ヨンデリーヌ・ヨンデルホンのビミョーなる書棚群

加齢なる 読道生活半世紀。 歯磨き、活字は、生活習慣。 

どうせ死ぬのになぜ生きるのか

2016年10月13日 | 生老病死棚
名越康文  PHP新書

弱弱です。
トラブル継続中。
眠れなかったり。寝ても必ず目が覚めたり。

そんな弱弱状態に、
サブタイトル「晴れやかな日々を送るための仏教心理学講義」
オビ広告「精神科医の結論-答えは仏教の教えにある」
推薦文「こわばった心と身体は、この本に導かれて、揺れてほぐれて自在に生きる」byいとうせいこう
つけこまれるように目に留まる。

晴れやかに、揺れてほぐれて、結論出したい! …んですもの~

「ハウツー本ではありません」と著者曰くのとおり、
利のある結果を企むのではなく、
まずはただただ「やってみましょう」ということです、
「行」なるものを。

「行」の先に何があるのか?

「どうせ死ぬのになぜ生きるのか」の解が、
あるかもしれない。
ないかもしれない。

しや、そもそも、その解が本当に必要なのだろうか。

そういう境地に、
たどり着くかもしれない。
着かないかもしれない。

しかし「行」を、まずは何も考えずに、
まずは、やる。
その先に、「何か」がありそうな手ごたえを、「行」を始める前から予感させてくれる本書です。
実際、「行」といっても、「ああ、そういう類の何かでいいのか」と、目からウロコが落ちるほどにフレキシブル。
自分でも、これならできると思えるほどに幅広い。
というか、自分で「行」と思ってやれば、それが「行」。
コロンブスの卵です。

いくつか決めて、
やり始めて一週間。
心の中で毒づくことがなくなった…

うむ。合掌。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 花火 | トップ | コラージュ川柳 91 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

生老病死棚」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。