Fotoapparat 1.1

写真と機材話など。
レンズ沼にはご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デジタルカメラ・オブ・スクラ

2012-10-21 18:05:33 | GR Digital II

GR Digital II + 自作カメラ・オブ・スクラ

デジカメWatchに掲載された上原ゼンジさんの『「デジカメ・オブスクラ」を作ってみよう!』に感動したため、自分も作ってみました。といっても構成は別物です。

まずGR-D2のコンバージョンレンズアダプターに37mmプロテクトフィルター、37→46mmステップアップリング、46mm Skylightをつないで、Skylightのガラスを止めているかに爪の上にぴったりサイズに切ったトレーシングペーパーを置いて、46→49mmステップップリングで挟んで、46→M42リバースアダプター、M42ヘリコイド、マウントアダプターK、凸レンズを付けたKマウントバックキャップ(ガタが有るのでゴムで止める)をつないでます。この中で凸レンズ(100均)とKマウントバックキャップ以外は全て家に有った部品です。。。それもどうかと思うけど(笑)ちなみに部品を一から集める場合はデジスコのアダプターを使用するともう少しシンプルに作れると思います。

GR-D2を使うメリットとして、1.5mmマクロのおかげでスクリーン(今回はトレーシングペーパー)の距離を短く出来、コンパクトなシステムになります。具体的にはスクリーンまでの間にフィルター2~3枚くらいのスペースを開けるだけでOKです。ピント位置はスクリーンに固定ですので、MFで先にピントを固定しておけばカメラ・オブ・スクラ側のピント合わせだけで試用可能なのもポイント高いです。あと、上の写真は凸レンズ1枚+トレーシングペーパーですのでぼやぼや+ざらざらですが、レンズとスクリーンを工夫すればぐっと画質も向上すると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Nikon 1は本当にNo. 1を目指しているのか?

2011-09-21 18:37:29 | GR Digital II

GR Digital II

ようやくと言ってはなんですが、Nikon 1が発表されました。これまでの社長の発言から、もっと突拍子もないカメラが出てくるのかと思っていましたが、出てきたのは堅実なカメラでした。意外というか残念というか(笑)

「ミラーレス市場に参入するのではない」云々はある意味(Nikonにとっては)真実なんだと思います。多分Nikon 1の企画はMFT発表以前だったでしょう。通常の開発でも3~5年スパンで進むわけで、且つ開発期間を十分とっている雰囲気がありますからね。それに、これだけ長期に渡った噂が流れていたわけですから、試作1号機もかなり早い段階で出来ていたはずです。開発者はPENやGF-1を見て悔しい思いをしたでしょうね。それだけに完成度の高いカメラである事を期待します。

でまあ、Nikon 1のトピックスはなんといっても位相差センサーを撮影素子に組み込んだ点です。この方式であればフォーサーズ連合が苦しんだ『位相差AFに最適化された駆動系(モーター)ではコントラスト検出式AFで高速化できない』という問題が起きません。すなわち、FX用NikkorもDX用NikkorもCX用Nikkorも(建前上は)同じフィーリングでAFを使う事が出来ます。うがった見方をすれば、CXは『上位(FX/DX)相関性を持った下位(CX)規格』となります。あと、AF一眼レフの特許群を有効活用できそうですしね(笑)

 とはいえ、1"センサーというのが前述と自己矛盾していて解せない点です。まず、焦点距離が135換算2.7倍というのはFX/DX Nikkorの流用の大きな壁になります。何せ、広角28 mmが73 mmの中望遠に、DXの17-55mm (135換算26-83 mm)が135換算46-149 mmですからねー。実質的に流用できるのはDXの広角レンズと望遠系に限られるのではないでしょうか(同様の問題はDXでもありましたが、今回はより極端)。逆にステップアップ用にNikon 1から入ってFX/DX Nikkorというのもこのセンサーのサイズではちょっと想像し難いです。

