Fotoapparat 1.1

写真と機材話など。
レンズ沼にはご注意ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワンショットAF+MFモードとの相性

2011-04-03 21:00:47 | SIGMA 30mm/F1.4

E-P1 + SIGMA 30mm/F1.4

FT/MFTシステムにはワンショットAF+MF、すなわちAFを合わせた後にMFリングを回すと、シームレスにMFで調整できる機能があります。そして、MFTではMFリングを回すとAFポイントを自動拡大してくれます。この機能、誤作動でうざい場合もありますが、わざわざメニューをたどる必要がないため、それなりに重宝します。というか、僕はこの機能のおかげでメニューからMFに切り替えることがほとんどありません。

ただ、SIGMA 30mmではAFポイントの自動拡大機能が使えません。すなわち、SIGMA 30mmでMFをする場合は、モニターモード切り替えでエリア拡大モードにして、拡大エリアを選択して拡大してMFする必要があります。これが煩わしいことこの上ありませんし、他のレンズではそんなことしないため、未だに慣れません。なんというか、標準規格なんだから、この辺も統一してほしいよなー。SIGMAのMFTレンズはその辺が改善されていることを願います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現実逃避してもしょうがないので

2011-03-26 19:07:33 | SIGMA 30mm/F1.4

E-P1 + SIGMA 30mm/F1.4

なんか画像処理でぼかしたようになってしまいましたが、レンズのぼけです(汗)
なんか久しぶりに写真を撮った気がします。

地震の詳しい状況が徐々に明らかになり、その情報が精神的なキャパシティーを超えてしまったようで、カメラを持ち出さないというか、仕事以外では外出すら出来ないような精神状態に2週間ほどなっていました。もともと精神的に弱っていた時期だったとはいえ、昔ならば「何かしなきゃ!」といてもたってもいられなくなっていただろうと思うと、少し自分がふがいないです。正直募金程度しか出来そうにないため、3月に買うつもりだったレンズ分程度の募金はしました。そのくらいしか出来ない自分がふがいないですが、やらない善よりやる偽善、です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真どころではないな。。。

2011-03-12 16:31:26 | SIGMA 30mm/F1.4

E-P1 + SIGMA 30mm/F1.4

東北地方太平洋沖地震及び長野県北部での地震に被災された方、その関係者の方々にお見舞い申し上げます。

かくいう自分も長野県南部で地震に遭いました。そしてその後の長野県北部での地震の余波も来ました。精度云々はあれど、緊急地震速報のありがたみをしみじみ実感しました。福岡西方沖地震の時はそんなんなかったですからね。

そんでもって、近くで直下型の地震が起きないとも限らないため、通帳、水、食料、連絡先等をバックパックにつめて直ぐに持ち出せるようにしました。ただし、実用重視なのでカメラもMacも学術書もその中には含まれず。生きのびてなんぼですからね。写真もサイエンスも命あってのものです、はい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

E-620どうするかなー。。。

2011-02-13 20:32:35 | SIGMA 30mm/F1.4

E-P1 + SIGMA 30mm/F1.4

久しぶりにSIGMA 30mm/F1.4をE-P1につけて持ち出してみました。アダプター経由は不格好ですがE-P1との重心バランスは良好、AFは遅いけど正確。なんか憎めない組み合わせです。ただ、やっぱりAFの実力を発揮するのは位相差検出式AFなんですよね(涙)

でまあ、近くの電気屋さんでE-620のレンズキットとダブルレンズキットが放出品になっていました。そろそろ新品が手に入るのは最終チャンスな気がしますが、もうここまでくると中古で良い気もします。それに、フォーサーズは望遠中心で使うので奮発してE-3/E-30の中古という手もあるし。どうするかなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蛍の光は何処へ?

2010-06-28 18:00:23 | SIGMA 30mm/F1.4

E-P1 + SIGMA 30mm/F1.4

土曜日に辰野ほたる祭りに行ってきました。
でまあ、まだ明るいうちに撮影したのが上記の写真です。
そんで待つこと3時間、この構図内には蛍はほとんど飛ばず(涙)
というか、蛍自体ほとんど飛ばず。。。冗談抜きで人の方が多かったです(笑)

とはいえ、「わー、蛍がいっぱい」という声があちこちから聞こえてきたのにびっくりしました。
いやいや、こんなん全然舞ってないから、というかこれなら家の前の方がよっぽど舞ってるから!
高速1000円で来た人も結構いたみたいで、みんな蛍見たことないんですね。。。

ちなみに、3時間待った理由は明るいうちに構図とピントを決めるためです。
暗いとAF効かないし、ファインダやモニタのピント合わせも無理ですので目測に頼るしかありません。
でまあ、事前に構図と目測距離を測っておいた、という訳です。
そこで重要になるのが距離表示なんですが、手持ちのAFレンズで距離表示があるのはSIGMAだけ。
まあSIGMAの30mmだって距離表示が狭すぎて本格的な目測撮影は無理なんですが、あれば不自由
ながらも使いこなせる訳ですから、SIGMAがんばってる!という感じです。
もちろんデジタルですから、レンズ側にこだわることなくコンパクトデジカメみたいに本体側での距離
表示でもいいですので、OlympusやPanasonicにはがんばってほしいところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加