Fotoapparat 1.1

写真と機材話など。
レンズ沼にはご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GR-Dって良いカメラだと再認識した

2011-09-11 21:10:50 | GR Digital II

Ricoh GR-DII

仕事の移動の関係で早朝1時間半くらいあったので、久しぶりにGR-DIIで撮影しました。なんか1年ぶりくらいに使う気がしますが、やっぱり良いカメラだなー。液晶の見え方がいまいちなのと、そもそも135換算28mmという画角が苦手(嫌い)なことを差し引いても、使ってて気持ちのいいカメラです。多分単焦点で写真撮影に特化して且つ小さいからでしょうね。

AモードISO100F4に設定して、右手でぶら下げて歩いて、被写体を見つけたら構えてシャッターを切る。撮影したらまた右手にぶら下げて歩く。とてもリズムが良いです。液晶を見て、ちょっと近かったなと思ったら一歩下がって、遠かったなと思ったら二歩前に出る。すごく単純です。

PENをたすきがけして持ち歩くのも同じだと思っていましたが、久しぶりにGR-Dを使うと別物だと再認識します。惜しむらくは135換算28mmの広角レンズである事。もうすぐGR-DIVが発表される(はず)なので、今回こそフォーサーズ換算25mmバージョン(笑)が出るのを期待しています。。。が出ないんでしょうね(苦笑)
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ようやく発売日決定! | トップ | レトロな風景(?) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。