ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

両陛下、3月に宮城と福島へ

2016-02-05 07:00:00 | 皇室報道

 この異常事態を何とかすべきだと私は思います。

 

 両陛下 東北3県訪問へ 

 3月11日 → 東京で行われる東日本大震災の追悼式に出席

 3月16日 → 福島県訪問・・・原発と震災の影響を受けた避難生活者を励ます。

             同日のうちに宮城県へ

 3月17日 → 宮城県訪問。女川町へ行く予定。

 秋には国体開会式で岩手訪問予定。

 つい最近、フィリピンから帰国したばかりで、もう来月の予定ですか?

  しかも東北へ行く?一体、何を考えているんですか?両陛下と宮内庁は

  そもそも、武蔵野陵にも行けないのでしょう?賢所も代拝なんでしょう?

  なのにどうして東北へは行けるのでしょうか?

  これじゃやってる事が皇太子妃と同じでしょう

 宮城っていったって女川だよ?ほぼ岩手に近い方。

  仙台市内ではないんですから。寒いですし風も強いですよ。

  郡山だってそうです 磐梯山も蔵王も風を吹き下ろしますよ・・・・

  老人二人がどんなに厚着をしたって、寒いものは寒い。まして陛下の歳は

   いくつですか?82歳ですよ 不必要な訪問でしょう。

  何で皇太子に行かせないのですか?

 まして陛下はフィリピンで「認知症」の症状を隠さなかったではありませんか?

  今回のフィリピン訪問は大失敗であったと私は思います。

  陛下が思う程フィリピン国民は戦争を引きずってはいなかった。

  両陛下の飛行機を飛ばすせいでフィリピンの飛行機が大幅に遅れた。

  行先で救急車が待機していた。

  いたる所で陛下は混乱していた。

 そもそも陛下はどうしてフィリピンを訪問で来たとお思いでしょうか?

  日本という国がこの70年間、フィリピンに多額の援助をしてきたからでしょう?

  大統領からすれば、自分の中にも日本人の血が多少は入っているし、日本は

  援助してくれるいい国で、「お客様」でその国の天皇と皇后なら最上の接待を

  しないといけないからですよ。

  決して「70年前のことを許して差し上げます」というものではありません

  何でそれがわからないのか。

  両陛下は二人でセンチメンタルジャーニーをして、戦争の悲惨な記憶に浸って

  おいでだったけど、フィリピンも日本も前を向いて歩いているんです。

  戦争はもう過去の事。今、そこにある危機の方が怖いのです。

 現実に空港に出迎えの人はほとんどいなかったと言われているし、国民も

  無関心であったと、現地では報道されています。

  しかし、ご本人達は満足でしょう。高いお金を使って慰霊し、良心の呵責から

  逃れられたのではありませんか?

  (なんでそう思ってしまうのか、自虐史観を植え付けたバイニング夫人が憎い)

 しかし、すでに本当に「認知症」を発症していると思われる陛下が、なにゆえに  

  東北へ行こうとされるのですか?もう、そういう考え方からしてすでに、わけが

  わからなくなってる証拠ではありませんか?

  なぜ皇太子に行かせないのか?

  あの子は大変なの・・・・とお考えなんでしょうけど、それは常識的におかしいです

  このままでは秋篠宮家にだって批判の目が行きますよ。

 秋篠宮殿下、お止め下さい。絶対に止めるべきです。それが息子としての役割です。

  私達国民も、よたよたと倒れそうな両陛下があっちこっち行かれるよりも、

  眞子さまや佳子様に来て頂きたい。

  「天皇と宮家の内親王では格が違う」と思われるなら、二人の内親王に地位を

  授ければよいのです。

  称号でもなんでもお与えになり、格上げすればよろしい。お二人なら立派にお役目を

  全うされるでしょう。なんといっても将来の「天皇の姉たち」なんですもの。

  そもそも、何でもかんでも「天皇の皇后が動けばいい」ってもんじゃないでしょう

  皇室、特に天皇という存在の「カリスマ性」をどう維持するおつもりなんでしょうか?

  いつもいつも出歩いて、あっちで慰霊、こっちで追悼、そっちで慰問とやっていたら

  そういう行為がひどく軽く見えませんか?

  政治家の選挙活動じゃあるまいし、そんな事する必要はありません。

  むしろ、祭祀を司る姿をお見せになる事が、天皇の神聖を高めることになるのでは?

 昭和の頃、自分は「天皇の名代」としてそりゃああっちこっち行っていらした。

  その時の記憶は「バラ色の思い出」なのかもしれませんが、いい加減に次世代に

  繋げていかないと皇室は終わりますよ。

 

国会で安倍総理は「男系継承が行われてきたことをふまえて、安定的な皇位継承の

 ありかたを考える」とおっしゃったそうですが。

そこでやっぱり出てくるのは

 旧宮家復活論

 愛子女帝

この二つですよね。総理は「男系継承」に拘っていますので、出来る事といったら

旧宮家復帰ですが、それはそう簡単ではない事は、以前からお話ししています。

 11宮家は全て伏見宮系

つまり、そもそも天皇家とは血が遠いのです

明治天皇の4内親王が嫁いだ北白川・竹田・朝香・東久邇のうち、現在も残っているのは

竹田・朝香・東久邇。しかし、そもそも結婚した相手が親王ではなく「王」ですから

どんだけ血が遠いかわかるというもの。そのまま一家をあげて皇籍復帰は無理です。

戦前の皇室典範では「天皇の4世孫までは皇族、5世孫から臣籍降下」と決められていました。

宮家の当主が亡くなっても、臣籍降下した次男が皇室に戻る事は許されませんでした。

今、残っている旧宮家もどっちみち臣籍降下する運命でした。

明治時代、明治天皇は色々特例を定めて、血筋の遠い伏見宮系を「2世皇族」などにして

存続させました。

しかし、それは本当に「例外中の例外」で、結果的に国庫の負担にならないように

皇族の数は抑えられていたのでした。

現在、皇室は「永世皇族制」ですし、今時の女王殿下達は結婚しませんので、いつまでも

皇族をやっていられるわけです。

いわば「特権階級」と化しているんですね

(結婚しなくたって恋人として付き合う分には構わないし、子供が出来ない限りは)

