ガジェットと時事を勝手に考察するやつ

気になったガジェットと時事ニュースを勝手に考察(あくまで個人の意見)

なんだ、暑いじゃんか、北海道

2017-07-15 22:16:54 | 日記
今回の引用記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00010001-wmap-soci

本日の日本列島の最高気温を記録した地点が北海道にあった、というニュースがありました。
見た瞬間「は?」と首をかしげてしまうほどの減少。みなさんはどうご覧になったでしょうか?

北海道も基本的に夏は30℃を超える日があるとは思います。
しかし、「最高気温」を記録することは今までなかったのではないでしょうか?

本州や九州は暑いから北海道へ旅行に行こう。というのはもうできなくなってしまうのでしょうか?
そういった理由で、北海道へいく人が少なくなるのは、とても悲しいことでもあります。

私は7月になってから、北海道へ旅行に行きました。
そのときの平均気温は21℃くらいであったと思います。
夜の街を暑いていると、ジャケットが必要かと思うくらいで、昼間に長袖で過ごすのはつらいけど
全体的にはとても過ごしやすかった記憶があります。

でも今の気温はどうでしょうか。
私は千葉県民ですが、今年になって33℃くらいが最高気温です。
それでも死にそうです。でも経験したことのないような暑さ、という印象ではありません。

しかし寒さに耐性がない北海道のみなさんはどうでしょうか。
いろいろニュースを見ていくと、学校に水筒の持ち込みを許可しているところもある、という
内容がありましたが「お茶や水だけで、スポーツドリンクは禁止」とされているところもあるようです。

なぜ、スポーツドリンクを持ち込んではいけないのか?不可解です。学校で専用の飲み物を用意しているならいいんですよ。
ポカリの宣伝でもよく言われていますが、汗と一緒に体はミネラルを排出してしまっています。

ミネラルが足りないと、疲れだったり、だるさだったりというのが顕著に現れてしまいます。
そのような状況で、子供が勉強に集中できるか?できるわけない。

だから水筒の中身をスポーツドリンクはダメ、というのは反対です。
むしろ生きるために必要なのですから、禁止する理由にならないのは当然のことですよね。

「北海道の教員も寒さに対する知識はあっても暑さに対する知識は乏しい」とありましたが(この記事ではありませんでしたが)
ウソだろ、と言いたくなるような問題ですね。

世界共通の認識です。暑くて汗かいて、ミネラルが不足すると体が不調をきたしてしまうのは。

一刻も早く、異常気象がどこかへいってしまえば良いのですが、残念。
毎年異常気象です。ここ5〜6年で「異常気象でなかった」年はありました?
毎年クソみたいに暑くて、毎年暑いのがニュースになって。の繰り返しだと思います。

つまり、この先もう異常気象でないことを期待する方がつらい生き方になって行きます。

日本中のみなさん。異常気象は毎年起こります。
毎年豪雨になります。毎年ウソみたいに暑くなります。覚悟してください。
だからマスコミの方もあんまり暑いことをニュースにしない方が良いと思うのです。

北海道の地域が今の時期に37℃を記録したことはニュースでしょう。
しかし他の地域で、今の時期に32〜33℃を超えているのは「普通」です。

熱中症でたくさん患者が運ばれた?
毎年のことです!

もういい加減。新しくやってくる夏ばかりを特別扱いするのはやめましょう。
毎年どうやったって異常なんです。

でもどうですか?
あーやっぱり今年もそうか。と予め準備をしておけば、それが普通になります。
心の準備をしておくことは、夏を美しく乗り切るためにとても大切なことです。

「やばい!明日も暑いんだ!」と慌てなくなります。
「やっぱ明日も暑いんだ」の方が心はラクです。

毎年異常気象でもどうですか?みなさん。
ちゃんと生きてるじゃありませんか。

そうです。夏なんてそれくらいでいいのです。
きっと。

まとめ
ここで一句。
「なつがきた なんにもないのに やつはきた」

ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そういえば、国技だってこと... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。