ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

幕末太陽傳・Dramatic‘S`

2017-07-14 11:46:00 | 宝塚コラム

 姫ちゃんと、ヅカ友さんと一緒に見てまいりました。

 幕末太陽傳 

まず、映画を見てないし落語を知らないし・・・という前提で言わせて頂きます。

つまり、あくまでも「宝塚歌劇」としてこの作品がどう見えるかという事について。

正直、失敗だったんではないかと思うんですよ。「さよなら公演」として「日本物」として。

「さよなら公演」の意義というのは、退団するトップスターがこれでもかっ!という程ど真ん中に立って見得をきる。集大成のかっこよさを見せるべき場所だと思います。

ストーリーの是非より泣かせる方が先みたいな感じ。

「下天の夢」とか「桜花に舞え」とか、この際思い切り主役を引き立たせるのが仕事ですよね。

しかし、「幕末太陽傳」は群像劇なんです。

相模屋さんという店を舞台に、そこに集まって来る人達一人ひとりのストーリーに主役が絡み、ラストは一つになるという話で、主役がある意味傍観者でもあるという事です。

相模屋さんではおそめとこはるが姸を競っており、一方で高杉晋作らが攘夷を実行しようとしており、女中のおひさが坊ちゃんと恋に落ちている。

様々な話が同時進行で、そこに佐平次は乞われるまま、あるいは偶然に首を突っ込んで解決していくという、それこそ映画やドラマなら面白いけど舞台化するにはなかなか難しいお話なんですよ。

どうしてこのような作品を早霧せいなにあてたか・・それは小柳先生の心一つなわけですが、シリアスな時代ものより早霧せいなには笑顔が似合うというか、昔からどっちかというとコメディが得意なタイプなので、笑ってほろりの江戸物がいいと思ったんじゃないかと。

下手にシリアスで演技力が必要とされる作品を与えると失敗しかねない危うさもあっただろうし。

だけど、ファンが見たかったのは退団するトップコンビの切ない恋の話じゃなかったかな。

ほとんど早霧と咲妃が絡まず、最後にいきなりアメリカへ行くと言われてもなあ・・・と。

そういえば2番手の高杉晋作と佐平次もあまり絡まず・・・要するに前置きが長すぎたわけです。

なんせ、最初にトップが舞台に立っているのに誰も気づかなかった?(拍手も起きず)って珍しいよね。

早霧せいなは黙って立っていてもトップオーラを放つ方ではないし。

そういうわけでとにかく眠くて眠くて、途中まで眠ってしまいました

せめて2幕物だったらそれなりに処理できたかもしれないけど、それじゃ人は入らないし。

宝塚を見ているというより昔の帝劇の芝居を見ているような気がしました。(山田五十鈴とか)

 

小柳先生はそろそろ焼き直しは止めた方がいいって。

せっかく宝塚風のロマンチック全開の話が書ける人なのにこんなにラブラブから遠いストーリーになってしまうなんて悲しすぎる。

早霧せいなの身軽さはものすごく評価します。今すぐVS嵐に出て欲しいと思っちゃった程。

運動神経抜群で器用なタイプなんですよね。

だからアクロバット的な事もこなすし、飛んだり跳ねたりが得意。そういう事にもっと注意しつつ作品を選べば、そこそこのトップ人生を送れたのになと思います。

咲妃みゆのおそめは性格的にこはると被ってしまって、最初はどっちがどっちだかわかりませんでした。

色気があるという方ではないし、宝塚的な女郎さんというのはあれでいいのかもしれませんけど、いわゆる「日本物」としてはどうだったかな。

やるならどうして歌舞伎にしなかったんでしょうね。

望海風斗の高杉晋作はしどころのない役で、三味線ひいて歌う冒頭のみが見せ場という情けなさ。

徳三郎の彩風咲奈はいい味を出していたとは思うし、多少は技術がアップしているような気がしていますがやっぱり先が心配。

やり手おくまの舞咲りんの怪演が楽しかったです。

 

 Dramatic `S`

ヅカ友さんがカバンの中からとりだしたもの。それはハンカチ。

泣く準備をしっかりしてから見るのよーーとにっこり。

へえーーと思っている間に始まったのですが、ショーは素晴らしかったです。

とにかく早霧せいなの場合はショー作品に恵まれなかったけど、最後にしてやっと・・・(涙)

振付がどれも変わっていて、勉強不足で名前を知らないんですが、平澤晋・佐藤親教の二人と外国人の方、こんなクールな振付ならいつでも見てたいです。

望海風斗のパリのシーンは背景の絵もよかったし、ムード満点でした。

勿論、ロケットの振付も超クール!これぞロケット!って感じでしたよね。

そして17場からのさよならシーンに、回りは号泣。ヅカ友さんがとにかく泣く泣く・・泣きまくり。

我が家の姫もしくしく泣き始めたけど、その理由をきいたら「きいちゃんが(真彩希帆)が雪組になじんでくれてよかったー」というものだったそうです。

燕尾服も綺麗でしたし、デュエットダンスもやっとここでトップコンビらしさを見たというか。

決して熱々ラブラブコンビではなかったけど、それなりにこの二人は雪組に貢献してくれたんだなと思いました。

でもフィナーレで、ここにアーサーが入るのか?と思うと違和感だらけが募っちゃって。

だ・・大丈夫か?

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« えーーわかんないよ | トップ | ヘイトスピーチは保守のする... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です! (はっちゃん)
2017-07-14 13:57:12
初めまして。
いつも読ませていただいています。
退団公演にこのような評価を出すのはとても勇気がいることだと思いますが、私も同感です。ライブビューングを観たのですが、眠くて眠くて、ストーリーもよく分からず仕舞。その後スカステで見た「双曲線上のカルテ」で、ちぎちゃんってカッコいいんだなと再認識しました。そして、「そうしてこんなかっこいい役で最後を飾れなかったんだろう?ファンの人はかっこいいちぎちゃんを見たいだろうに」と思っていたので、大変今回の記事に共感しましたよ!思わず、コメントいたしました。
これからも様々な記事を楽しみにしています。
観られて良かったですね (スザンナ)
2017-07-14 16:11:26
私なんて23日の映画館のみです。

ファンの方々を敵に回すと思いますが
ニジンスキーとか マーキューシオで
彼女の魅力は全然 私に分かりませんでした。

それが どうでしょう?運動会から?
ルパン三世から?
こんなにチケット難で
男性トイレに列が出来るトップさんに成るなんて
ビックリ\(◎o◎)/!です。

一生懸命と「熱」が魅力なのでしょうか?

望海さん・・大変でしょうね~~
↑の歌声が好きなので
プレお披露目チケットはゲット済み

全てヒックルメテ 23日には
今の雪組をお見送りしたいと思います。
Unknown (ワルキューレ)
2017-07-14 19:51:40
私は映画で予習していたので、上手く舞台化したなと感心しました。早霧は周りを固めてナンボのトップだったし、何より「絆!」の人なのでみんなと絡む方がいいだろうという判断で小柳先生はこの作品を選んだのではないかと思っています。キキちゃん、どうせ組替えするなら雪組がよかったです。
男性トイレの行列 (みんちゃん)
2017-07-16 10:12:08
ちぎちゃんも すごいですが みゆちゃんのフアンに
男性が多いのでは?
Unknown (通りすが子)
2017-07-18 23:56:07
はじめまして。
ちぎみゆコンビは人気がありましたけど、早霧さんも咲妃さんも、ちぎみゆコンビのちぎ役とみゆ役に徹しているようにしか見えなくて、お互い本来の魅力を出せずじまいだったのではないかと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

宝塚コラム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。