 

そして、「天皇の公務」とは、実は祭祀と国事行為以外はありません。

皇族の公務も「慣例」として行われてきたもので、なくなっても構わないのです。

だから、本質的には皇族を増やす必要はないし、お仕事しない女王方などいなくても

ちっとも国民は困らないわけ(働かない皇太子一家も宮家の未亡人も)

 

今、大事なのは秋篠宮家です。

悠仁親王が天皇になったのち、なんとしても2世皇族になる秋篠宮家を存続させるべきです。

その為には三笠宮家や高円宮家の早期臣籍降下もよいと思います。

どうすれば秋篠宮家という家を存続させられるか、総理大臣はそれを考える事が重要。

 眞子・佳子内親王に称号を与え、愛子内親王より上座に置く。

 独身でいる限り単独宮家でもいいのではないでしょうか。この二人に限り。

  かつての桂宮淑子内親王のように。どうしても「順番」にこだわるならね。

 でなければ、かつて皇極天皇が大田皇女と建皇子にだけ「皇孫」の称号を与えたように

 そういう特別な称号を作って授ける。

  天皇の名代が無理でも「皇太子の名代」なら出来るのでは。

 皇后に引き継がれる養蚕や赤十字など、このお二人に担って頂くしかないでしょう。

 朝香・東久邇・久邇・竹田の4家あたりから人柄を見て宮家に入れる。

  東久邇家は明治天皇皇女、昭和天皇皇女と2代に渡って内親王が嫁いでいる旧宮家なので

  多分、血筋的には一番近いでしょう。しかし、東久邇家にはちょっと人柄的に問題もあり・・・・

  久邇家も人格的に問題ありで。

 眞子・佳子内親王の結婚相手を旧皇族にする。

  戦前じゃないので、「両性の合意のもと」による結婚がそうすんなり行われるとはとてもとても。

  そりゃあ、出雲に嫁いだ典子さんのように、いかにも打算的な計算ずくの結婚もあるには

  あるけど。両内親王には幸せになって頂きたいし。

  しかし、これを認めると「愛子内親王が結婚した相手が旧皇族なら宮家に出来るのか」という

  問題が出てきます。

  したければすれば?ですが・・・・(たぶん次世代は生まれないと思うので)

  そう、旧皇族の場合、身体的・精神的な「遺伝」が問題だったりすますけどね。

  (講演会にきた方はここらへん、かなり詳しくなってますよね)

 悠仁親王妃は学歴より顔より血筋より、とにかく多産系の女子を迎える。

  一族全てを精査し、男子の兄弟が多い人、日本人である事が最低条件ですが。

  

紀宮が適齢期に旧皇族系と結婚して男子を得ていたら・・・と

返す返すも失われた時間が悲しい。

両陛下が(皇后陛下が)旧皇族との絆を断ち切らなかったら、皇太子の結婚相手も

紀宮の結婚相手も変わっていたと思うのに。

紀宮が五摂家の一つに嫁ぎ、そこで生まれた娘が旧皇族に嫁ぎ、さらにそこに生まれた

男子が秋篠宮家に・・・でもよかったんだよ。本当は。

普通に皇太子が結婚していたら、内親王が生まれてもとっくに20歳を超えています。

その内親王が旧皇族に嫁ぎ、そこで生まれた男子が・・・・とか、色々手があったのに。

「皇統」を軽く見すぎたツケが今、悠仁親王の両肩にずしりと乗っかっているのです。

両陛下は祖父母でありながら、こんな重荷を背負わせて平気なんですよね。

 

とにもかくにも、両陛下、皇居の外にお出にならないで頂きたい。

 

 

 

 

コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

皇室ウイークリー

2016-01-31 11:01:00 | 皇室報道

ご日程

両陛下

1月22日・・・両陛下 → フィリピンからの看護師・介護士受け入れについて説明を受ける

       天皇陛下 → 通常業務

1月25日・・・両陛下 → 勤労奉仕団に会釈

                フィリピン訪問同行記者団に会う

        天皇陛下 → 皇太子殿下に臨時代行を任じる勅書

 

皇太子同妃両殿下 

1月22日・・・皇太子殿下 → 学習院女子大講義

1月25日・・・皇太子殿下 → 国事行為臨時代行に関する勅書の伝達

1月26日・・・両殿下 → 両陛下お見送り

       皇太子殿下 → 臨時代行

1月28日・・・皇太子殿下 → 勤労奉仕団に会釈

                   認証官任命式(臨時代行)

        両殿下 → 外務省から進講を受ける

 

秋篠宮家

 帰国時の眞子さま

1月22日・・・両殿下 → 外務省から進講を受ける

1月26日・・・両殿下・眞子内親王 → 両陛下お見送り

                         離任大使に会う

        紀子妃殿下 → 第20回結核予防関係婦人団体中央講習会」について説明を受ける

                   第67回結核予防全国大会」について説明を受ける

        眞子内親王 → 賢所参拝

1月27日・・・両殿下 → 外務省から進講を受ける

        秋篠宮殿下 → 第70回記念日本おもと名品展について報告を受ける

 皇太子の講義は、オックスフォード時代に洗濯機で失敗したエピソードだそうです。

   本当に昔の話しかしないんだから・・・・なにかっていうと留学話。

   よほど楽しかった思い出なんですね。

 両陛下の衝撃的なシーンを見た後ですので。

   正直、帰国されても国事行為をおできになるんでしょうか?

