Fotoapparat 1.1

写真と機材話など。
レンズ沼にはご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

RAWとトーンと肌色の話

2010-08-29 21:28:27 | Lumix G 20mm/F1.7

E-P1 + Lumix G 20mm/F1.7

昨日1日がかりで義妹の子供の写真をプリントしていましたが、まだ終わっていません(単に撮りすぎただけ・笑)
でも、正直疲れたし食傷気味です(涙)

でまあ、疲れる原因は子供の写真なので肌色に気を使うからです。
うちで使っているプリンタ(EPSON PX-G5300)は、人肌がきれいに印刷できることを売りにしているだけあって、
肌色の再現性は良いのですが、じゃあきれいな肌色とは何ぞや?というのが問題になります。

まず、基本的にカメラやプリンタの美肌モードでは、肌のトーンをフラットにして色白に見えるように処理されます。
ただ、見方によってはファンデーションを塗りたくったような不自然さが否めません。
個人的にはあまり得意でない肌色です。
次に思いつくのが、逆光で赤みと透明感を強調した肌色ですが、これは撮影時の光に依ります。
でまあ、僕がよくやるのはガンマをいじってややハイキー気味にすることで、赤みが強い肌色にする方法です。
ただ、この肌色は自然な肌色ではないので好みが分かれます。
あと、RAWの時点でいじらないとトーンが簡単に破綻します。
ちなみに写真関係の仕事をしていた妻曰く、この肌色は「肌色が赤すぎる」とクレームがくることがあるんだとか。
肌色、奥が深いです。

そういえば、昔は○○のレンズは暖色系なので肌色がきれいに出る、とか、○○のフィルムは肌色がきれいに出ない、とか
イメージ先行で結構好き勝手なことが言われていましたが、デジタルになってホワイトバランス調整ができるように
なったせいで、そんな話を聞くこともなくなりました。
ある意味大変な時代です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SONYの新α一眼(レフ)に思う

2010-08-24 21:17:31 | Lumix G 20mm/F1.7

E-P1 + Lumix G 20mm/F1.7

固定式ハーフミラーのα55/α33が一眼『レフ』なんでしょうか?

そんな話はおいといて、ハーフミラー機はOlympusから出てくると思っていたので、SONYから先に出てきたので
びっくりしました。
そして、ミラーが固定式なのに再度びっくり。
後玉の後ろに余計な光学系が入るのは気持ち悪いですが、精度的にもコスト的に固定式が有利なのでしょうがないか。

でまあ、この形式は今後5年間の主流になでしょうね。
というのも、今コントラスト検出式と位相差検出方式の違いで問題になっているのは駆動モーターの違いだからです。
具体的には、位相差検出方式では早く動いて、きちんと停まるモーターが向いています。
でまあ、それに向いているのが高速高トルクの超音波モーターなんです。
一方、コントラスト検出式は一定速度でレンズを動かす必要があります。
このため、現状では電磁モーターの方が有利になっています。

実際、パナソニック、オリンパス、サムソン、ソニーのミラーレス用レンズはすべて電磁モーターですからねー。
さらに言うと、パナソニックとオリンパスのハイスピードイメージャーAF対応レンズも電磁モーターです。
オリンパスに至っては一部レンズを超音波モーターにリニューアルしたのに、ハイスピードイメージャーAF対応
のため新型レンズが非超音波モーターになっているくらいです。

この辺、ミラーレス参入を公言しているニコンと、沈黙を守っているキヤノンはどうするんでしょうか。
特に、EOSマウント初期から超音波モーターを使用しているキヤノンの対応が気になります。
ますます今年のフォトキナが楽しみになってきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動画と写真、か。。。

2010-08-21 23:32:10 | Lumix G 20mm/F1.7

Lumix G 20mm/F1.7

甲子園の決勝戦ということで、昼間テレビ(アナログ)で見ていました。
でまあ、興南高校おめでとう、とか一二三投手よくがんばった!、とかそういう感想はおいといて。。。
(いや、もちろん感動しましたよ・汗)

島袋投手がストレートで三振とって、ナインが集まって、人差し指を点に突き出して喜ぶ、というシーンなんですが、
あれを狙いすまして撮影してると思うと、さすがプロだなー、思わずうなるしかないです。
というのも、PENの動画を目の当たりにして、心を改めてまじめに動画を撮影してるんですが、これがまた難しんです。
写真は(いろんなテクニックは横におけば)あくまでも瞬間をとらえる技術ですが、動画は時間軸です。
つまり、写真は瞬間を予測すればいいですが、動画は時間軸で予測が必要となります。
言葉にすればちょっとした違いですが、これが全然違うんです。
という訳で、未だにまともな動画が撮れてない自分、うーん、どうしたもんかなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

E-P1だけ持って。。。

2010-08-18 21:12:13 | Lumix G 20mm/F1.7

E-P1 + Lumix G 20mm/F1.7

お盆らしく里帰りしてきました。
特に深い意味はないですが、今年はE-P1のみ持って帰りました。
GR-D2もE-410もお留守番、ついでにMacBook ProもiBookもお留守番。
ちなみにレンズも20mmと70-300mm(アダプタ付き)なので、振り返ってみればえらく割り切った装備だなー(笑)
じゃあ、写真は撮らなかったかというと、12GBくらい撮ってます。
書きたいことが色々あるので、すこしづつ書いてきましょうかね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

印刷するなら2L、かな

2010-08-11 21:58:04 | Lumix G 20mm/F1.7

E-P1 + Lumix G 20mm/F1.7

お盆の話のネタのため、御柱の写真集を作ってみました。
写真集といっても、2Lで一連の写真を印刷しただけですが(笑)

でまあ、これまで色々なフォーマットを使ってみましたが、最近はもっぱら2Lで印刷しています。
L版は小さいですからねー、写真は大きく伸ばせば伸ばすほどよく見えるのが世の中の理。
とはいえ、A4はハンドリングが難しいですし、いいアルバムも少ないです。
A3に至っては言わずもがな(なんとうちのプリンタはA3が印刷できる!)。
じゃあ六つ切りとか四つ切りはどうかというと、田舎では紙もアルバムも手に入りません(涙)
KGはなかなかいいんですが、それなら大きい2Lがいいじゃん、っと。
問題は印刷後乾かすスペースが足りないことですが(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加