Fotoapparat 1.1

写真と機材話など。
レンズ沼にはご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現実逃避してもしょうがないので

2011-03-26 19:07:33 | SIGMA 30mm/F1.4

E-P1 + SIGMA 30mm/F1.4

なんか画像処理でぼかしたようになってしまいましたが、レンズのぼけです(汗)
なんか久しぶりに写真を撮った気がします。

地震の詳しい状況が徐々に明らかになり、その情報が精神的なキャパシティーを超えてしまったようで、カメラを持ち出さないというか、仕事以外では外出すら出来ないような精神状態に2週間ほどなっていました。もともと精神的に弱っていた時期だったとはいえ、昔ならば「何かしなきゃ!」といてもたってもいられなくなっていただろうと思うと、少し自分がふがいないです。正直募金程度しか出来そうにないため、3月に買うつもりだったレンズ分程度の募金はしました。そのくらいしか出来ない自分がふがいないですが、やらない善よりやる偽善、です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真どころではないな。。。

2011-03-12 16:31:26 | SIGMA 30mm/F1.4

E-P1 + SIGMA 30mm/F1.4

東北地方太平洋沖地震及び長野県北部での地震に被災された方、その関係者の方々にお見舞い申し上げます。

かくいう自分も長野県南部で地震に遭いました。そしてその後の長野県北部での地震の余波も来ました。精度云々はあれど、緊急地震速報のありがたみをしみじみ実感しました。福岡西方沖地震の時はそんなんなかったですからね。

そんでもって、近くで直下型の地震が起きないとも限らないため、通帳、水、食料、連絡先等をバックパックにつめて直ぐに持ち出せるようにしました。ただし、実用重視なのでカメラもMacも学術書もその中には含まれず。生きのびてなんぼですからね。写真もサイエンスも命あってのものです、はい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感性ってなんだろう?

2011-03-06 20:58:19 | ZD 70-300mm/F4-5.6

E-P1 + Zuiko Digital 70-300 mm/F4-5.6

昨日、歌人の穂村弘さんの『ぼくの宝物絵本』という講演会へ参加しました。中身は穂村さんの好きな絵本についてののお話で、男女比は脅威の3:87!ここまでアウェーな講演会は久しぶりです。まあ、その中で私物の絵本自慢と物欲大王的なお話をする穂村さんもすごかったですけど(笑)ちなみに内容は「自分がどういった絵本に惹かれるか」という内容で、美術論でもなければ社会論でもない、でも知的で楽しいお話でした。穂村さんは画家(デザイナー)でも研究者(専門家)でもないですが、ある種の本質を見ている点に素直に関心しました。あと、買った絵本のお値段を覚えてるところも(笑)

その中の質疑で、「いつから絵本をひねた視点で見るようになったんですか?」という趣旨の質問に対して、「自分ではひねた視点で見てるつもりはなくて、これが自分にとって普通の感覚」という趣旨の答えをされていました。たぶん、実際そうなんでしょうね。感性が鋭い(独創的)というのはすなわち人とは異なる感じ方をしてしまうということですから。要は世間からいうと空気が読めない人。『絵本はかわいく楽しいものだ』、という空気に対して『ある種伝えるべきもの(教訓)から逸脱した表現』に着目してしまうと、絵本が好きな人からいうと空気が読めないことになってしまう。そうなると1)空気を読んで回りに合わせる、2)自分の感性で武装する、というどちらかを選択する必要が出てきます。そんでもって穂村さんは2)を選んでいる、と。そもそも穂村さんは同じ理由で若いころに『短歌』という武器で武装した人らしいですから(妻の受け売り)。そんな生き方が出来るから、歌人なんだろうなと感心しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加