   っていうか、今まで滞りなくしてきた方が不思議。だれか代わりにやっていたのでは?

   だってどうみたって

   最初の楽器の演奏を楽しむシーンでも、何をやってるのか「?」な状態で

   皇后陛下に促されて拍手してた感じですよね?いつになく皇后陛下が側近の女性と

   話しているし。

   これは「天皇」という役割を果たす上で、大変な事態であると思うのですがね。

  早く「摂政宮」をつけろという意見がありますが、それはそう単純な話ではないのです。

  まず、今の時点で「摂政宮」になれるのは皇太子です。

  「秋篠宮さまにすべきだ」という意見は大半ではありますが、「摂政宮」は天皇とほぼ同格に

  なるし、「順番」からいっても皇太子なのです。

  「摂政宮」をつけるという事は、天皇として何もできなくなるという事に等しい。

  これにはさすがの陛下、皇后陛下もいい顔をしないだろうし、ましてやあの皇太子に譲るなんて

  出来ないと思うんですね

 皇太子自身、健康に不安を抱えている状態のようですが、それでも堂々と公の場には出てきます。

  両陛下と東宮家は「映像でどんな事実が国民の前に表されようと、無視さえすれば、公式発表さえ

  しなければそれは「ない」事になる」というお考えのようです

  証拠を突き付けられても「違う」と言い募っていれば「違う」事になるという話です。

 (実際、皇太子妃の病気、愛子内親王の障碍、皇太子の体調、天皇陛下の奇矯な振る舞いなど

  今までなんど映像に出ていたでしょうか)

 陛下の場合、去年の戦没者慰霊式でのフライングあたりで、事を察し速やかに対処して・・・

  あるいは海つくり大会式典でのおかしなお言葉の時点ですぐに対処していれば・・・・

  今回のようにフィリピン大統領に余計な気を遣わせずに済んだのではないかと。

  これは大変な「外交問題」の筈ですが、風岡長官はそこまでの危機感を持ってないでしょうし

  上がそうなら下が何をいう事も出来ないというのが役所の立場ですので、このままいくのだろうと

  思います。

 陛下は帰国後、ある程度の権限移譲を考えていると言われていますが、譲る相手が皇太子夫妻。

  その言動や行動からいって、陛下とそう変わらない不安を抱えている皇太子夫妻。

   そんな人たちがここぞとばかり国賓を迎え、外国に行くという事は、ともすれば

   「日本ってそういう国なのねーーまるで北朝鮮みたい」と思われて終わるでしょう

   日本人が考えるよりずっと外国の人は「皇室」を敬っていますのでね。

 なぜ風岡長官は動かないか。

   それは「自分の任期中にごたごたは起こしたくない」という気持ちと

  創価学会信者として皇室が安泰に続いていくことをよしとしないからでしょう。

  彼が皇太子夫妻のわがままな振る舞いや嘘を容認しているのもそんなわけがあります。

  小町東宮大夫などは「とにかく毎日見ざる言わざる聞かざるで過ごせば給料が貰えて

  老後は安泰」と思っていて、皇太子妃に文句を言われれば「はい」で記者団から突き上げ

  られたら「ご意見は承っておきます」ですんじゃう。

  これが昭和なら国会に召喚されて、色々質問を受ける所でしょうが、今の国会というか政治家は

  「皇室は触らないでおこう」的な考えですよね。

  だから何も出来ないのです。

  本来、女性宮家だのいう前に、現実の天皇皇后、皇太子夫妻の精神的な健康度をチェックする

  のが先ではないかと思うのですが。

 思えば、民主党時代、様々な侮辱を受けた皇室です。それでも反論することなくここまで来ている。

  表向き「両陛下の意向」で今回のような大旅行が実現し、強権発動したかに見えますけど

  その実は「勝手にやらせておこう」ではないかと。

  国会で秋篠宮殿下が「早く座れよ」と言われたあの時に、しっかりと「皇族に対する振る舞い」を

  注意出来る国会議員や総理大臣がいたら・・・とか、思い出すだけでも「たられば」だらけ。

 いわゆる認知症で「あれ?ここはどこ?」状態の天皇でも、時々おかしくなる皇后でも

  公衆の面前でおもらしをする皇太子でも、スキーの時だけ元気であとは出てこない皇太子妃でも

  見るたびに「自閉症」の症状が惨くなっている内親王でも、日本の皇室はやっていけるという事です。

  これは決してマイナス思考ではありません。

  目の前にある「事実」です。

 こうなっても生活態度を変えようとしない皇太子妃って何なんでしょうね。

 

フィリピンを出発する両陛下

 

東京に到着した両陛下

 不思議なコートを着て足元が危ない皇后陛下。

出迎えの皇族方。

皇太子妃の白いコート姿は一体なんだ・・・・と。

どうしても秋篠宮に話しかけずにはいられないのですね。

佳子様のコートが可愛い。

皇太子が手で何かを指し、信子妃が怪訝な顔、他の皇族は無視・・・という図らしいです。

 

思わず噴き出した眞子さまとにこやかな佳子様。

私達はこういう皇族を見たいのです。

 

 

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

両陛下 フィリピンへ4

2016-01-30 07:00:00 | 皇室報道

まず、問題の写真ですね。

ペンをお持ちになったまま座る・・・・大統領はずっと笑顔で対応していたけど

自分の親みたいな気分だったのかしら?

