ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

とりあえず

2017-07-16 23:18:11 | 近況報告・子育て・嫁姑

1泊二日で郡山宮夫妻のお見舞いに。

疲れたーー

とりあえず、何があっても世の中は動いていくという事ですね。

私達忘れていますが、東北ではまだ原発の後遺症ともいうべき除染土をどうするかという問題があるようでローカルニュースをみていると、まだ震災は終わっていないんだなと思いました。

でも!

来年は戊辰戦争から150年。ぜひ白虎隊の為に会津へ行こうと思いました。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘイトスピーチは保守のする... | トップ | 皇室ウイークりー »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさまです (一郎)
2017-07-17 01:33:34
ふぶき様、お見舞いお疲れさまでした。

こちらは読者の皆様方も心の暖かい品のある方々ばかりですね。

特に昨日のそば茶様の御言葉には深く共感致しました。

確かに反日的な方々には私も反感を覚えますが、在日の方々を偏見で一括りにして口汚い言葉を浴びせるような言論には危惧致します・・。

日本は自由な民主主義の国であり、在日の方々であれ、私達が支持しない日本共産党や創価学会の方々であれ、法律を守り社会のルールに従われておられる範囲なら、根絶は不可能なんですよね・・。

問題は「貴殿方のこのような部分は立派だが、このようなお考えには疑問を感じます」と、相手側にも敬意を払い、事実に基づいて正当な言論・方法で指摘、批判するべきで、一部の過激な方々のやり方では世論の反発を招くだけでしょう。

「在日を全て日本から叩き出せ!」云々、
現実に出来る訳がなく、一部の信者達は本気で主張されているのか・・?

良くも悪くも日本から私達保守派と考えや意見が違う方々を排除するとしたら、それこそ、かつてのスターリンやポル・ポトの粛清、シリアや北朝鮮、中国のようなやり方しかないでしょう・・。

愚かな左翼運動全盛の昭和40年代、一部の過激な連中が、やれ革命や実力行使だと、大言壮語した結果が連合赤軍事件だったり、中核派や革マル派の内ゲバに繋がり、自滅した歴史に真の保守派・愛国派なら学ばないのでしょうか・・?

残念ながら、汚らわしい某ブログに象徴されるように、最近は一般社会で議論しても、気違いじみた方々が増えたような印象・実体験です。

一般大衆や知識人、無党派層含めて、人の心を打つのはふぶき様らのような品位のある言葉や冷静な暖かい見識だと信じております。

これからも御身体を大切に頑張ってください。

また機会がございましたら投稿させて頂きます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。