 じゃあ逆に本気で新しい規格としてNikon 1をやる気なのかというと、(社長発言とは裏腹に)Nikn Fマウントへの遠慮が伺えます。まず、FX > DX > CXというセンサーサイズは、Nikon Fは上位規格として続けるという明確なメッセージに見えます。加えて、マウントサイズを見ると、FX/DX Nikkorの大口径レンズ群を置き換える気がないように見えます。なにせ、素子の面積が1/4になってもレンズの体積は1/4にならないのはフォーサーズで証明されてしまいましたし(笑)

 つまり、『新しい市場=好調な一眼レフ市場を荒らしたくない』という意図がどうしてもNikon 1に透けて見えてしまいます。なんというか、絵に描いたようなイノベーションのジレンマ、かな。Pentax Qみたいに明後日の方向にかっ飛ばされてもそれはそれでどうかと思うんですが、Nikonのこのラインはちょっと心配です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レトロな風景(?)

2011-09-12 21:46:49 | GR Digital II

GR Digital II

久しぶりにGR Digital IIを使った訳ですが、今月のトラックバックのお題が『レトロ』だったので投稿してみたり。

とはいえ、『レトロ』ってなんなんでしょう?一般的には赤煉瓦であるとかブリキのおもちゃであるとかSLであるとか、そんな明治~昭和なものが該当するんでしょうが、物心ついた頃には平成になっていた僕にはそういう感慨がよくわかりません。ただ、トタンの建物だけは今でも現役なので何となく古くさい感じがして惹かれます。

そう考えると、今の十代が感じる『レトロ』ってなんなんでしょう?フィルムカメラやカセットテープやPC-98なんかは『レトロ』と感じるのかもしれませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GR-Dって良いカメラだと再認識した

2011-09-11 21:10:50 | GR Digital II

Ricoh GR-DII

仕事の移動の関係で早朝1時間半くらいあったので、久しぶりにGR-DIIで撮影しました。なんか1年ぶりくらいに使う気がしますが、やっぱり良いカメラだなー。液晶の見え方がいまいちなのと、そもそも135換算28mmという画角が苦手(嫌い)なことを差し引いても、使ってて気持ちのいいカメラです。多分単焦点で写真撮影に特化して且つ小さいからでしょうね。

AモードISO100F4に設定して、右手でぶら下げて歩いて、被写体を見つけたら構えてシャッターを切る。撮影したらまた右手にぶら下げて歩く。とてもリズムが良いです。液晶を見て、ちょっと近かったなと思ったら一歩下がって、遠かったなと思ったら二歩前に出る。すごく単純です。

PENをたすきがけして持ち歩くのも同じだと思っていましたが、久しぶりにGR-Dを使うと別物だと再認識します。惜しむらくは135換算28mmの広角レンズである事。もうすぐGR-DIVが発表される(はず)なので、今回こそフォーサーズ換算25mmバージョン(笑)が出るのを期待しています。。。が出ないんでしょうね(苦笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GXR + S10か、Lumix G 20mmか、それが問題だ!

2010-05-10 18:38:31 | GR Digital II

GR Digital II

先週は妻への誕生日プレゼントだったE-PL1が初期不良だったもんで散々な1週間でした。
だからという訳ではないですが、下社の建御柱へは行きませんでした。
さすがにあの境内には入れないのわかってますしね。
というわけで、御柱の終了おめでとうございます&事故にあった方にはご冥福お祈りいたします。

でまあ、初期不良交換となったE-PL1がぼちぼち帰ってくる訳ですが、そうなると僕のM.Zuiko Digital 17mm/F2.8が
妻へ貸し出しになるため、今後の装備(購入計画)について悩んでいます。
GXR + S10の場合は、GXRメインで他は特殊レンズ、という運用が基本になります。
この場合はマクロレンズが不要になるので装備の自由度というか遊びの部分がかなり増えます。
それに、本体が若干安くなったし(笑)
ただ、これだと室内撮影が苦手なままなんですよねー、E-410はAF合わないし。

でまあ、Lumix G 20mmの場合は、E-P1メインで室内撮影にも強くなりますが、お遊びレンズを使いづらくなるので
なーんか微妙なんですよね。
M. ZD 17mmも手放す訳ではないので使い分けも微妙ですし。
うーん、どうしたもんかなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加