皇后陛下の袖、絶対に変です。なんで真四角にだらんとなってるわけ?

そこまでして「ケープっぽく」しなくてもいいと思うんですけど。

 レセプションでの両陛下。

何だかこのシーンもありそうな。

 

乾杯の両陛下。

え?大統領と皇后陛下が乾杯?こういう席次ってありなの?

陛下を飛び越してる。

陛下は大統領夫人かなにかと乾杯ですか?

 

 そして最大の目的。慰霊碑に供花。

 

 

コンビニで高島易断の占いの本を見てたら、陛下の星には

自分が気が付かない所で迷惑をかけている事があるでしょう」ってあって

「本当だわーー」と思ってしまいました。

 

女性週刊誌などによると、フィリピン帰国後、陛下は公務を委譲するという話。

誰にって?当然皇太子に。

という事は皇后の仕事も雅子妃に委譲されないといけませんよね。

国民が映像などをみて「この状態はさすがに・・・」と思っても

宮内庁が動かないと何もかも無理です。

香淳皇后が認知症になった時、自然に公の場から去られた。

今上の信条によれば、自らの健康状態については隠さない筈では?

でもやっぱり「少し認知症が」とか「老人特有の・・・」とはおっしゃれないのでしょう。

それってやっぱりプライドでしょうか?

なんでそうまでしてフィリピンなどへ行こうと思われたか。

政府も宮内庁も両陛下の言いなりになっているこの現状。

次世代もまたしかりと思ってしまうのです。

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

陛下・・・・・

2016-01-29 07:43:32 | 皇室報道

 甘利大臣、辞めちゃいましたね。ちょっと残念。

ゲスの極み乙女の替え歌なんか歌うからだよーー

で、夜には石原伸晃の認証式。

皇太子殿下の臨時代行でございます。

得意そうな皇太子の顔・・・・よく見えなくてもわかるよ。ふんぞり返ってるもの。

今回はズボンにシミは・・え・・・・いや、あれは違う。影・影っ!!

 

こちら、晩餐会時の皇后陛下のドレス全体像。

いつもの「ぼかし」はわかるけど、切り替えが斜めなのかずりあがったのか?

チュニックスタイルの上半身にロングドレスだったのですか?

 

衝撃的だったのはこちら・・・・36分くらいから。

 

<!-- フィリピン -->

 

ペンをもったまま座る天皇陛下。

何か皇后陛下に話しかける。

答え、見守る皇后陛下。きちんと書けるかどうか心配?

立ち上がり、書面を見て納得がいかないように話す天皇陛下に

必死に「それでいいんです。間違っていません」という風に説明する皇后陛下。

椅子をひいた護衛官は戸惑って笑うしかない。

本当は立ち上がって机のわきに大統領と並ぶはずだったのではありませんか?

大統領も笑っていますけど、皇后陛下の焦りは半端なく。

陛下が椅子とテーブルの間を歩き出し、慌てる大統領達。

本来は机の前か、椅子の後ろを歩く筈?

仕方なく皇后陛下も一緒に歩き出す・・・・最後は陛下の腕をがしっと掴み

変な方向に行かせないようにしてる?

肖像画を見るシーンでも、皇后陛下はしきりに脇にいる女性に話しかけきにかけ

陛下の腕をときおり掴んでいるような。

この状況をなんと思えばいいのか。

天皇陛下は1945年に戻っているのではありませんか?

現実の辛さから逃れて。

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

両陛下 フィリピンへ3

2016-01-28 07:55:57 | 皇室報道

27日の両陛下です。

皇后陛下は袖が妙に長いスーツをお召。そのわりにはストッキングが濃すぎるような?

無名戦士の慰霊碑に2分間黙とう。

これが最大の目的・・・・・まだあったっけ。戦場を見ること。

反省して謝罪して頂きありがとうございます。

 象徴的な皇后陛下の立ち姿。陛下を見下ろしているように

見えますが、こういう時って皇后陛下はどう立つのが正しいんでしょうか?

晩さん会。皇后陛下は金のぼかしが入ったドレス。

背景の花、胡蝶蘭、全てが白。

 

天皇陛下

昨年私どもは、先の大戦が終わって70年の年を迎えました。

この戦争においては、貴国の国内において日米両国間の熾烈な戦闘が行われ、

このことにより貴国の多くの人が命を失い、傷つきました。

このことは、私ども日本人が決して忘れてはならないことであり、この度の訪問においても、

私どもはこのことを深く心に置き、旅の日々を過ごすつもりでいます。

 貴国は今、閣下の英邁(えいまい)な御指導のもと、アジアの重要な核を成す一国として、

堅実な発展を続けています。過ぐる年の初夏、閣下を国賓として我が国にお迎えできたことは、

今も皇后と私の、うれしく楽しい思い出になっています。

 この度の私どもの訪問が、両国国民の相互理解と友好の絆を一層強めることに資することを深く願い、

ここに大統領閣下並びに御姉上の御健勝と、フィリピン国民の幸せを祈り、杯を挙げたいと思います」

 まるで1945年からタイムスリッピしてきた人みたい。

  こうやって永遠に日本の国民に罪悪感を植え付けるおつもりなんでしょうか。

  ごめんなさい。ちょっと・・・いえ、かなりうざいです。

  いい加減にして頂きたいと本当に心から思います。

  戦後、日本がフィリピンにどれ程尽くしてきたと思ってるんですか?

