詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ)

写真短歌・写真俳句・写真詩・陶芸手わざ・随筆などの自由なブログです。  

瑠璃茉莉

2017-07-01 | 俳句


           その碧も花の命の瑠璃茉莉

<瑠璃茉莉/るりまつり>

なんと優し気な名前なのだろう
なんと優し気な色なのだろう
こんな涼し気な色の似あう人は
きっと足取りも軽いにちがいない
そばに行くときっといい香りが
するにちがいない
薄花色

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 反抗期/てっぽう百合 | トップ | あじさいの紫 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
<瑠璃茉莉> (流生)
2017-07-01 07:05:59
白桂さま
おはようございます。

<瑠璃茉莉>
るりまつり。。。そう読むのですか。
またまた儚げな色づかいに質素な
佇まいを思わせます。始めてみました
白さま^^
まるで「金子みすず」の世界みたいな。。
優しい言葉の響きですね。すてき。
きれいなお姉さんの後をいく少年君。

素敵な週末をお過ごし下さいませ♪
瑠璃茉莉 (白桂)
2017-07-01 07:34:37
流生さま
おはようございます。
コメントありがとうございます。
いい色でしょう。とあるマンションの垣根に
咲いています。花期が長く秋の終わり頃まで
咲いているんですよ。和色辞典で色目を見たら
「薄花色」昔の人はうまく表現してますね。^^

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。