ガジェットと時事を勝手に考察するやつ

気になったガジェットと時事ニュースを勝手に考察(あくまで個人の意見)

ExperiaXZ Premiumは本当に買いか?

2017-06-17 20:32:10 | 日記
今回のブログの引用記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-00010003-giz-prod

新しいXperiaが発表になりました。この機会に他のキャリアからドコモへ移ってしまう人もいるんじゃないか。
私はそんなことおかまいなしで、ドコモ→au民になったばかりです。

Xperiaの一番の特徴はスクエア型のど真ん中デザインと、ソニーブランドであるという点だと思います。
それにバリエーション違いが年に数回発表されるので、そのたびに「今回ソニーはどんな手を?」というわくわくに浸ることができます。

個人的に一番Xperiaが欲しかったのは4年くらい前でした。
当時、私は今となってはクソみたいな「GALAXY S2」という機器を使っていました。
初めてのスマホでしたが、いかんせん電池の持ちが最低なのと、写真をとっても、PCへの同期が専用ソフトを入れたりしなくてはならずに、
クソめんどくさい印象しか残さないまま、次の機種を契約した覚えがあります。
そのとき私はiPhoneが欲しかった。でも当時なかなか在庫がなくて「もうこれでいいや!」とアロウズにしました。

それはそれで、電池の持ちが一気に回復したり、良いこともあったのですが、元来の新しいもの好きな面をどうしても補えませんでした。
そのときに、アロウズのライバルに名乗りを上げていたのがXperiaでした。

当時まだ、スマホと、音楽プレーヤーは別持ちが基本でした。
でも当時から「mora」というサイトを使用していた私は、スマホにウォークマン機能があるXperiaに惹かれていたのです。
しかしこちらは価格がネックでした。アロウズと全然契約の金額が違ったのを覚えています。なんだよソニー。そんな感じです。


さて、話を元に戻します。

今回の目玉は4K  HDR解像度というディスプレイでしょうか。
最近のXperiaのフラッグシップはどんどん大型化してきている印象なので「もういいんじゃないですか」という空気も漂い始めているところです。
しかし綺麗な女の子と高性能ディスプレイに弱いのは人間の性ですので仕方ありません。

以下、記事より引用

①約5.5インチの4K解像度/HDRディスプレイを搭載。
色彩、コントラストに優れ、文字も読みやすく。
YouTubeコンテンツを4K解像度にアップスケールする機能も搭載

②約1,920万画素の背面カメラ「Motion Eye」では、960fpsのスーパースローモーション撮影が可能。
960fpsの映像を30fpsにすると、なんと1秒の世界を32秒の映像にできる。

もはやスマホでこんな機能いるのかしら?と思ってしまいます。
スマホで4Kの映像を堪能する必要があるでしょうか?一部のガジェット好きに「4kだぜ!」となるに違いありませんが、
ほぼほぼ、宝の持ち腐れ状態になると思います。
文字が読みやすいのは良いでしょう。お年寄りなど、画面のチェックに時間がかかってしまうような方にはとても高解像度というのは
メリットがあると思います。でもそもそもそんな高齢の人が「Xperiaくれ!」となるでしょうか。そうです。なりませんよね。

アンドロイドもiPhoneもそうですが、そろそろプロセッサも上限が見え始めているように感じます。
オーバースペックであるという意味です。オクタコア、いらねえだろ!

そして一秒の世界を32秒の映像にできる機能。もはや、車のダッシュボードに取り付けて、ドライブレコーダーとして使用するしかありません。
事故にあっても安心です。1秒の世界が32秒ですから。その瞬間も見逃しません。

個人的にカメラの画素数が上がるのは良いことだと思います。綺麗な写真が撮れることは非常に人間にとって大切です。
PCに移して、加工しようと思っても1920万画素あれば、その辺のヘタな一眼より高精細。

でもどんなに画素数が上がっても、高精細になっても思うのです。
カメラって、肩から抱えてああやるから良いんだよね。

しかし買えば、そのフラグシップであるという所有感をあますことなく実感できるモデルであると思います。
正直、問題なくブラウジングとLINEとメールとYouTubeとサクッとスナップが撮れれば、あとはおまけです。

そろそろデザイン100%の攻撃的なスマホをまたソニーさんから出していただきたいものです。
個人的にはもっと低スペックで良いからデザインと価格の安いスマホを出して欲しいと強く願います。
今のSIMフリースマホとかではありません。正直、世の中のお買い得スマホ、カッコいいですか・・・?

デザイン、という意味で、意外と好きだったのが昔「フリスクサイズのケータイ」というのがありました。
筐体も画面も超ちっちゃいのですけど、猛烈にあれが欲しかった。「2台持ち、いいじゃん!」なんて根拠のない雄叫びをあげていました。
それからリボルバーケータイ。画面がくるっと回転するモデルがありました。当時、発売初日に店頭に並んで買いました(笑)
まだ学生だったので、親を引き連れて。そういえば、あのとき選んだ番号、未だに使っています。

脱線ばかりの記事になってしまいました。
ずっとこんな感じで思ったことを自由に書いていきたいと思います。

まとめ
お金があったら、iPhoneとの2台持ちでドヤ顔専用スマホ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | アイドルの結婚宣言は社会に... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。