  今だってフィリピンから日本に働きに来ている女性の多い事。そして生活保護受給者も

  大変多いのですよ

  何で外国人に日本人の税金から生活保護費が・・・って思うけど、それは制度上しょうがないわけで。

  70年の間、日本がフィリピンに尽くしてきたことなどお構いなしなんですね。

 

大統領

今をさかのぼること数十年、1962年に天皇皇后両陛下は初めて我が国にお越しくださいました。

両陛下は、フィリピン国民が過去に経験した痛みを思うと自身をどのように迎えてくれるのか不安であった、

と私にお話しくださいました。

ところが、当時のディオスダド・マカパガル大統領や多くの国民が歓迎する姿を目の当たりにされ、

こうしたご不安は杞憂(きゆう)に終わったのです。

数十年前のこのご訪問の際に数多くの心温まる思い出を持ち帰られたように、

今回ご帰国の途に就かれる際にも、フィリピン国民の抱く敬愛の念と歓迎の心に再度触れられ、

前回にも勝るほどのよい思い出を携えていただきたい、これが我が国民一同の願いです。

貴国は堅実で有能かつ信頼できるパートナーとして、

今日まで我が国民の発展を後押ししてくださっています。

ここでその一端をご紹介したいと存じます。

2014年、貴国は我が国にとって最大の貿易相手国であり、

この年に実施された我が国への政府開発援助

最大供与国でもあって、さらには我が国投資促進機関認可ベースの

対内直接投資額においても

1位の座を占めています。

貴国はまた、ミンダナオの和平プロセスや開発に加え、

我が国の海上能力や災害管理能力の強化をも支える重要なパートナーであり、

アジアにおける法の支配を推進する力強い同盟国でもあります。

ここに挙げたものだけでなく、貴国から受けたすべての恩恵に対し、

フィリピン国民を代表して、貴国の言葉で「どうもありがとうございます」と申し上げます。

 天皇皇后両陛下、今回のご訪問は、両陛下の人生のこの時点で我が国にお越しくださるご選択を

なされたことを思うと、いっそう意義深いものとなります。

1960年代にお越しいただいた際には、旅の所要時間は今回より長かったかもしれませんが、

両陛下のお身体(からだ)へのご負担は今回よりも軽かったのではないかと存じます。

今宵(こよい)、あまねく平和を実現する敬愛の象徴たる両陛下にご臨席たまわったことを

心から名誉に思うとともに、これは全出席者の総意でもあると申し添えます

 この未来志向のスピーチが当たり前です。

  大統領は日本が過去を忘れずにきちんとフィリピンにやすべきことをやってきた

  事実をご存知です。しかも感謝して下さっています。

  あれから70年ですよ。

  日本人だって傷ついたけど誰のせいにもせず頑張って国を復興させてきたでは

  ありませんか。

  あまたの東南アジア諸国からは日本は目指す国でもあります。

  両陛下はその事に対して誇りを持たないのでしょうか?

 今になって昭和天皇を全否定するような事はなさらないで頂きたい。

  あの当時は、ああするしかなかったのだと。

  いつまでもいつまでも「あの時、こうしなかったら今も平和で」なんてありえない。 

  遅かれ早かれ日本は戦争に突き進んでいったと思います。

 何だか本当に複雑なフィリピン旅ですよね。

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

両陛下 フィリピンへ  2

2016-01-28 07:00:00 | 皇室報道

両陛下はフィリピンに到着されました。

テレビ報道によると、大統領が自らお出迎え。

その理由は、今回の訪問が「慰霊の旅」だから。

暑いフィリピン・・・大統領のラフスタイルに真っ黒けな恰好の両陛下。

何だか本当に「謝罪の旅」みたいで。

 皇后陛下の帽子の位置が前すぎるんですね。

額を隠したいならツバ広の帽子になさればいいのに。

それにしても。パラオの時はラフなスタイルだった陛下が今回はジャケット付。

やっぱり前回、不評だったんでしょうか?

54年前には忙しくて見られなかったという夕日。

陛下が「綺麗だね」とおっしゃり、皇后陛下は前を向いたまま頷きあそばした。

皇后陛下の上が黒で下がスカート?そこまで黒にこだわらなくても。

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

両陛下 フィリピンへ1

2016-01-27 09:00:10 | 皇室報道

26日。両陛下がフィリピンへ出発されました。

式典に皇太子妃の姿はありませんでした。

安倍総理 「今回のご訪問は戦争により亡くなられた人々を慰霊し、平和を祈念するとともに、

        わが国とフィリピン国との友好親善関係のうえで、誠に意義深いものと存じます」

天皇陛下 「フィリピンでは、先の戦争において、フィリピン人、米国人、日本人の多くの命が失われました。

        中でもマニラの市街戦においては、膨大な数に及ぶ無辜(むこ)の

        フィリピン市民が犠牲になりました。

        私どもは、このことを常に心に置き、この度の訪問を果たしていきたいと思っています

 うーん・・・複雑な気分です。

   日本のせいで犠牲者が出たかのような・・っていうか、そう思ってるんだろうなあ。

   総理大臣の言葉はちょこっとチクりかなあと。

 

 

紺なんですねー写真によっては黒づくめにみえて。

どこのお葬式に行くのか?と思ってしまいましたよ。

腕を組んで楽しそうですね。

この帽子、やめた方が・・・色が濃いと一段と山伏っぽくて。

白い罰点は仕付け糸・・・じゃなくて、止めているんですよね。リボンを。

後ろの雅子妃の顔が怖すぎて。

どうにも一人ではお歩きになれない様子。

 皇后陛下の足が・・・見事に女優足。

いつもこんな構図ですけど。私達、ずっとこの構図を不思議に思わなかったんですね。

何でも両陛下はフィリピンの次はロシアや韓国に行くことをお考えとか。

北方にも目をむけなければというのが皇后陛下の思し召し。

とはいえ、「私達が日本人を代表して謝る事によって友好関係が築ける」と

考えるのは間違いではないでしょうか?

