ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

秋篠宮両殿下 イタリア日記 4

2016-05-13 08:32:44 | 皇室報道

通訳・・・・・通訳が。

  

ど真ん中の通訳が・・・

なんだろ・・・・ここにも通訳が。有田焼の壺が主役だよーー

紀子様が離れすぎなのでは。

しっかり目立ってます。

今回は外務省が堂々と邪魔をするのか?って感じですが。

 

ところで、法王は最後にこうおっしゃったそうです。

「両陛下とお子様方によろしくお伝えください」

お子様方・・・?殿下の?と、思ったけど、もしかしてこれは「皇太子」の事なんじゃ・・・・・

ジャンル:
速報
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋篠宮両殿下 イタリア日記 3 | トップ | 靖国神社参拝ツァーのお知らせ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (美絵理)
2016-05-13 09:30:21
普通に、三人のお子様方に、だと思いました。
Unknown (悠)
2016-05-13 12:14:55
初めて投稿します。同じ郷里なので勝手に親近感を持って読んでおります。

ベールをしている通訳さん、カトリック信者ではないですか?女性の信者はミサの時にベールをかぶりますので。後ろに並んでいる年配女性も、黒いベールをしているのでこの方ももしかしたらそうなのかもしれません。

ただ写真のような状況時に、必要なのか?に関しては不勉強ですので、どなたか詳しい方からお聞きしたいと思います。
想像ですが・・・ (さるこ)
2016-05-13 12:40:46
ふぶき様、こんにちは。

今回のイタリア訪問、
アップしてくださっている動画多数から
も想像するのですが、

ヴァチカンはいうまでもなく
ヨーロッパの各王室はじめ欧米社会では
すでに
次代は秋篠宮殿下ご夫妻
と了解完了しているのではないでしょうか。

皇太子皇太子妃というより
もはや
事実上の次期天皇皇后両陛下と遇されて
すべてが進んでゆく
(報道せずおしだまっているのは国内マスコミのみ)、

あとは日本政府(安倍政権)の公式発表待つのみ
で世界がスタンバイしている・・・?

・・・私の想像にすぎませんが、そうだったらいいな。
後ろの女性2人は (紫苑)
2016-05-13 15:29:56
ベ−ルを被っている後ろの女性2人は、完全にカトリックの信者ですね。
敬虔なカトリック信者以外は、ベ−ルなんて被らないから。
ベール (ゆうこ)
2016-05-13 17:46:36
30年前位に(詳しいことはWIKIで)ミサの時にベール被らなくても良いという教会法ができました
疎のため今は日本でも教会にお参りするとき白いベールを被る方が少なくなり、余り目にすることがありません

でもベールを被ることにより、より強く自分は信者であると主張することが逆に可能になりました・・
2度見しました (ひな祭り)
2016-05-13 22:20:32
ベールが悪目立ちww

最初の大きな写真。
後ろに白いベールと黒いベール。
皇族のような帽子をかぶった女性が2人。

ベールは、衝撃的でした。
今までの日本の訪問スタッフに、いましたかね?
見たこと無いわ~。

皇族風に帽子をかぶっている女性2人は、変。
「家の中や、人と会うときは帽子を取りなさい。」
と、祖母に言われてきたからな。私。

次に大きな写真の通訳がwww
可愛く写真に写ろうと、がんばってますね。
誰か、教えてやって。
頑張る方向を間違えていると。
おもしろくて目が行っちゃう。
Unknown (himitsu)
2016-05-13 23:19:35
後ろのベールの方・・・。

ベールが悪目立ちしすぎです。目立たないベールがあるはずなのに・・・。

案外安物のベールかもよ
引き出しがみつからなくて (茉莉花)
2016-05-14 00:20:54
ごめんなさい。ちょっとどこで読んだかの引き出しが出てこなくて情報元を詳しく表せないのですが

ローマ法王との謁見の際の女性のベール

これ、カトリック女性でなくてもかぶるのがマナー
とどこかでみた記憶があります。
他の映像でも、非カトリック女性が、黒いベールを被られて謁見しているのがあります。
例えば、エリザベス女王、カミラ妃。
カミラ妃は知りませんが、エリザベス女王は、イギリス国教会なので、非カトリックです。でも、黒いベールでの謁見写真あります。

ただ、この通訳してさんのは、本当に派手なベールです。信者のわたしがいうのもなんですが、レースが目立ちすぎます。マナーで被ったとしても目立ちすぎる位目立つベールで、もしかしたら、そつなく和服で会われるであろう紀子妃に難癖をつけるためにわざと派手なベールをかぶらせられた可能性を否定できません!
だって、白い洋服で謁見してしまった姑の顔を潰さないためにも紀子妃はこの日に黒の洋服を着るはずがありません。そうなるともはや着物しか選択の余地がなくなります。
となると、みてこさん、アレら勢力としては何が何でも難癖をつけるためにわざと目立つベールを通訳に被せるという裏技に出たのかも。しかも、プロトコルを守ったふりをさせながら。ちょっと深読みしすぎかな?
でも、とりあえずこの通訳さん、服装については日本に恥をかかせてはないことだけは確かです。目立ってますが!
何度見ても (茉莉花)
2016-05-14 00:30:19
やっぱり何度みても黒じゃなくて、灰色のベール、もしくはレースの部分が限りなく白に近いグレーで、チュールの部分は黒のベールにしか見えない。

日本人で黒のべーるを普段から被る方ってあまりいらっしゃいませんよ。ほとんど白いベール。たまにフランス製のグレーのベール。
黒のベールは代々カトリックとかの九州地方の方はかぶるようです。
また、四旬節と呼ばれるイースター(復活祭)前は黒いベールと昔は決まっていたらしいですが、普段のミサにベールをかぶらなくてよろしくなったあたりからかな?(私はその頃は信者でなかったので断言できません)四旬節中でも普通に白いベールをかぶられている方いますね。
特に決まっているわけではなく、決まっているのは
ローマ法王との謁見の時の服装は白の特権の方以外は黒い洋服に黒のベール
ですね。
通訳の叔母さん! (雄鳳)
2016-05-14 22:02:46
でしゃばり過ぎです!
テーブルクロスのような、被り物。
勘違い叔母さん。
変に、ハイテンション
空気を読めない、悲しい女!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。