手を持ってるんです。
その両手の中に、ハンカチ?みたいなのが写っているんですけど
あれはいったい何なのか…
気になって 気になって、仕方りません。

ところで、皇太子もサッシュしてなかったんですね。
内廷ご一家どうなってるんでしょうねぇ
Unknown (味彩)
2016-10-13 08:19:39
久方ぶりに皇室らしい晩餐会でしたね。
雅子さんは古いドレスとか。この方にはもう何でもよろしいかと。税金ですから。
若い内親王様は品格もあり輝きをましておられます。
秋篠宮両殿下のお疲れを思うと心苦しい過密スケジュール。両殿下が健康であられる事にただ感謝です。
Unknown (はまなす)
2016-10-13 17:10:30
こちらの美智子さん後ろのお団子の髪の毛が黒いです〜
後ろの中だけ染めるなど不思議なおしゃれ感覚ですね〜♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。