雅子妃はどうして式典に顔を出さないのか。

何が「ご負担」なのかさっぱりわかりません。皇太子と腕を組んででも出てくるべき。

結果的に「特別扱い」は変わらずです。

雅子妃のロイヤルブルーが目立つというか浮くというか。

コートがこれしかないのかしら?

っていうか、このアングルだと雅子妃は妊娠しているように見えますよね?

コートを着てもここまでお腹が目立つのってちょっと不思議。

ホッカイロでも入れているんでしょうか?

紀子様と眞子さまはお揃いのグレー。

筆頭宮家なんだしもうちょっと豪華でもいいんじゃないの?

隣の信子妃の方が筆頭宮妃みたいです。

瑤子女王の右足。どうしたんでしょうね?

秋篠宮殿下の心配そうな顔。

心なしか紀子様も不安顔。

紀子様の薔薇のブローチが素敵です。

全身ロイヤルブルーでばしっと決めてみました。

なんたって次代の皇后陛下ですから。

勝利の笑顔ははじけています。

紀子様のコート、暖かそうでよかった。

それぞれ胸中にはどんな思いが・・・というお見送りの図でした。

 

 

 

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

眞子さま、レスター大学院修了式に

2016-01-22 07:43:11 | 皇室報道

 眞子さまは21日。レスター大学院修了式にご出席されました。

「アキシノノミヤマコ」と呼ばれ、壇上に上がられました。

 なんと美しい

東洋の美そのものですわ。

眞子さまはマントスタイルがよくお似合い。ついでにいえば、黒赤とかの

配色もよくお似合い。

もし、眞子さまがかつてのおばあさまのような恰好をされたら、きっとめちゃくちゃ

かっこいいと思います。

ま、ありえないけど。

後ろの女の子はブーツをはいているんですね。

立ち姿からして違うなと。

 

 修士になられました。

 

眞子さまは25日まで英国滞在。

きっと王室の方々ともお会いになるのではないでしょうか・・・(近重風に)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行ってらっしゃい眞子さま

2016-01-20 07:00:00 | 皇室報道

イギリスへご出立の眞子さま。

前日の雪が嘘のよう。

お気をつけて行ってらっしゃいませ。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

美智子さまが雅子さまを叱った!は嘘か誠か  2

2016-01-17 10:21:00 | 皇室報道

 現在でも皇后陛下が折りにふれて口にされる記憶。

  成婚の時、小和田さんが「両陛下からぜひにというご挨拶があれば」と言った。

  正田家から嫁いだ皇后陛下にとっては驚かされる言葉ばかりで

  「何度も思い出してしまうことがあるのよ」と漏らされた。

 翻って正田家、特に母の富美子さんの控えめな態度は徹底していた。

   富美子さんは関係者に「機械(電話)を通してしか娘と話すことが出来ません」と

   語った。

 「両陛下自ら頭を下げるなら娘を差し上げましょう」と小和田さんに言われたって事ですね。

   それでトラウマになったと。いわゆるフラシュバックのように蘇ってきては嫌な気持ちに

   なると・・・そういう事ですよね。

 その時に「冗談じゃない。うちの息子の嫁になんかしない」と言えなかった皇后の心の弱さを

   悔やむべきです。

   心のどこかで痛いところを突かれたと思ったんでしょう。

 しかし、富美子さんだって「結婚とはストラグルでしょ」とおっしゃったし、亡くなる前に

  雑誌に語った「約束が違う」発言等、似たようなものじゃないかと。

  美智子妃が入内してからも度々東宮御所に行っていた事は検証ずみですけどね。

 

 皇 后 「他の皇族たちとの交流が途絶えている事は望ましい事ではないし

     それぞれの皇族がどのような公務を行っているかということが

     わからなければ、その状況を全く把握していないのと同じことなの」

皇 后  「サーヤとの交流がないというのは。本当に人を助けることを生きがいとしているし

    サーヤに聞けば色々なことがわかるのに」

(皇后心の声 ;うちのサーヤはおたくの愛子と違って育て方がよかったのよ)

(雅子妃心の声 ;今更行き遅れの娘自慢ってありえなくね?)

(庶民の心の声 ;年下に素直に聞けるお妃なら苦労しないんじゃないですか?

          そんな事、20年も見ていればわかるでしょうに。それにサーヤは降嫁した身。

          雅子妃からすれば関係ない人でしょう。本当は「紀子妃に見習え」というべき

          なのに)

 「御宿カワセミ事件」のおさらい。

 皇 后 「御歌というものは、広く公に向けて自分たちの気持ちを歌うものなのよ。

     藤原道長が、わがよの春のことをうたったような、自らのことばかりを歌うというのは

    ふさわしくないのです」

(皇后心の声 ;愛子が作文に道長を出した時は腰がぬけたわ。さすがにあれはまずいわ。

          嘘だってすぐわかるもの)

(雅子妃心の声 ;道長のような生き方をするのが小和田家の願いだし。自分達さえよければ

           いいっていうのが人間の本音じゃね?

