ヨンデリーヌ・ヨンデルホンのビミョーなる書棚群

加齢なる 読道生活半世紀。 歯磨き、活字は、生活習慣。 

君に太陽を

2017年04月18日 | ものがたり[海外]棚
ジャンディ・ネルソン  集英社文庫

引き続き、昨年読了本…(最早、印象しか残っておらず…)

美人で快活、人気者のジュードと、絵描きを夢見る内気な少年ノアは、双子の姉弟。
13歳の二人にとって、青春はまだやっと始まったばかり、甘酸っぱいような輝く日々…

しかし一転した舞台には、14歳~15歳をとびこえて、16歳になった二人が登場する。
なぜか美術学校に通っているのはジュードの方で、
ノアは絵のことなど忘れたかのように普通の男の子に成長している。
性格まで入れ替わってしまったような二人。
13歳から16歳。
この空白に起きたことは、本当は何だったのか…


敢えてジャンル分けするとすれば、青春小説、今風にはヤングアダルト、というところでしょうか。
各章は、ジュード、又はノアの一人称で、概ね交互に進むのだけど、
ちょいと閉口するほどの、溢れんばかりの饒舌さ…
しかし、それこそがこの作品の「味わい」です。
このオバさんですら、そういえば10代ってヤツは、自意識「超」過剰で、頭ン中は常に言葉が渦巻いていたものよ、と思い出すのです。
饒舌をもって物語を進めることが、この作品には必要なのです。

狂おしいほどの二人の自意識に、青春に、併走するようにページを繰る手も若返ったかのように弾みます。
のみならず、13歳から16歳に起きた「何か」が次第に形を現していく様は、ミステリーにも似て、更にページを繰る手に拍車がかかるのです。

ストーンウォールオナー賞 受賞、
マイケル・L・プリンツ賞 受賞。
ま、どんな賞だか知らないけれど。

ニューヨークタイムズ紙のベストブックにも選出され、ワーナーが映画化権もゲットしているとか。ま、参考まで。


p.s. ノアの心の声にたびたび登場する、脳内画題がイケている。
(題名:双子。懐中電灯と懐中電闇)
(題名:家族の肖像 不時着時の姿勢を取る家族)
(題名:少年の中で息を止める少年) etc.
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 殺人犯はそこにいる | トップ | 殺人者たちの午後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。