           せっかく皇族という特権階級にのし上がったのに今更なによ)

(庶民の心の声 ;と、いいつつ、今回はご自分のことを詠んでおられますが)

 雅子妃 「よくわかりました。皇太子殿下とお話し申し上げて、

        心に刻みつけるようにいたします」

(雅子妃心の声 ;今に見てろ。この恨みは忘れない。必ず復讐してやる)

 雅子妃の心の声はあながち想像だけでもないように思います。

  というのは「心に刻みつける」といういい方は、普通の日本人はしないのです。

  普通は「申し訳ございませんでした。心を入れ替えて精進いたします」です。

   なのにこのセリフは、皇后に言われたセリフを皇太子に話すと言っているのです。

  いうなれば「私、叱られた」と告げ口して、そのことを「心に刻み込む」と言っているのです。

 よく韓ドラ史劇で、大妃に叱られた王妃が「肝に銘じます」と答えるシーンがありますが

  それと同じですね。

  「肝に銘じる」という言葉は日本語にもありますが、そうそう使いません。

  大妃 「よいか中殿。これ以上のわがままは許さぬぞ。覚えておけ」

  王妃 「お言葉、肝に銘じます」

  こんなセリフのやりとりが多くて。

 

され、文春に書かれたこれらの事は果たして嘘か誠か・・・・と言っているときに

宮内庁より抗議がありました。

 

 その

宮内庁東宮職は,「週刊文春」1月21日号に掲載された「12月23日天皇誕生日の夜に「お呼び出し」 

美智子さまが雅子さまを叱った!」と題する記事について,

週刊文春編集部に下記の内容を伝え,厳重に抗議をしました。

1 同記事は,「千代田関係者」とされる人物の発言も引用しつつ,

  昨年12月23日の天皇誕生日の夜に催された「お祝御膳」のお食事終了後,

  美智子さまと雅子さまが別室に移られてお二人だけでお話をされたとした上で,

  そのやりとりなるものを克明に掲載しています。

2 皇太子同妃両殿下のお話によれば,当夜は,皆様おそろいでお食事を済まされた後,

  引き続きお居間にて皆様終始ご一緒にご歓談になり,その後,皇太子同妃両殿下,

  秋篠宮同妃両殿下,黒田様ご夫妻が順次お帰りになったとのことです。

3 「お祝御膳」の後に皇后陛下と皇太子妃殿下が別室に移られてお二人だけでお話をされたとの

  事実は全くなく,また,同誌が掲載したような皇后陛下と皇太子妃殿下との間のやりとりも

  一切なされておらず,全くの事実無根であります。

4 このように,事実無根の内容を,あたかもそれが存在したかのように記事を構成し週

  刊誌に掲載するとともに,興味を煽るような見出しを掲げることによって,読者,

   さらには一般の人々に誤解を与えていることは,極めて遺憾であり,

   「週刊文春」編集部には,強く抗議するとともに,記事の即時撤回を求めました。

5 皇太子同妃両殿下には,両陛下より,日頃からお心遣いをいただき,

  温かくお見守りいただいていることに対し心より感謝されており,このような心ない

   報道が続けられることを遺憾に思っておられます。

  これは東宮職が抗議したものです。

   こういう記事が出ても、多くの国民は「やっとかーー」くらいにしか考えないと思いますが

   東宮としてはありえないスクープだったわけですよね。

   という事はリークは千代田だったのでしょうか。

 今回は記事が出てわりとすぐに小町東宮大夫が怒りました。相当、東宮夫妻も

   頭に来たかもしれませんね。

 

 その

1月14日の朝刊で,「12月23日天皇誕生日の夜に「お呼び出し」 美智子さまが雅子さまを叱った! 宮

中重大スクープ「東宮と共に人々の前に姿を見せるのが最善の道です。

小和田家とは文化が違うのですから」(美智子さま)「心に刻みつけるようにいたします」(雅子さま)」

という週刊文春の大きな広告をご覧になった天皇陛下は,侍従長に対し,

このような広告は一つ一つ気に止めることはないが,自分の誕生日のこととされ,

自分にはあり得ないこととしか思えないが,何があったのかとご下問になりました。

とりまとめご説明したところ,非常に驚かれ,皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下,黒田様ご夫妻を招

かれた当夜,お祝御膳に引き続くお居間でのご談らんの間,

后陛下は終始ご自身と一緒におられたので,皇后陛下と皇太子妃殿下がお食事が

終わった後に別室に移られて話をされたというような状況は全く起こり得ないことであり,

そのことは当夜同席した全員が承知のはずだと仰せになりました。

同じ14日の午前中には,心配して東宮職に問い合わせた宮内庁長官に対し,

皇太子殿下からも同様の主旨のお話がありました。

翌15日には,長官とお会いになる機会のあった秋篠宮殿下からも

,皇后陛下はこの夜終始一同の談らんの中にいらしたとのお話があり,

更に,お帰りの時にも両陛下して皆様をお送りに立たれ,

当然のこととして皇太子同妃両殿下が最初にお発ちになるのを他の皆様がご一緒に

お見送りになったというお話しがありました。

記事によれば,お夕食後,皇后陛下は皇太子妃殿下とお二人で別室に移られてお話をされたとありますが,

実際には,お夕食後からずっとお居間にて席を立たれずに皆様とお過ごしであり,

陛下のお誕生日というおめでたい日の夜に,陛下や当日のお客様をお置きしてまで,

皇太子妃殿下お一人を別室に呼ばれ,叱責云々という状況が成り立つ余地は全くありませんでした。

皇后陛下は,これまでも皇太子妃殿下を気づかわれ,

自らには誤解を招きかねない多くの記事に対しても沈黙を保ってこられましたが,

今回の記事は皇后陛下のお言葉という形で表した具体的内容を伴ったものであり,

非常に誤解を招く恐れが多いと考えられたことから,ここに当夜の事実をお伝えすることにしました

 これは千代田から出た抗議のようです。

 通常なら天皇陛下自ら「こういう記事を気にはとめないけど、何があったのか」とご下問になり

  「皇后陛下と皇太子妃が別室に移った事実はない」とおっしゃっているのだから、

  週刊誌は嘘を書いているに違いないと国民は信じるでしょう。

  現実に信じている人も多いのではないでしょうか。

 12月23日の夜に別室で話をした経緯については、最初は「12月26日」のボクシングデーに

  呼び出そうと思っていたけど、二度手間になるから誕生日の夜になったと具体的にあります。

  ボクシングデーというのはキリスト教に由来する祝日。

   わざわざ「26日」ではなく、「ボクシングデー」と書いた所に「皇后の信仰」が見え隠れ

   しているようにも思います。

 千代田の抗議には「お客様をお置きしてまで」とありますが、夜の食事会に来たのは

  秋篠宮夫妻と黒田夫妻、そして東宮夫妻。いわば身内だけだったはずです。

   皇后と皇太子妃が別室に移らなかったというなら、「家族会議」のような形で

  「将来の天皇家のありかた」を語りあったとしても不思議ではありません。

  千代田が拘っているのは「二人きりで別室に移った事実はない」という事ですね。

 秋篠宮殿下の言葉にしても、皇后と皇太子妃が二人きりで話した後でも、帰りは

   みんな一緒という事は十分にありえる事です。

   というか、秋篠宮さま、宮内庁の書いている事が本当なら、まず妻へのバッシング記事に

   ご意見なさいませと申し上げたい。

 そして、「いつもは黙っている事案だけど、今回ばかりは・・・」というニュアンス。

  仮に当日、延々と話したという事実はなくても、もしかしたら折にふれて、これらの事は

  話していたかもしれません。

  「サーヤに聞けばいいのに」の件も、これが紀宮降嫁前の話ならつじつまがあうからです。

  せいぜい、当日、話した事は「ご病気の方はいかが」くらいだったのではないかと。

 ではこれは嘘なのか・・・・ともあながち言えません。リークしたのは?

   千代田側ではないかとも思えます。

   じゃあ、なんで抗議したのか?そこが皇后陛下の「自愛」なんですよね。

  天皇も皇后も雑誌記事はよく見ている。

    今までは「嫁を労わる慈愛の皇后」というスタンス。雅子妃を庇う事が

     国民からもっとも理解を得る手段と思っていた。

    しかし、最近はネット等で、ご自分達に批判の矛先が向いているのを知る。

     このまま何もしなかったら、いずれ皇太子が即位した時に全ての責は

     天皇と皇后にあると言われてしまう。

    最近、自分達に対する空気が変わっているのを感じた。

    そこで「叱責」記事を出し、「やるべきことをやっているけど、言う事をきかないのは

     嫁の方」と訴える。

     姑世代からは「雅子様が悪いわよね」と同情をひき、働く世代からは

    「雅子妃のような人がいるとこまるわよね」と世論を両陛下に同情的に誘導する。

    これは廃妃が目的ではなく、「常に正しい事しかしない、言わない皇后」をアピールするため。

    これだけ言ってもきかない皇太子妃が悪い。

    悪いけど、そういう嫁を温かく見守っているけなげな皇后をアピールするため。

    「美智子さまもご苦労ばかりでお可哀想」と言われたい。

   抗議をしたのは、小和田側に千代田がリークしたのではないと思わせるため。

 とするなら、秋篠宮殿下もそれに一枚かんだという事ですか?

  真実、「皇后と雅子妃二人だけの話し合い」が行われていないという事ですか?

  なぜ秋篠宮をわざわざ持ち出す?単に引っ張り込まれたのか意図的なのか?

  黒田夫妻には意見を聞かないのか?

 両陛下も秋篠宮家も、紀子様や佳子様がバッシングにさらされても完全無視です。

  「東宮家より目立ってはいけない」という皇后の言葉は真実確定ですか?

  両陛下からみた紀子妃と佳子様は、雑誌に書かれているように見えるという事ですか?

  皇太子妃の事は全力で庇うけど、次代の「天皇の母」は庇わないのですか?

 国民が嫌だと思っているのはまさにそこなんですよ。

   両陛下は考え違いをしておられるのです。

 皇后 → 雅子妃 への叱責が本当なら読者・・・つまり多くの国民は少しすっきりする。

 なのに「そんな事実はない」と否定する皇室の姿には絶望しかない。

 皇后みずから「私達皇族は、現代を生きる日本各地に住む人々に心を寄せ

   ごく一般的な日本の家々の中にあるしつけや習慣、伝統と丁寧に関わっていく」と

   おっしゃっているのに、

  真逆の事しかしない皇太子一家に対して、怒ったり叱ったりした事はないというんですね。

  現代社会に生きる庶民は

  子供の不登校を他人のせいにしてつるし上げたりしない

  1年半以上も子供の教室に張り付いて教師を監視したりしない

  障害を持つ子供を放置したりしない

  仕事で外国に行ったのに、何もしないで帰国する事はない

  実家べったりの嫁は嫌われる

  ですよ。両陛下にとって上記の事は「常識」ではないという事でしょうか?

 

もうわけがわかりませんね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加